Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

汎用インスタンス

汎用インスタンスは、コンピューティング、メモリ、およびネットワーキングリソースをバランスよく備えており、さまざまなワークロードに使用できます。

M5 インスタンス

M5 インスタンスは、Amazon EC2 の汎用インスタンスファミリーの最新世代です。M5 インスタンスは、クラウドインフラストラクチャの実現に最適で、コンピューティング、メモリ、およびネットワーキングリソースをバランスよく備えており、クラウドにデプロイされる広範なアプリケーションに使用されます。M5 インスタンスは、以下の用途に適しています。

  • ウェブサーバーとアプリケーションサーバー

  • 中小規模のデータベース

  • ゲームサーバー

  • キャッシュフリート

  • SAP、Microsoft SharePoint、クラスターコンピューティング、その他のエンタープライズアプリケーションを実行するバックエンドサーバー

注意: M5 インスタンスでは、NVMe および Elastic Network Adapter (ENA) ドライバーをインストールした EBS-backed AMI が必要です。詳細については、『リリースノート』を参照してください。

T3 インスタンス

T3 インスタンスは、ベースラインレベルの CPU パフォーマンスを維持し、ワークロードの必要に応じてより高いレベルまでバーストすることもできます。T3 無制限インスタンスは、必要なときに、任意の期間にわたって高い CPU パフォーマンスを保持できます。詳細については、「バースト可能パフォーマンスインスタンス」を参照してください。T3 インスタンスは、以下の用途に適しています。

  • ウェブサイトとウェブアプリケーション

  • コードリポジトリ

  • 開発、ビルド、テスト、およびステージング環境

  • マイクロサービス

T2 インスタンス

T2 インスタンスは、ベースラインレベルの CPU パフォーマンスを維持し、ワークロードの必要に応じてより高いレベルまでバーストすることもできます。T2 無制限インスタンスは、必要なときに、任意の期間にわたって高い CPU パフォーマンスを保持できます。詳細については、「バースト可能パフォーマンスインスタンス」を参照してください。T2 インスタンスは、以下の用途に適しています。

  • ウェブサイトとウェブアプリケーション

  • コードリポジトリ

  • 開発、ビルド、テスト、およびステージング環境

  • マイクロサービス

ハードウェア仕様

以下に示しているのは、汎用インスタンスのハードウェア仕様の要約です。

インスタンスタイプ デフォルト vCPU メモリ (GiB)
t2.nano 1 0.5
t2.micro 1 1
t2.small 1 2
t2.medium 2 4
t2.large 2 8
t2.xlarge 4 16
t2.2xlarge 8 32
t3.nano 2 0.5
t3.micro 2 1
t3.small 2 2
t3.medium 2 4
t3.large 2 8
t3.xlarge 4 16
t3.2xlarge 8 32
m4.large 2 8
m4.xlarge 4 16
m4.2xlarge 8 32
m4.4xlarge 16 64
m4.10xlarge 40 160
m4.16xlarge 64 256
m5.large 2 8
m5.xlarge 4 16
m5.2xlarge 8 32
m5.4xlarge 16 64
m5.12xlarge 48 192
m5.24xlarge 96 384
m5d.large 2 8
m5d.xlarge 4 16
m5d.2xlarge 8 32
m5d.4xlarge 16 64
m5d.12xlarge 48 192
m5d.24xlarge 96 384

各 Amazon EC2 インスタンスタイプのハードウェア仕様については、「Amazon EC2 インスタンスタイプ」を参照してください。

CPU オプションの指定についての詳細は、「CPU オプションの最適化」を参照してください。

インスタンスのパフォーマンス

EBS 最適化インスタンスは、インスタンスからの Amazon EBS I/O とその他のネットワークトラフィックとの競合を排除することによって、EBS ボリュームの安定した高パフォーマンスを実現できます。M4、M5、M5d インスタンスは、追加料金なしでデフォルトで EBS 最適化されます。詳細については、「Amazon EBS – 最適化インスタンス」を参照してください。

m4.10xlarge および m4.16xlarge インスタンスタイプにより、Linux のプロセッサの C ステートと P ステートを制御できます。m5.12xlargem5.24xlargem5d.12xlarge、および m5d.24xlarge インスタンスタイプにより、プロセッサの C ステートを制御できます。C ステートは非アクティブ時のコアのスリープレベルを制御し、P ステートは希望するコアからのパフォーマンス (CPU 周波数) を制御します。詳細については、「EC2 インスタンスタイプのプロセッサのステート制御」を参照してください。

ネットワークパフォーマンス

サポート対象のインスタンスタイプで、拡張されたネットワーキング機能を有効にすることができます。拡張ネットワーキングでは、パケット毎秒 (PPS) が非常に大きく、ネットワークのストレスが少なく、レイテンシーが低くなります。詳細については、「Linux の拡張ネットワーキング」を参照してください。

拡張されたネットワーキングのための Elastic Network Adapter (ENA) を使用するインスタンスタイプは、高いパケット/秒パフォーマンスと一貫して低いレイテンシーを同時に実現します。ほとんどのアプリケーションでは、高いレベルのネットワークパフォーマンスが一貫して必要なわけではありませんが、データの送受信時にアクセスする帯域幅を増やすことでメリットを得られます。ENA を使用し、最大 10 Gbps のスループットをサポートするインスタンスタイプでは、ネットワーク I/O クレジットメカニズムを使用して、平均帯域幅使用率に基づいてインスタンスにネットワーク帯域幅を割り当てます。これらのインスタンスでは、ネットワークスループットがベースライン制限を下回るとクレジットを獲得し、ネットワークデータ転送を実行するときにこれらのクレジットを使用できます。10 Gbps 以上の帯域幅に継続的にアクセスする必要があるワークロードの場合は、10 Gbps または 25 Gbps のネットワーク速度をサポートするインスタンスタイプを使用することをお勧めします。

以下に示しているのは、拡張ネットワークをサポートする汎用インスタンスのネットワークパフォーマンスの要約です。

インスタンスタイプ ネットワークパフォーマンス 拡張ネットワーキング
t2.nanot2.microt2.smallt2.mediumt2.larget2.xlarget2.2xlarge 最大 1 Gbps
t3.nanot3.microt3.smallt3.mediumt3.larget3.xlarget3.2xlarge 最大 5 Gbps ENA

m4.large

Intel 82599 VF

m4.xlargem4.2xlargem4.4xlarge

Intel 82599 VF

m4.10xlarge

10 Gbps

Intel 82599 VF

m4.16xlarge

25 Gbps

ENA

m5.largem5.xlargem5.2xlargem5.4xlargem5d.largem5d.xlargem5d.2xlargem5d.4xlarge

最大 10 Gbps

ENA

m5.12xlargem5d.12xlarge

10 Gbps

ENA

m5.24xlargem5d.24xlarge

25 Gbps

ENA

インスタンスの機能

以下に示しているのは、汎用インスタンスの機能の要約です。

EBS のみ NVMe EBS インスタンスストア 配置グループ

M4

[Yes (あり)]

[Yes (あり)]

M5

[Yes (あり)]

[Yes (あり)]

[Yes (あり)]

M5d

[Yes (あり)]

NVMe *

[Yes (あり)]

T2

[Yes (あり)]

T3

[Yes (あり)]

[Yes (あり)]

* ルートデバイスボリュームは、Amazon EBS ボリュームにする必要があります。

詳細については、以下を参照してください。

リリースノート

  • インスタンスタイプが M4、M5、M5d、t2.large 以上の場合、および t3.large 以上の場合は、64 ビットの HVM AMIs が必要です。これらのインスタンスはハイメモリであるため、そのキャパシティーを活用するには 64 ビットのオペレーティングシステムが必要です。HVM AMI は、ハイメモリインスタンスタイプの準仮想化 (PV) AMI よりも優れたパフォーマンスを提供します。さらに、拡張ネットワーキングを利用するには、HVM AMI を使用する必要があります。

  • M5、M5d、および T3 インスタンスには、次の要件があります。

    • NVMe ドライバーをインストールする必要があります。EBS ボリュームは NVMe ブロックデバイスとして公開されます。

    • Elastic Network Adapter (ENA) ドライバーをインストールしている必要があります。

    以下の AMI はこれらの要件を満たしています。

    • Amazon Linux 2

    • Amazon Linux AMI 2014.03 以降

    • Ubuntu 14.04 以降

    • SUSE Linux Enterprise Server 12 以降

    • Red Hat Enterprise Linux 7.4 以降

    • CentOS 7 以降

    • FreeBSD 11.1-RELEASE

    • Windows Server 2008 R2 以降

  • M5、M5d、および T3 インスタンスは、最大 27 の EBS ボリュームに加え、Elastic Network Interface のアタッチをサポートしています。たとえば、m5.2xlarge インスタンスは 4 つのネットワークインターフェイスをサポートしています。インスタンスごとに 1 つ以上のネットワークインターフェイスがあります。m5.2xlarge インスタンスに追加の 3 つの Elastic Network Interface のアタッチがある場合、そのインスタンスには 24 の EBS ボリュームをアタッチできます。

  • M5 と M5d インスタンスには、API リクエストによるクリーンシャットダウンをサポートするための acpid がインストールされている必要があります。

  • リージョンで起動できるインスタンスの合計数には制限があります。また、一部のインスタンスタイプにはその他の制限もあります。詳細については、「Amazon EC2 で実行できるインスタンスの数はいくつですか?」を参照してください。制限の引き上げをリクエストするには、「Amazon EC2 インスタンス申請フォーム」を使用します。