CPU オプションを指定するためのルール - Amazon Elastic Compute Cloud

CPU オプションを指定するためのルール

インスタンスで CPU オプションを指定するには、次のルールに注意してください。

  • CPU オプションはインスタンスの起動時のみ指定でき、起動後には変更できません。

  • インスタンスを起動するときに、CPU コア数およびコアごとのスレッドの両方をリクエストで指定する必要があります。リクエスト例については、「インスタンスの CPU オプションの指定」を参照してください。

  • インスタンスの vCPU の数は、コア別のスレッドで乗算した CPU コアの数です。vCPU のカスタム数を指定するには、インスタンスタイプで CPU およびコア別のスレッドの有効な数を指定する必要があります。インスタンスのデフォルト vCPU の数を超えることはできません。詳細については、インスタンスタイプ別の CPU コアごとの CPU コア数とスレッド数 を参照してください。

  • マルチスレッドを無効にするには、コアごとに 1 つのスレッドを指定します。

  • 既存のインスタンスのインスタンスタイプを変更する場合、CPU オプションは自動的に新しいインスタンスタイプのデフォルト CPU オプションに変更されます。

  • 指定された CPU オプションは、インスタンスの停止、開始あるいは再起動後にも保持されます。