リザーブドインスタンス の購入 - Amazon Elastic Compute Cloud

リザーブドインスタンス の購入

リザーブドインスタンス を購入するには、AWS とサードパーティー販売者で リザーブドインスタンス 製品を検索し、希望するものと完全に一致するタイプが見つかるまで検索パラメータを調整します。

購入する リザーブドインスタンス を検索する際、提供タイプの費用の見積もりが表示されます。購入手続きに進むと、AWS は自動的に購入価格に上限価格を指定します。リザーブドインスタンス の合計コストが、指定した金額を超えることはありません。

何らかの理由により料金が上がったり変更された場合、購入は完了しません。購入時に、選択した内容と同じような内容で価格が安い製品があった場合、AWS はその製品をその安い価格で販売します。

購入を承認する前に、購入を検討している リザーブドインスタンス の詳細を点検して、すべてのパラメータが正しいことを確認してください。リザーブドインスタンス を購入した後では (リザーブドインスタンスマーケットプレイス でサードパーティーの販売者から、または AWS のいずれの場合も)、購入をキャンセルすることはできません。

注記

リザーブドインスタンスを購入および変更するには、アベイラビリティーゾーンの表示など、IAM ユーザーアカウントに適切なアクセス許可があることを確認します。詳細については、「AWS CLI または AWS SDK で使用するサンプルポリシー」および「Amazon EC2 コンソールで使用するサンプルポリシー」を参照してください。

プラットフォームの選択

Amazon EC2 は、次の Linux プラットフォームを リザーブドインスタンス でサポートしています。

  • Linux/UNIX

  • Linux with SQL Server Standard

  • Linux with SQL Server Web

  • Linux with SQL Server Enterprise

  • SUSE Linux

  • Red Hat Enterprise Linux

リザーブドインスタンス を購入する際、インスタンスのオペレーティングシステムを表すプラットフォームに対するサービスを選択する必要があります。

  • SUSE Linux および RHEL ディストリビューションでは、これらの特定のプラットフォーム (SUSE Linux または Red Hat Enterprise Linux プラットフォーム) 用のサービスを選択する必要があります。

  • その他のすべての Linux ディストリビューション (Ubuntu を含む) の場合は、Linux/UNIX プラットフォームに対するサービスを選択します。

  • 既存の RHEL サブスクリプションを持ち込む場合は、Red Hat Enterprise Linux プラットフォーム用のサービスではなく、Linux/UNIX プラットフォーム用のサービスを選択する必要があります。

重要

AWS Marketplace AMIから作成されたオンデマンドインスタンスに適用するリザーブドインスタンスを購入する場合は、まず AMI の PlatformDetails フィールドを確認します。PlatformDetails フィールドには、どのリザーブドインスタンスを購入するかが示されます。AMI のプラットフォームの詳細とリザーブドインスタンスのプラットフォームが一致している必要があります。一致していない場合、リザーブドインスタンスはオンデマンドインスタンスに適用されません。AMI のプラットフォームの詳細を表示する方法については、「AMI の請求情報について」を参照してください。

Windows でサポートされているプラットフォームについては、『Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイド』の「プラットフォームの選択」を参照してください。

購入をキューに入れる

デフォルトでは、リザーブドインスタンス を購入すると、すぐに購入が行われます。別の方法として、将来の日時の購入予約をキューに入れることができます。たとえば、既存の リザーブドインスタンス が期限切れになる頃の購入予約をキューに入れることができます。これにより、サービスを切れ目なく利用できます。

リザーブドインスタンス の購入予約をキューに入れる場合、リージョンは指定できますが、ゾーンを指定した リザーブドインスタンス の購入予約や、他の販売者からの リザーブドインスタンス の購入予約を行うことはできません。購入予約は 3 年先までキューに入れることができます。予約した日時に、デフォルトの支払い方法を使用して購入が実行されます。支払いが正常に行われると、支払い特典が適用されます。

キューに入れた購入予約は Amazon EC2 コンソールで確認できます。キューに入れた購入予約のステータスは [queued] になります。キューに入れた購入予約は、予約日の前にいつでもキャンセルできます。詳細については、「キューに入れた購入のキャンセル」を参照してください。

スタンダード リザーブドインスタンス の購入

スタンダード リザーブドインスタンス を特定のアベイラビリティーゾーンで購入し、キャパシティーの予約ができます。または、キャパシティの予約を見送り、リージョンのスタンダード リザーブドインスタンス を購入することもできます。

コンソールを使用してスタンダード リザーブドインスタンス を購入するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [リザーブドインスタンス] を選択し、[リザーブドインスタンス の購入] を選択します。

  3. [提供クラス] で [スタンダード] を選択し、スタンダード リザーブドインスタンス を表示します。

  4. キャパシティーの予約を購入するには、購入画面の右上で [Only show offerings that reserve capacity] を選択します。リージョン リザーブドインスタンス を購入するには、チェックボックスを選択しないままにします。

  5. 必要に応じて他の設定を選択してから、[Search] を選択します。

    リザーブドインスタンスマーケットプレイスからスタンダード リザーブドインスタンス を購入するには、[サードパーティ] を検索結果の [販売者] 列から検出します。[期間] 列には標準以外の期間が表示されます。

  6. 購入する リザーブドインスタンス ごとに、数量を入力して、[カートに入れる] を選択します。

  7. 選択した リザーブドインスタンス の要約を確認するには、[View Cart (カートを見る)] を選択します。

  8. [Order On (注文日)] が [Now] の場合は、購入が即座に実行されます。購入予約をキューに入れるには、[Now] を選択して日付を選択します。カート内の有効なサービスごとに別の日付を選択できます。購入は、選択した日付の 00:00 UTC までキューに入れられます。

  9. 注文を確定するには、[Order (注文)] を選択します。

    注文時に、選択したインスタンスと同等でより安価なインスタンスがある場合、AWS はより安価なインスタンスを販売します。

  10. [閉じる] を選択します。

    注文のステータスは [State] 列に表示されます。注文が確定されると、[State] の値が [payment-pending] から [active] に変わります。リザーブドインスタンス が active の場合、使用準備が完了しています。

注記

ステータスが retired になると、AWS は支払いを受領していない場合があります。

AWS CLI を使用してスタンダード リザーブドインスタンス を購入するには

  1. describe-reserved-instances-offerings コマンドを使用して、利用できる リザーブドインスタンス を見つけます。スタンダード リザーブドインスタンス のみを返すには、standard--offering-class パラメータに指定します。追加のパラメータを適用して、結果を絞り込むことができます。たとえば、Linux/UNIX のデフォルトテナンシーのリージョナル t2.large リザーブドインスタンス を 1 年間の期間だけで購入するには:

    aws ec2 describe-reserved-instances-offerings \ --instance-type t2.large \ --offering-class standard \ --product-description "Linux/UNIX" \ --instance-tenancy default \ --filters Name=duration,Values=31536000 Name=scope,Values=Region

    リザーブドインスタンスマーケットプレイス だけで リザーブドインスタンス を探すには、marketplace フィルタを使用します。期間が 1 年間 – あるいは 3 年間より短い場合があるため、リクエストに期間は指定しません。

    aws ec2 describe-reserved-instances-offerings \ --instance-type t2.large \ --offering-class standard \ --product-description "Linux/UNIX" \ --instance-tenancy default \ --filters Name=marketplace,Values=true

    ニーズに合う リザーブドインスタンス が見つかったら、提供 ID を書き留めます。次に例を示します。

    "ReservedInstancesOfferingId": "bec624df-a8cc-4aad-a72f-4f8abc34caf2"
  2. purchase-reserved-instances-offering コマンドを使用して、リザーブドインスタンス を購入します。前のステップで取得した リザーブドインスタンス 提供 ID を指定し、予約するインスタンスの数を指定する必要があります。

    aws ec2 purchase-reserved-instances-offering \ --reserved-instances-offering-id bec624df-a8cc-4aad-a72f-4f8abc34caf2 \ --instance-count 1

    デフォルトでは、購入は即座に実行されます。別の方法として、購入予約をキューに入れるには、次のパラメータを前の呼び出しに追加します。

    --purchase-time "2020-12-01T00:00:00Z"
  3. describe-reserved-instances コマンドを使用して、リザーブドインスタンス を購入します。

    aws ec2 describe-reserved-instances

または、以下の AWS Tools for Windows PowerShell コマンドを使用します。

購入の完了後、リザーブドインスタンス の仕様と一致するインスタンスをすでに実行している場合は、支払い特典が即座に適用されます。インスタンスを再起動する必要はありません。適切な実行中のインスタンスが存在しない場合、インスタンスを起動して、リザーブドインスタンス に指定した条件と一致していることを確認します。詳細については、「お使いの リザーブドインスタンス の使用」を参照してください。

実行しているインスタンスにどのように リザーブドインスタンス が適用されるかについての例は、「リザーブドインスタンス がどのように適用されるか」を参照します。

コンバーティブルリザーブドインスタンス の購入

コンバーティブルリザーブドインスタンス を特定のアベイラビリティーゾーンで購入し、キャパシティーの予約ができます。または、キャパシティの予約を見送り、リージョン コンバーティブルリザーブドインスタンス を購入することもできます。

コンソールを使用して コンバーティブルリザーブドインスタンス を購入するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [リザーブドインスタンス] を選択し、[リザーブドインスタンス の購入] を選択します。

  3. [提供クラス] で [コンバーティブル] を選択し、コンバーティブルリザーブドインスタンス を表示します。

  4. キャパシティーの予約を購入するには、購入画面の右上で [Only show offerings that reserve capacity] を選択します。リージョン リザーブドインスタンス を購入するには、チェックボックスを選択しないままにします。

  5. 必要に応じて他の設定を選択してから、[Search] を選択します。

  6. 購入する コンバーティブルリザーブドインスタンス ごとに、数量を入力して、[カートに入れる] を選択します。

  7. 選択したリザーブドインスタンスの要約を確認するには、[View Cart (カートを見る)] を選択します。

  8. [Order On (注文日)] が [Now] の場合は、購入が即座に実行されます。購入予約をキューに入れるには、[Now] を選択して日付を選択します。カート内の有効なサービスごとに別の日付を選択できます。購入は、選択した日付の 00:00 UTC までキューに入れられます。

  9. 注文を確定するには、[Order (注文)] を選択します。

    注文時に、選択したインスタンスと同等でより安価なインスタンスがある場合、AWS はより安価なインスタンスを販売します。

  10. [閉じる] を選択します。

    注文のステータスは [State] 列に表示されます。注文が確定されると、[State] の値が [payment-pending] から [active] に変わります。リザーブドインスタンス が active の場合、使用準備が完了しています。

注記

ステータスが retired になると、AWS は支払いを受領していない場合があります。

AWS CLI を使用して コンバーティブルリザーブドインスタンス を購入するには

  1. describe-reserved-instances-offerings コマンドを使用して、利用できる リザーブドインスタンス を見つけます。コンバーティブルリザーブドインスタンス だけを返すには、convertible--offering-class パラメータに指定します。追加のパラメータを適用して結果を絞り込むことができます。たとえば、Linux/UNIX のデフォルトテナンシーのリージョナル t2.large リザーブドインスタンス を購入するには:

    aws ec2 describe-reserved-instances-offerings \ --instance-type t2.large \ --offering-class convertible \ --product-description "Linux/UNIX" \ --instance-tenancy default \ --filters Name=scope,Values=Region

    ニーズに合う リザーブドインスタンス が見つかったら、提供 ID を書き留めます。次に例を示します。

    "ReservedInstancesOfferingId": "bec624df-a8cc-4aad-a72f-4f8abc34caf2"
  2. purchase-reserved-instances-offering コマンドを使用して、リザーブドインスタンス を購入します。前のステップで取得した リザーブドインスタンス 提供 ID を指定し、予約するインスタンスの数を指定する必要があります。

    aws ec2 purchase-reserved-instances-offering \ --reserved-instances-offering-id bec624df-a8cc-4aad-a72f-4f8abc34caf2 \ --instance-count 1

    デフォルトでは、購入は即座に実行されます。別の方法として、購入予約をキューに入れるには、次のパラメータを前の呼び出しに追加します。

    --purchase-time "2020-12-01T00:00:00Z"
  3. describe-reserved-instances コマンドを使用して、リザーブドインスタンス を購入します。

    aws ec2 describe-reserved-instances

または、以下の AWS Tools for Windows PowerShell コマンドを使用します。

リザーブドインスタンス の仕様と一致するインスタンスをすでに実行している場合、料金上の利点は即時適用されます。インスタンスを再起動する必要はありません。適切な実行中のインスタンスが存在しない場合、インスタンスを起動して、リザーブドインスタンス に指定した条件と一致していることを確認します。詳細については、「お使いの リザーブドインスタンス の使用」を参照してください。

実行しているインスタンスにどのように リザーブドインスタンス が適用されるかについての例は、「リザーブドインスタンス がどのように適用されるか」を参照します。

リザーブドインスタンス Marketplace からの購入

不要になった リザーブドインスタンス を販売するサードパーティーの販売者から リザーブドインスタンスマーケットプレイス で リザーブドインスタンス を購入できます。これを行うには、Amazon EC2 コンソールまたはコマンドラインツールを使用します。このプロセスは、AWS から リザーブドインスタンス を購入するプロセスに類似しています。詳細については、「スタンダード リザーブドインスタンス の購入」を参照してください。

リザーブドインスタンスマーケットプレイス で購入した リザーブドインスタンス と AWS から直接購入した リザーブドインスタンス の間にはいくつかの違いがあります。

  • 期間 – サードパーティーの販売者から購入した リザーブドインスタンス は、残り期間が完全な標準期間よりも短くなっています。AWS の完全な標準期間は 1 年または 3 年間です。

  • 前払い料金 – サードパーティーの リザーブドインスタンス は、さまざまな前払い料金で販売できます。使用料金または定期的に支払う料金は、リザーブドインスタンス を最初に AWS から購入したときに設定された料金と同じ金額です。

  • リザーブドインスタンス のタイプ – リザーブドインスタンスマーケットプレイス で購入できるのは、Amazon EC2 スタンダード リザーブドインスタンス のみです。コンバーティブルリザーブドインスタンス、Amazon RDS、および Amazon ElastiCache リザーブドインスタンス は リザーブドインスタンスマーケットプレイス では購入できません。

お客様に関する基本情報 (郵便番号や国情報など) は、販売者と共有されます。

この情報を使用して、販売者は、国に支払う必要な取引税 (売上税や付加価値税など) を計算し、支払いレポートとして提示します。まれに、AWS が販売者に E メールアドレスを提供する必要がある場合があります。これは、販売者が、販売に関する質問があり、それに関して連絡できるようにするためです (たとえば税務上の質問など)。

同様の理由で、AWS は購入者の請求書に販売者の正式名を記載します。税金または関連する理由で販売者の情報が必要な場合は、AWS サポートまでお問い合わせください。

リザーブドインスタンス の表示

Amazon EC2 コンソールあるいはコマンドラインツールを使用して、購入した リザーブドインスタンス を表示できます。

リザーブドインスタンス をコンソールで表示するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Reserved Instances] を選択します。

  3. アクティブおよびリタイアされた リザーブドインスタンス が一覧表示されます。[状態] 列には状態が表示されます。

  4. ユーザーが リザーブドインスタンスマーケットプレイス の販売者の場合、[出品] タブには リザーブドインスタンスマーケットプレイス で一覧表示される予約の状態が表示されます。詳細については、「リザーブドインスタンス の出品状態」を参照してください。

コマンドラインを使用して リザーブドインスタンス を表示するには

キューに入れた購入のキャンセル

購入予約は 3 年先までキューに入れることができます。キューに入れた購入予約は、予約日の前にいつでもキャンセルできます。

キューに入れた購入をキャンセルするには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Reserved Instances] を選択します。

  3. 1 つまたは複数の リザーブドインスタンス を選択します。

  4. [アクション]、[キュー入りリザーブドインスタンスの削除] の順に選択します。

  5. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Yes, Delete] を選択します。

コマンドラインを使用してキューに入れた購入予約をキャンセルするには

リザーブドインスタンス のレビュー

リザーブドインスタンス は有効期限が切れる前に更新できます。リザーブドインスタンス を更新すると、現在の リザーブドインスタンス が期限切れになるまで、同じ設定の リザーブドインスタンス の購入予約がキューに入れられます。

キューに入れた購入予約を使用して リザーブドインスタンス を更新するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Reserved Instances] を選択します。

  3. 1 つまたは複数の リザーブドインスタンス を選択します。

  4. [Actions (アクション)]、[Renew Reserved Instances (リザーブドインスタンスの更新)] の順に選択します。

  5. 注文を確定するには、[Order (注文)] を選択します。