Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Virtual Private Cloud

Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)を使用すると、AWS クラウド内の独自の論理的に分離された領域の仮想ネットワーク(Virtual Private Cloud(VPC)とも呼ばれます)を定義できます。Amazon EC2 のリソース (インスタンスなど) を VPC サブネット内部で起動できます。VPC は、お客様自身のデータセンターで運用されている従来のネットワークによく似ていますが、AWS からスケーラブルなインフラストラクチャを使用できるというメリットがあります。お客様の VPC はお客様が設定できます。IP アドレスレンジの選択、サブネットの作成、ルートテーブル、ネットワークゲートウェイ、セキュリティの設定ができます。VPC のインスタンスをインターネットまたは独自のデータセンターに接続できます。

AWS アカウントを作成すると、各リージョンのデフォルト VPC が作成されます。デフォルトの VPC は、設定済みですぐに使用できる VPC です。デフォルトの VPC にすぐにインスタンスを起動できます。または、必要に応じた独自でデフォルト以外の VPC を作成および設定をすることができます。

2013 年 12 月 4 日以前に AWS アカウントを作成した場合は、リージョンによっては EC2-Classic プラットフォームのサポートがある場合もあります。2013 年 12 月 4 日以降に AWS アカウントを作成した場合は、EC2-Classic をサポートしていないため、VPC でリソースを起動する必要があります。詳細については、「EC2-Classic」を参照してください。

Amazon VPC ドキュメント

Amazon VPC の詳細については、次のドキュメントを参照してください。

ガイド 説明

Amazon VPC ユーザーガイド

Amazon VPC の主要な概念を説明し、その機能を使用するための手順を説明します。

Amazon VPC Peering Guide

VPC ピアリングの主要な概念を説明し、使用するための手順を説明します。

Amazon VPC ネットワーク管理者ガイド

ネットワーク管理者がカスタマーゲートウェイを設定する際に役立ちます。

このページの内容: