Amazon マシンイメージ (AMI) - Amazon Elastic Compute Cloud

Amazon マシンイメージ (AMI)

Amazon マシンイメージ (AMI) には、インスタンスの起動に必要な情報が用意されています。インスタンスを起動するときは、AMI を指定する必要があります。同じ設定で複数のインスタンスが必要な場合は、1 つの AMI から複数のインスタンスを起動できます。さまざまな設定のインスタンスが必要なときは、各インスタンスをそれぞれ異なる AMI から起動できます。

AMI には次が含まれています。

  • 1 つまたは複数の EBS スナップショット、または、instance-store-backed AMI、インスタンスのルートボリュームのテンプレート (オペレーティングシステム、アプリケーションサーバー、アプリケーションなど)

  • 起動許可 (AMI を使用してインスタンスを起動する権限を特定の AWS アカウントに与える)

  • インスタンスの起動時にインスタンスにアタッチするボリュームを指定するブロックデバイスマッピング

独自の AMI の作成

既存の AMI からインスタンスを起動し、インスタンスをカスタマイズして、この更新された設定をカスタム AMI として保存できます。この新しいカスタム AMI から起動されるインスタンスには、AMI の作成時に追加したカスタマイズが含まれます。

詳細については、「カスタム Windows AMI の作成」を参照してください。

AMI には分類や管理のために任意のタグを付けられます。詳細については、「リソースのタグ付け」を参照してください。

AMI の購入、共有、販売

AMI を作成したら、自分だけがそれを使用できるようにプライベートとして保存したり、AWS アカウントの指定リストと共有したりできます。コミュニティで利用できるように、カスタム AMI を公開することもできます。安全で信頼性が高く、便利な AMI を作成して、一般公開する手順はきわめて単純で、いくつかのシンプルなガイドラインにしたがうだけです。共有 AMI の作成および使用方法の詳細については、共有 AMI を参照してください。

Red Hat のような組織のサービス契約に付属する AMI など、サードパーティーから AMI を購入できます。また、AMI を作成し、他の Amazon EC2 ユーザーに販売することもできます。AMI の購入と販売に関する詳細については、有料 AMI を参照してください。

AMI の登録解除

AMI の利用が終わったら、その登録を解除できます。AMI の登録を解除すると、その AMI を使用して新しいインスタンスを起動できなくなります。その AMI から起動された既存のインスタンスは影響を受けません。詳細については、「Windows AMI の登録解除」を参照してください。

AWS Windows AMI

AWS では、一般的に利用可能な一連の AMI が提供されます。これらの AMI には、Windows プラットフォームに固有のソフトウェア構成が含まれます。これらの AMI を使用して、Amazon EC2 を使用したアプリケーションの構築およびデプロイをすばやく開始できます。まずユーザーの要件に適合する AMI を選び、次にその AMI を使ってインスタンスを起動します。管理者アカウントのパスワードを取得し、他の Windows サーバーと同様に、リモートデスクトップ接続を使用してインスタンスにログインします。

一部の Windows AMI には、Microsoft SQL Server のいずれかのエディション (SQL Enterprise Edition、SQL Server Standard、SQL Server Express、または SQL Server Web) も含まれます。Microsoft SQL Server を含む Windows AMI からインスタンスを起動すれば、インスタンスをデータベースサーバーとして稼働させることができます。また、任意の Windows AMI からインスタンスを起動し、インスタンスで必要なデータベースソフトウェアをインストールすることもできます。

Microsoft の Microsoft Windows Server 2003 のサポートは終了しました (「Microsoft Windows Server 2003 のサポート終了」を参照)。Windows サーバーのサポートされているバージョンを使用して、新規の EC2 インスタンスを起動することをお勧めします。サポートされていないバージョンの Windows Server を実行している既存の EC2 インスタンスがある場合は、サポートされているバージョンの Windows Server にこれらのインスタンスをアップグレードすることをお勧めします。詳細については、「より新しいバージョンの Windows に Amazon EC2 Windows Server インスタンスをアップグレードする」を参照してください。

最初の Windows AMI の選択

AWS 提供の Windows AMI を表示するには、Amazon EC2 コンソールまたは AWS Marketplace を使用できます。詳細については、「Windows AMI の検索」を参照してください。

独自の Windows コンピュータから AMI を作成することもできます。詳細については、以下のサービスを参照してください。

AMI を最新の状態に維持

AWS は、Microsoft の火曜パッチ (毎月第 2 火曜日) の 5 営業日以内に、更新されパッチが全面的に適用された Windows AMI を提供します。詳細については、「AWS Windows AMI バージョンの詳細」を参照してください。

AWS Windows AMI には、作成時に入手可能だった最新のセキュリティ更新が含まれています。詳細については、「Windows インスタンスの更新」を参照してください。

仮想化タイプ

AMI では、2 つの仮想化タイプ (準仮想化 (PV) およびハードウェア仮想マシン (HVM) ) のどちらかを使用します。PV AMI と HVM AMI の主な違いは、起動の方法と、パフォーマンス向上のための特別なハードウェア拡張機能を利用できるかどうかという点です。Windows AMI は、HVM AMI です。

HVM AMI は、完全に仮想化された一連のハードウェアを備えており、イメージのルートブロックデバイスのマスターブートレコードを実行することによって起動します。この仮想化タイプでは、ベアメタルハードウェア上でオペレーティングシステムが動作するのと同様に、修正を行わなくても仮想マシン上でオペレーティングシステムを直接実行することができます。Amazon EC2 ホストシステムでは、ゲストに提供されている基盤となるハードウェアの一部またはすべてがエミュレートされます。

HVM のゲストは、ホストシステム上の基盤となるハードウェアへの高速なアクセスを可能にするハードウェア拡張を利用できます。HVM AMI は、拡張ネットワーキングと GPU 処理を利用する場合に必要です。専用のネットワークや GPU デバイスに命令を伝達するには、OS がネイティブハードウェアプラットフォームにアクセスできる必要があります。HVM 仮想化ではこのアクセスが可能です。

従来、準仮想化のゲストはストレージやネットワークの操作については、HVM のゲストよりも高いパフォーマンスを実現していました。これは、準仮想化のゲストでは I/O 用の特別なドライバー (ネットワークとディスクのハードウェアをエミュレートする際のオーバーヘッドが回避されます) を活用することができたためです。これに対して、HVM のゲストでは、エミュレートされたハードウェアに対する命令を変換する必要がありました。PV ドライバーが HVM ゲストで使用できるようになりました。そのため、Windows インスタンスでは、ストレージとネットワーク I/O のパフォーマンス上の利点を利用してパフォーマンスを向上させることができます。このような PV on HVM ドライバーを使用すると、HVM のゲストで、準仮想化のゲストと同じまたはより優れたパフォーマンスを実現することができます。