Amazon Elastic Compute Cloud
Windows インスタンス用ユーザーガイド

VSS アプリケーションコンシステントなスナップショットを作成する

Amazon EC2 インスタンスで Windows にアタッチされたすべての Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームのアプリケーションコンシステントスナップショットを取得するには、AWS Systems Manager Run Command を使用します。スナップショットプロセスでは、Windows Volume Shadow Copy Service (VSS) を使用して、VSS 対応アプリケーションのイメージレベルバックアップを取得します。スナップショットには、これらのアプリケーションとディスクとの間で保留されているトランザクションのデータが含まれます。すべてのアタッチされたボリュームをバックアップする際に、インスタンスをシャットダウンまたは切断する必要はありません。

VSS 対応 EBS スナップショットは追加コストなしで使用できます。バックアッププロセスにより作成される EBS スナップショットの料金のみです。詳細については、「How is my EBS snapshot bill calculated? (EBS スナップショットの利用料金はどのように計算されていますか?)」を参照してください。

仕組み

アプリケーションコンシステントな VSS 対応 EBS スナップショットを取得するには、以下のステップに従います。

  1. Systems Manager の前提条件を満たします。

  2. AWSEC2-CreateVssSnapshot SSM ドキュメントのパラメータを入力し、Run Command を使用してこのドキュメントを実行します。特定のボリューム用の VSS 対応 EBS スナップショットを作成することはできません。ただしバックアッププロセスで、ブートボリュームを除外するパラメータを指定することはできます。

  3. インスタンスの VSS エージェントが、実行中のアプリケーションで進行中のすべての I/O オペレーションを調整します。

  4. システムがすべての I/O バッファをフラッシュし、一時的にすべての I/O オペレーションを一時停止します。一時停止の持続時間は最長でも 10 秒です。

  5. 一時停止中に、インスタンスにアタッチされたすべてのボリュームのスナップショットがシステムによって作成されます。

  6. 一時停止が解除され、I/O がオペレーションを再開します。

  7. システムは、EBS スナップショットのリストに、新規作成されたすべてのスナップショットを追加します。システムは、このプロセスによって正常に作成されたすべての VSS 対応 EBS スナップショットに、AppConsistent:true とタグ付けします。このタグは、このプロセスで作成されたスナップショットを他のプロセスで作成されたものと区別する場合に便利です。システムでエラーが発生した場合、このプロセスによって作成されたスナップショットには、AppConsistent:true タグが含まれません。

  8. スナップショットから復元する必要がある場合は、スナップショットからボリュームを作成する EBS の標準プロセスを使用するか、このセクションで後述するサンプルスクリプトを使用してすべてのボリュームをインスタンスに復元することができます。

このページの内容: