Windows インスタンスへの NVIDIA ドライバーのインストール - Amazon Elastic Compute Cloud

Windows インスタンスへの NVIDIA ドライバーのインストール

GPU がアタッチされたインスタンス (P3 インスタンスや G4 インスタンスなど) には、適切な NVIDIA ドライバーがインストールされている必要があります。インスタンスタイプにより、パブリック NVIDIA ドライバー、または AWS カスタマーのみが使用できる Amazon S3 のドライバーをダウンロードするか、プリインストールされているドライバーで AMI を使用できます。

NVIDIA ドライバーの種類

GPU ベースのインスタンスで使用できる主な種類の NVIDIA ドライバーを次に示します。

Tesla ドライバー

これらのドライバーは主に、機械学習用の並列浮動小数点計算、ハイパフォーマンスコンピューティングアプリケーション用の高速フーリエ変換などの計算タスクに GPU を使用するコンピューティングワークロードを対象としています。

GRID ドライバー

これらのドライバーは、3D モデルや高解像度動画などのコンテンツをレンダリングするプロフェッショナルな視覚化アプリケーションに最適なパフォーマンスを提供することが認定されています。GRID ドライバーを構成すると、2 つのモードをサポートできます。Quadro Virtual Workstation は、GPU あたり 4 台の 4K ディスプレイへのアクセスを提供します。GRID vApps は、RDSH アプリのホスティング機能を提供します。

ゲームドライバー

これらのドライバーはゲーム用に最適化されており、パフォーマンスを向上させるために頻繁に更新されます。これらは GPU あたり単一の 4K ディスプレイをサポートします。

設定モード

Windows では、Tesla ドライバーは Tesla Compute Cluster (TCC) モードで実行するように設定されています。GRID ドライバーとゲームドライバーは、Windows Display Driver Model (WDDM) モードで実行するように設定されています。TCC モードでは、カードはコンピューティングワークロード専用です。WDDM モードでは、カードはコンピューティングワークロードとグラフィックスワークロードの両方をサポートします。

NVIDIA コントロールパネル

NVIDIA コントロールパネルは、GRID およびゲームドライバーでサポートされています。Tesla ドライバーではサポートされていません。

Tesla ドライバーに対してサポートされている API

  • OpenCL

  • NVIDIA CUDA および関連ライブラリ (cuDNN、TensorRT、nvJPEG、cuBLAS など)

  • 動画エンコード用の NVENC と動画デコード用の NVDEC

GRID およびゲームドライバーに対してサポートされている API

  • DirectX、Direct2D、DirectX Video Acceleration、DirectX Raytracing

  • OpenCL、OpenGL、Vulkan

  • NVIDIA CUDA および関連ライブラリ (cuDNN、TensorRT、nvJPEG、cuBLAS など)

  • 動画エンコード用の NVENC と動画デコード用の NVDEC

インスタンスタイプ別の使用可能なドライバー

次の表は、GPU インスタンスタイプごとにサポートされている NVIDIA ドライバーをまとめたものです。

インスタンスタイプ Tesla ドライバー GRID ドライバー ゲームドライバー
G2 はい いいえ いいえ
G3 あり はい いいえ
G4 はい はい あり
P2 はい いいえ いいえ
P3 はい はい † いいえ

† Marketplace AMI のみを使用

インストールオプション

次のいずれかのオプションを使用して、GPU インスタンスに必要な NVIDIA ドライバーを取得します。

オプション 1: NVIDIA ドライバーがインストールされた AMI

AWS と NVIDIA では、NVIDIA ドライバーがインストールされた、それぞれ異なる Amazon マシンイメージ (AMI) を提供しています。

オプション 2: NVIDIA Tesla パブリックドライバー

NVIDIA ドライバーをダウンロードするには

Windows インスタンスにログオンし、http://www.nvidia.com/Download/Find.aspx から、使用するインスタンスタイプに適した 64 ビット NVIDIA ドライバーをダウンロードします。

インスタンス 製品シリーズ 製品
G2 K シリーズ K520
G3 M-Class M60
G4 † T シリーズ T4
P2 K シリーズ K80
P3 V シリーズ V100

† G4 インスタンスは、ドライバーバージョン 426.00 以降が必要です。

Windows で NVIDIA ドライバーをインストールするには

  1. ドライバーをダウンロードしたフォルダを開き、インストールファイルを起動します。ドライバーをインストールする手順にしたがい、必要に応じてインスタンスを再起動します。

  2. デバイスマネージャーを使用して組み込まれているディスプレイアダプタを無効にします。Windows の機能である、Media Foundation および Quality Windows Audio Video Experience をインストールします。

  3. デバイスマネージャーで、GPU が正しく動作していることを確認します。

  4. GPU の最善のパフォーマンスを実現するには、「GPU 設定の最適化」の最適化ステップを完了します。

オプション 3: GRID ドライバー (G3 および G4 インスタンス)

これらのダウンロードは、AWS カスタマーのみが利用できます。ダウンロードすることで、ダウンロードしたソフトウェアは、NVIDIA Tesla T4 または NVIDIA Tesla M60 ハードウェアで、AMI の開発目的のみに使用することに同意したことになります。このソフトウェアをインストールすることは、NVIDIA GRID Cloud End User License Agreement の規約の遵守に同意したものと見なされます。

前提条件

Windows インスタンスで AWS Tools for Windows PowerShell のデフォルトの認証情報を設定します。詳細については、AWS Tools for Windows PowerShell ユーザーガイドの「AWS Tools for Windows PowerShell の開始方法」を参照してください。

Windows インスタンスに NVIDIA GRID ドライバーをインストールするには

  1. Windows インスタンスに接続し、PowerShell ウィンドウを開きます。

  2. 次の PowerShell コマンドを使用して、ドライバーと NVIDIA GRID Cloud End User License Agreement を Amazon S3 からデスクトップにダウンロードします。IAM ユーザーの場合は、Amazon S3 アクションへの読み取り専用アクセスが必要です。

    G3 インスタンス用:

    $KeyPrefix = "latest"

    G4 インスタンス用:

    $KeyPrefix = "g4/latest"

    G3 および G4 インスタンス用:

    $Bucket = "ec2-windows-nvidia-drivers" $LocalPath = "$home\Desktop\NVIDIA" $Objects = Get-S3Object -BucketName $Bucket -KeyPrefix $KeyPrefix -Region us-east-1 foreach ($Object in $Objects) { $LocalFileName = $Object.Key if ($LocalFileName -ne '' -and $Object.Size -ne 0) { $LocalFilePath = Join-Path $LocalPath $LocalFileName Copy-S3Object -BucketName $Bucket -Key $Object.Key -LocalFile $LocalFilePath -Region us-east-1 } }

    NVIDIA GRID ドライバの複数のバージョンがこのバケットに保存されます。-KeyPrefix $KeyPrefix オプションを削除すると、使用可能なすべてのバージョンをバケットにダウンロードできます。

  3. デスクトップに移動し、インストールファイルをダブルクリックして起動します (インスタンスの OS バージョンに該当するドライバーバージョンを選択してください)。ドライバーをインストールする手順にしたがい、必要に応じてインスタンスを再起動します。GPU が正しく動作していることを確認するには、デバイスマネージャーをチェックします。

  4. (オプション) 次のコマンドを使用してコントロールパネルでライセンスページを無効化し、ユーザーが誤ってプロダクトキーを変更することを回避します (NVIDIA GRID 仮想ワークステーションはデフォルトで有効になっています)。詳細については、GRID Licensing User Guide を参照してください。

    New-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\NVIDIA Corporation\Global\GridLicensing" -Name "NvCplDisableManageLicensePage" -PropertyType "DWord" -Value "1"
  5. (オプション) 最大 4K 解像度の 4 台のディスプレイを活用するには、高性能ディスプレイプロトコル、NICE DCV を設定します。

  6. (オプション) NVIDIA Quadro 仮想ワークステーションモードはデフォルトで有効になっています。RDSH アプリケーションホスティング機能用に GRID 仮想アプリケーションをアクティブ化するには、「NVIDIA GRID 仮想アプリケーションの有効化」の GRID 仮想アプリケーションのアクティブ化手順を完了します。

オプション 4: NVIDIA ゲームドライバー (G4 インスタンス)

これらのドライバーは、AWS カスタマーのみが利用できます。これらをダウンロードすることで、ダウンロードしたソフトウェアは、NVIDIA Tesla T4 ハードウェアで、AMI の開発目的のみに使用することに同意したことになります。このソフトウェアをインストールすることは、NVIDIA GRID Cloud End User License Agreement の規約の遵守に同意したものと見なされます。

前提条件

Windows インスタンスで AWS Tools for Windows PowerShell のデフォルトの認証情報を設定します。詳細については、AWS Tools for Windows PowerShell ユーザーガイドの「AWS Tools for Windows PowerShell の開始方法」を参照してください。

Windows インスタンスに NVIDIA ゲームドライバーをインストールするには

  1. Windows インスタンスに接続し、PowerShell ウィンドウを開きます。

  2. 次の PowerShell コマンドを使用して、ゲームドライバーをダウンロードしてインストールします。IAM ユーザーの場合は、Amazon S3 アクションへの読み取り専用アクセスが必要です。

    $Bucket = "nvidia-gaming" $KeyPrefix = "windows/latest" $LocalPath = "$home\Desktop\NVIDIA" $Objects = Get-S3Object -BucketName $Bucket -KeyPrefix $KeyPrefix -Region us-east-1 foreach ($Object in $Objects) { $LocalFileName = $Object.Key if ($LocalFileName -ne '' -and $Object.Size -ne 0) { $LocalFilePath = Join-Path $LocalPath $LocalFileName Copy-S3Object -BucketName $Bucket -Key $Object.Key -LocalFile $LocalFilePath -Region us-east-1 } }

    NVIDIA GRID ドライバーの複数のバージョンがこの S3 バケットに保存されます。-KeyPrefix $KeyPrefix オプションを削除すると、使用可能なすべてのバージョンをバケットにダウンロードできます。

  3. デスクトップに移動し、インストールファイルをダブルクリックして起動します (インスタンスの OS バージョンに該当するドライバーバージョンを選択してください)。ドライバーをインストールする手順にしたがい、必要に応じてインスタンスを再起動します。GPU が正しく動作していることを確認するには、デバイスマネージャーをチェックします。

  4. 次のコマンドを使用して必要な設定ファイルを作成します。

    New-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\NVIDIA Corporation\Global" -Name "vGamingMarketplace" -PropertyType "DWord" -Value "2"
  5. 認証ファイルをダウンロードし、ファイル名を GridSwCert.txt に変更して、このファイルをシステムドライブのパブリックドキュメントフォルダに移動します。通常、フォルダのパスは C:\Users\Public\Public Documents (Windows Explorer の場合) または C:\Users\Public\Documents (コマンドプロンプトウィンドウの場合) です。

    • バージョン 445.87 以降:

      Invoke-WebRequest -Uri "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Windows_2020_04.cert" -OutFile "$Env:PUBLIC\Documents\GridSwCert.txt"
    • それより前のバージョン:

      Invoke-WebRequest -Uri "https://nvidia-gaming.s3.amazonaws.com/GridSwCert-Archive/GridSwCert-Windows_2019_09.cert" -OutFile "$Env:PUBLIC\Documents\GridSwCert.txt"
  6. インスタンスを再起動します。

  7. 次のコマンドを使用して、NVIDIA のゲーミングライセンスを検証します。

    "C:\Program Files\NVIDIA Corporation\NVSMI\nvidia-smi.exe" -q

    出力は次の例のようになります.

    GRID Licensed Product Product Name : GRID vGaming License Status : Licensed
  8. (オプション) 最大 4K 解像度の 1 台のディスプレイを活用するには、高性能ディスプレイプロトコル、NICE DCV を設定します。