Amazon Elastic Compute Cloud
Windows インスタンス用ユーザーガイド

ボリュームサイズ変更後の Windows ファイルシステムの拡張

EBS ボリュームのサイズを拡張したら、Windows ディスクの管理ユーティリティを使用して、ディスクサイズをボリュームの新しいサイズに拡大できます。ボリュームが optimizing 状態になり次第、ファイルシステムのサイズ変更を開始できます。

Linux でのファイルシステムの拡張の詳細については、『Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド』の「ボリュームサイズ変更後の Linux ファイルシステムの拡張」を参照してください。

Windows ファイルシステムを拡張するには

  1. 重要なデータを含むファイルシステムを拡張する前に、変更をロールバックする必要がある場合に備えて、ファイルシステムを含むボリュームのスナップショットを作成するのがベストプラクティスです。詳細については、「Amazon EBS スナップショットの作成」を参照してください。

  2. リモートデスクトップを使用して Windows インスタンスにログインします。

  3. [実行] ダイアログボックスに「diskmgmt.msc」と入力し、Enter キーを押します。ディスクの管理ユーティリティが表示されます。

    
            Windows Server ディスクの管理ユーティリティ
  4. [ディスクの管理] メニューで、[操作]、[ディスクの再スキャン] の順に選択します。

  5. 拡張したドライブのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Extend Volume (ボリュームの拡張)] を選択します。

    
            Windows Server ディスクの管理ユーティリティ
  6. [Extend Volume (ボリュームの拡張)] ウィザードで、[Next (次へ)] を選択します。[Select the amount of space in MB] で、ボリュームを拡張するメガバイト数を入力します。通常は、使用可能な最大領域を指定します。[Selected] のハイライト表示されたテキストは、ボリュームの最終的なサイズではなく、追加分の容量を表します。ウィザードを終了します。

    
            Windows Server ボリュームの拡張ウィザード
  7. AWS NVMe ドライバーがないインスタンスで NVMe ボリュームのサイズを増加する場合、インスタンスを再起動して Windows を有効化し、新規のボリュームサイズを表示する必要があります。AWS NVMe ドライバのインストールの詳細については、「Windows インスタンス用 AWS NVMe ドライバー」を参照してください。