Amazon Simple Queue Service
開発者ガイド

Amazon SQS メトリクスの CloudWatch アラームの作成

CloudWatch ではメトリクスのしきい値に基づいてアラームをトリガーすることができます。たとえば、NumberOfMessagesSent メトリクスのアラームを作成できます。たとえば、1 時間以内に 100 件以上のメッセージが MyQueue キューに送信された場合、E メール通知が送信されます。詳細については、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』の「Amazon CloudWatch アラームの作成」を参照してください。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、 https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. [Alarms]、[Create Alarm] の順に選択します。

  3. [アラームの作成] ダイアログボックスの [メトリクスの選択] セクションで、[メトリクスの参照]、[SQS] を選択します。

  4. [SQS > Queue Metrics] で、アラームを設定する [QueueName] および [メトリクス名] を選択して、[次へ] を選択します。使用可能なメトリクスのリストについては、使用可能な Amazon SQS の CloudWatch メトリクス を参照してください。

    次の例では、NumberOfMessagesSent キューの MyQueue メトリクスのアラームが選択されています。アラームがトリガーされます。

  5. [アラームの作成] ダイアログボックスの、[アラームの定義] セクションで、次の操作を行います。

    1. [アラームのしきい値] で、アラームの [名前] と [説明] を入力します。

    2. [is] を [> 100] に設定します。

    3. [for] を [1 out of 1 datapoints (1 つのデータポイントにつき 1 つ)] に設定します。

    4. [アラームのプレビュー] で、[間隔] を [1 時間] に設定します。

    5. [統計] を [スタンダード]、[合計] に設定します。

    6. [アクション] の [アラームが次の時] に、[状態: 警告] を設定します。

      アラームがトリガーされたときに CloudWatch が通知を送信する場合は、既存の Amazon SNS トピックを選択するか、[新しいリスト] を選択して、E メールアドレスをカンマで区切って入力します。

      注記

      新しい Amazon SNS トピックを作成する場合、E メールアドレスを検証しなければ、そのアドレスで通知を受け取ることができません。E メールアドレスが検証される前にアラーム状態が変更されると、通知は配信されません。

  6. [Create Alarm] を選択します。

    アラームが作成されます。