ドキュメント履歴 - Amazon Simple Queue Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ドキュメント履歴

次の表は、2019 年 1 月以降の Amazon Simple Queue Service 開発者ガイド の重要な変更点をまとめたものです。このドキュメントの更新に関する通知については、RSS フィードにサブスクライブしてください。

変更 Description 日付

FIFO キュー内のメッセージの高スループットがプレビューリリースで利用可能

FIFO キューの高スループットはプレビューリリースであり、変更される可能性があります。Amazon SQSこの機能は、FIFO キュー内のメッセージに対して 1 秒あたりのトランザクション (TPS) の数が多くなります。スループットクォータの詳細については、「メッセージに関連するクォータ」を参照してください。

December 17, 2020

新しい Amazon SQS コンソールの設計

開発と本番稼働のワークフローを簡素化するために、Amazon SQS コンソールには新しいユーザーエクスペリエンスが用意されています。

July 8, 2020

Amazon SQS が listQueues と のページ分割をサポート listDeadLetterSourceQueues

listQueues または リクエストから返される結果の最大数を指定できます。listDeadLetterSourceQueues

June 22, 2020

Amazon SQS は、AWS Amazon CloudWatch (米国) リージョンを除くすべての AWS リージョンで 1 分間の GovCloud メトリクスをサポートしています。

の 1 分間の CloudWatch メトリクスは、Amazon SQS リージョンを除くすべてのリージョンで使用できます。AWS GovCloud (US)

January 9, 2020

Amazon SQS は 1 分間の CloudWatch メトリクスをサポート

現在、Amazon SQS の 1 分間の CloudWatch メトリクスは、次のリージョンでのみ利用可能です。米国東部 (オハイオ)、欧州 (アイルランド)、欧州 (ストックホルム)、および アジアパシフィック (東京)。

November 25, 2019

AWS Lambda FIFO キューの Amazon SQS トリガーが利用可能

関数トリガーとして FIFO キューへの着信メッセージを設定できます。Lambda

November 25, 2019

Amazon SQS のサーバー側の暗号化 (SSE) が 中国リージョン で利用可能

の SSE は、Amazon SQS で利用できます。中国リージョン

November 13, 2019

FIFO キューは利用可能な 中東 (バーレーン) リージョン内

FIFO キューは利用可能な 中東 (バーレーン) リージョン内 です。

October 10, 2019

の Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) エンドポイントが Amazon SQS および AWS GovCloud (米国東部) リージョンで利用可能AWS GovCloud (US-West)

AWS GovCloud (米国東部) および AWS GovCloud (US-West) リージョンの Amazon VPC から Amazon SQS キューにメッセージを送信できます。

September 5, 2019

Amazon SQS で、AWS X-Ray とメッセージシステム属性を使用したキューのトラブルシューティングが可能に

X-Ray を使用して、Amazon SQS キューを通過するメッセージのトラブルシューティングを行うことができます。このリリースでは、MessageSystemAttribute リクエストパラメータ (X-Ray を通じて Amazon SQS トレースヘッダーを送信可能) が SendMessage および SendMessageBatch API オペレーションに、AWSTraceHeader 属性が ReceiveMessage API オペレーションに、MessageSystemAttributeValue データ型に追加されます。

August 28, 2019

作成時に Amazon SQS キューへのタグを付けが可能に

単一の Amazon SQS API コール、AWS SDK 関数、または AWS Command Line Interface (AWS CLI) コマンドを使用して、同時にキューを作成し、そのタグを指定できます。さらに、Amazon SQS は、aws:TagKeys および aws:RequestTag AWS Identity and Access Management (IAM) キーをサポートします。

August 22, 2019

Amazon SQS の一時キュークライアントが利用可能に

一時キューを使用すると、request-response などの一般的なメッセージパターンを使用する際の開発時間とデプロイコストを抑えることができます。Temporary Queue Client (一時的なキュークライアント) を使用して、高スループットで費用対効果の高いアプリケーション管理の一時キューを作成できます。

July 25, 2019

の SSE が Amazon SQS リージョンで利用可能にAWS GovCloud (米国東部)

Amazon SQS の サーバー側の暗号化 (SSE) が AWS GovCloud (米国東部) リージョンで利用できるようになりました。

June 20, 2019

FIFO キューは利用可能な アジアパシフィック (香港)、中国 (北京)、AWS GovCloud (米国東部) および AWS GovCloud (US-West) の各リージョン

FIFO キューは利用可能な アジアパシフィック (香港)、中国 (北京)、AWS GovCloud (米国東部) および AWS GovCloud (US-West) の各リージョン です。

May 15, 2019

Amazon VPC エンドポイントポリシーが で利用可能に Amazon SQS

Amazon SQS の Amazon VPC エンドポイントポリシーを作成できます。

April 4, 2019

FIFO キューは利用可能な 欧州 (ストックホルム) と 中国 (寧夏) の各リージョン

FIFO キューは利用可能な 欧州 (ストックホルム) と 中国 (寧夏) の各リージョン です。

March 14, 2019

FIFO キューは、Amazon SQS が利用可能なすべてのリージョンで利用可能

FIFO キューは利用可能な 米国東部 (オハイオ)、米国東部(バージニア北部)、米国西部 (北カリフォルニア)、米国西部 (オレゴン)、アジアパシフィック (ムンバイ)、アジアパシフィック (ソウル)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (シドニー)、アジアパシフィック (東京)、カナダ (中部)、欧州 (フランクフルト)、欧州 (アイルランド)、欧州 (ロンドン)、欧州 (パリ)、および 南米 (サンパウロ) の各リージョン

February 7, 2019