Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

ディストリビューションの更新

CloudFront コンソールでは、AWS アカウントに関連付けられている CloudFront ディストリビューションを確認したり、ディストリビューションの設定を表示したり、ほとんどの設定を更新したりできます。設定に変更を加えても、ディストリビューションが AWS エッジロケーションに伝達されるまで有効にならないことに注意してください。

CloudFront ディストリビューションを更新するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/cloudfront/ にある、CloudFront コンソールを開きます。

  2. ディストリビューションの ID を選択します。リストには、CloudFront コンソールへのサインインに使用した AWS アカウントに関連付けられているすべてのディストリビューションが含まれています。

  3. ディストリビューションの設定を編集するには、[Distribution Settings (ディストリビューションの設定)] タブを選択します。

  4. 更新を行うには、以下のいずれかを実行します。

    1. 全般設定を更新するには、[Edit (編集)] を選択します。それ以外の場合は、更新する設定のタブ ([Origins (オリジン)] または [Behaviors (動作)]) を選択します。

    2. RTMP ディストリビューションの設定の場合は、[Edit (編集)] を選択してから値を更新します。

      各フィールドの詳細については、「RTMP ディストリビューションを作成または更新する場合に指定する値」を参照してください。

  5. 更新してから変更内容を保存するには、[Yes, Edit (はい、編集します)] を選択します。フィールドの詳細については、以下の各トピックを参照してください。

  6. ディストリビューションのオリジンを削除する場合は、次の操作を行います。

    1. [Behaviors (動作)] を選択し、そのオリジンに関連付けられているデフォルトのキャッシュ動作が別のオリジンに移動済みであることを確認します。

    2. [Origins (オリジン)] で、オリジンを選択します。

    3. [Delete] を選択します。

CloudFront API を使用してディストリビューションを更新することもできます。

  • ディストリビューションを更新するには、Amazon CloudFront API リファレンス の「UpdateDistribution」を参照してください。

重要

ディストリビューションを更新する際は、ディストリビューションの作成時には必要でないいくつかの追加フィールドが必須であることに注意してください。ディストリビューションを作成または更新するときの必須フィールドの概要については、「CreateDistribution および UpdateDistribution での必須フィールド」を参照してください。CloudFront API を使用してディストリビューションを更新する場合に必須フィールドがすべて含まれるようにするために、Amazon CloudFront API リファレンス の「UpdateDistribution」で説明されているステップに従ってください。

ディストリビューション構成に対する変更を保存すると、CloudFront はその変更をすべてのエッジロケーションに伝達し始めます。エッジロケーションで構成が更新されるまで、CloudFront は以前の構成に基づいて、そのエッジロケーションからコンテンツを引き続き供給します。エッジロケーションで構成が更新されると、CloudFront は新しい構成に基づいて、そのエッジロケーションからコンテンツを直ちに供給し始めます。

変更は、すべてのエッジロケーションにすぐに伝達されるわけではありません。伝達が完了すると、ディストリビューションのステータスが [InProgress (進行中)] から [Deployed (デプロイ済み)] に変わります。CloudFront が変更を伝達している間、特定のエッジロケーションでコンテンツが以前の構成または新しい構成のどちらに基づいて供給されるかを判別することはできません。