キャッシュキーの管理 - Amazon CloudFront

キャッシュキーの管理

Amazon CloudFront を使用すると、CloudFront エッジロケーションでキャッシュされるオブジェクトのキャッシュキーを制御できます。キャッシュキーは、キャッシュ内のすべてのオブジェクトの一意の識別子であり、ビューワーリクエストによってキャッシュヒットが発生するかどうかを決定します。キャッシュヒットは、ビューワーリクエストが以前のリクエストと同じキャッシュキーを生成し、そのキャッシュキーのオブジェクトがエッジロケーションのキャッシュにあり、有効な場合に発生します。キャッシュヒットが発生すると、オブジェクトが CloudFront エッジロケーションからビューワーに提供されます。これには以下のような利点があります。

  • オリジンサーバーの負荷を軽減

  • ビューワーのレイテンシーを低減

キャッシュヒット率が高い場合 (キャッシュヒットにつながるビューワーリクエストの割合が高い)、ウェブサイトやアプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。キャッシュヒット率を改善する 1 つの方法は、キャッシュキーに必要な最小値のみを含めることです。詳細については、「キャッシュキーについて」を参照してください。

キャッシュキーを管理するには、CloudFront キャッシュポリシーを使用します。キャッシュポリシーは、CloudFront ディストリビューションの 1 つ以上のキャッシュ動作にアタッチします。

キャッシュポリシーについて

キャッシュポリシーを使用して、キャッシュキーに含まれる値 (URL クエリ文字列、HTTP ヘッダー、Cookie) を管理することで、キャッシュヒット率を改善できます。CloudFront には、一般的なユースケース用に管理ポリシーと呼ばれる事前定義されたオリジンリクエストポリシーがいくつか用意されています。これらの管理ポリシーを使用することも、ユーザーのニーズに固有の独自のキャッシュポリシーを作成することもできます。管理ポリシーの詳細については、「管理キャッシュポリシーの使用」を参照してください。

キャッシュポリシーには以下の設定が含まれます。設定は、ポリシー情報Time to live (TTL) 設定、およびキャッシュキー設定に分類されます。

ポリシー情報

名前

キャッシュポリシーを特定する名前。コンソールでは、名前を使用して、キャッシュポリシーをキャッシュ動作にアタッチします。

コメント

キャッシュポリシーを説明するコメント。これはオプションですが、キャッシュポリシーの目的を特定するのに役立ちます。

Time to live (TTL) 設定

Time to live (TTL) 設定は、Cache-Control および Expires HTTP ヘッダー (オリジンレスポンスにある場合) と連動して、CloudFront キャッシュ内のオブジェクトが有効な期間を決定します。

最小 TTL

CloudFront がオリジンをチェックしてオブジェクトが更新されているかどうかを確認するまでに、オブジェクトが CloudFront キャッシュに保持される最小期間 (秒単位)。詳細については、「コンテンツがキャッシュに保持される期間 (有効期限) の管理」を参照してください。

最大 TTL

CloudFront がオリジンをチェックしてオブジェクトが更新されているかどうかを確認するまでに、オブジェクトが CloudFront キャッシュに保持される最大期間 (秒単位)。CloudFront は、オリジンがオブジェクトと共に Cache-Control または Expires ヘッダーを送信する場合のみ、この設定を使用します。詳細については、「コンテンツがキャッシュに保持される期間 (有効期限) の管理」を参照してください。

デフォルト TTL

CloudFront がオリジンをチェックしてオブジェクトが更新されているかどうかを確認するまでに、オブジェクトを CloudFront キャッシュに保持するデフォルトの時間 (秒単位)。CloudFront は、オリジンがオブジェクトと共に Cache-Control または Expires ヘッダーを送信しない場合にのみ、この設定の値をオブジェクトの TTL として使用します。詳細については、「コンテンツがキャッシュに保持される期間 (有効期限) の管理」を参照してください。

キャッシュキー設定

キャッシュキーの設定では、CloudFront によりキャッシュキーに含まれるビューワーリクエストの値を指定します。値には、URL クエリ文字列、HTTP ヘッダー、および Cookie を含めることができます。キャッシュキーに含める値は、CloudFront がオリジンに送信するリクエスト (オリジンリクエストと呼ばれる) に自動的に含まれます。キャッシュキーに影響を与えずにオリジンリクエストを管理する方法については、「オリジンリクエストの制御」を参照してください。

キャッシュキーには次のような設定があります。

クエリ文字列

CloudFront によりキャッシュキーおよびオリジンリクエストに含まれる、ビューワーリクエストの URL クエリ文字列。クエリ文字列には、以下のいずれかの設定を選択できます。

  • [None (なし)] - ビューワーリクエストのクエリ文字列はキャッシュキーに含まれず、オリジンリクエストに自動的に含まれません

  • [All (すべて)] - ビューワーリクエストのすべてのクエリ文字列は、キャッシュキーに含まれ、オリジンリクエストにも自動的に含まれます。

  • [Whitelist (ホワイトリスト)] - ビューワーリクエストのどのクエリ文字列をキャッシュキーに含め、オリジンリクエストに自動的に含めるかを指定します。

  • [All-Except (次を除くすべて)] - ビューワーリクエストのどのクエリ文字列がキャッシュキーに含まれず、オリジンリクエストに自動的に含まれないかを指定します。指定したクエリ文字列以外の他のすべてのクエリ文字列は、キャッシュキーに含まれ、自動的にオリジンリクエストに含まれます。

[ホワイトリスト] または [次を除くすべて] の設定を使用する場合、クエリ文字列は値ではなく名前で指定します。たとえば、次の URL パスを考えてみます。

/content/stories/example-story.html?split-pages=false

この場合、クエリ文字列を split-pages としてではなく、split-pages=false として指定します。ただし、CloudFront では、キャッシュキーおよびオリジンリクエストに、その値を含む完全なクエリ文字列が含まれます。

ヘッダー

CloudFront によりキャッシュキーおよびオリジンリクエストに含まれる、ビューワーリクエストの HTTP ヘッダー。ヘッダーには、以下のいずれかの設定を選択できます。

  • [None (なし)] - ビューワーリクエストの HTTP ヘッダーはキャッシュキーに含まれず、オリジンリクエストに自動的に含まれません

  • [Whitelist (ホワイトリスト)] - ビューワーリクエストのどの HTTP ヘッダーをキャッシュキーに含め、オリジンリクエストに自動的に含めるかを指定します。

[ホワイトリスト] 設定を使用する場合、HTTP ヘッダーは値ではなく名前で指定します。たとえば、次の HTTP ヘッダーを考えてみます。

Accept-Language: en-US,en;q=0.5

この場合、ヘッダーを Accept-Language としてではなく、Accept-Language: en-US,en;q=0.5 として指定します。ただし、CloudFront では、キャッシュキーおよびオリジンリクエストに、その値を含む完全なヘッダーが含まれます。

CloudFront によって生成された特定のヘッダーをキャッシュキーに含めることもできます。詳細については、「CloudFront HTTP ヘッダーの使用」を参照してください。

Cookie

CloudFront によりキャッシュキーおよびオリジンリクエストに含まれる、ビューワーリクエストの Cookie。Cookie には、以下のいずれかの設定を選択できます。

  • [None (なし)] - ビューワーリクエストの Cookie はキャッシュキーに含まれず、オリジンリクエストに自動的に含まれません

  • [All (すべて)] - ビューワーリクエストのすべての Cookie は、キャッシュキーに含まれ、オリジンリクエストに自動的に含まれます。

  • [Whitelist (ホワイトリスト)] - ビューワーリクエストのどの Cookie をキャッシュキーに含め、オリジンリクエストに自動的に含めるかを指定します。

  • [All-Except (次を除くすべて)] - ビューワーリクエストのどの Cookie がキャッシュキーに含まれず、オリジンリクエストに自動的に含まれないかを指定します。指定した Cookie 以外の他のすべての Cookie は、キャッシュキーに含まれ、自動的にオリジンリクエストに含まれます。

[ホワイトリスト] または [次を除くすべて] の設定を使用する場合、Cookie は値ではなく名前で指定します。たとえば、次の Cookie ヘッダーを考えてみます。

Cookie: session_ID=abcd1234

この場合、Cookie を session_ID としてではなく、session_ID=abcd1234 として指定します。ただし、CloudFront では、キャッシュキーおよびオリジンリクエストに、その値を含む完全な Cookie が含まれます。

圧縮のサポート

これらの設定により、Gzip または Brotli 圧縮形式で圧縮されたオブジェクトを CloudFront がリクエストおよびキャッシュできるようになります (ビューワーでサポートされている場合)。これらの設定により、CloudFront 圧縮も有効になります。ビューワーは Accept-Encoding HTTP ヘッダーを使用して、これらの圧縮形式のサポートの可否を示します。

注記

ウェブブラウザ Chrome および Firefox では、HTTPS を使用してリクエストを送信する場合のみ、Brotli 圧縮がサポートされます。これらのブラウザでは、HTTP リクエストで Brotli がサポートされません。

次のいずれかに該当する場合は、これらの設定を有効にします。

  • ビューワーによってサポートされている場合にオリジンが Gzip 圧縮オブジェクトを返す (リクエストには、HTTPヘッダー Accept-Encoding と値 gzip が含まれます)。この場合、Gzip が有効化された設定を使用します (CloudFront API、AWS SDK、AWS CLI、または AWS CloudFormation で EnableAcceptEncodingGziptrue に設定します)。

  • ビューワーによってサポートされている場合にオリジンが Brotli 圧縮オブジェクトを返す (リクエストには、HTTPヘッダー Accept-Encoding と値 br が含まれます)。この場合、Brotli が有効化された設定を使用します (CloudFront API、AWS SDK、AWS CLI、または AWS CloudFormation で EnableAcceptEncodingBrotlitrue に設定します)。

  • このキャッシュポリシーが適用されるキャッシュ動作は、CloudFront 圧縮によって設定されます。この場合、Gzip または Brotli のいずれか、またはその両方に対してキャッシュを有効にできます。CloudFront 圧縮が有効になっている場合、両方の形式でキャッシュを有効にすると、インターネットへのデータ転送のコストを軽減できます。

注記

これらの圧縮形式の一方または両方でキャッシュを有効にする場合は、同じキャッシュ動作に関連付けられているオリジンリクエストポリシーAccept-Encoding ヘッダーを含めないでください。CloudFront は、これらの形式のいずれかでキャッシュが有効になっている場合、常にこのヘッダーをオリジンリクエストに含めます。そのため、オリジンリクエストポリシーに Accept-Encoding を含めても効果はありません。

オリジンサーバーが Gzip または Brotli で圧縮されたオブジェクトを返さない場合、またはキャッシュ動作が CloudFront 圧縮で設定されていない場合は、圧縮オブジェクトのキャッシュを有効にしないでください。有効にすると、キャッシュヒット率が低下する可能性があります。

以下に、これらの設定が CloudFront ディストリビューションに与える影響について説明します。次のシナリオはすべて、ビューワーリクエストに Accept-Encoding ヘッダーが含まれていることを前提としています。ビューワーリクエストに Accept-Encoding ヘッダーが含まれていない場合、CloudFront はこのヘッダーをキャッシュキーに含めず、対応するオリジンリクエストにも含めません。

圧縮されたオブジェクトのキャッシュが両方の圧縮形式に対応している場合

ビューワーが Gzip と Brotli の両方をサポートしている場合、つまり、ビューワーリクエストの gzip ヘッダーに br 値と Accept-Encoding 値の両方が含まれている場合、CloudFront では以下の処理が行われます。

  • ヘッダーを Accept-Encoding: br,gzip の形式に正規化し、正規化されたヘッダーをキャッシュキーに含めます。キャッシュキーには、ビューワーによって送信された Accept-Encoding ヘッダーに含まれる他の値は含まれません。

  • エッジロケーションのキャッシュに、リクエストに一致し有効期限が切れていない Brotli または Gzip 圧縮オブジェクトがある場合、エッジロケーションはそのオブジェクトをビューワーに返します。

  • エッジロケーションのキャッシュに、リクエストに一致し有効期限が切れていない Brotli または Gzip 圧縮オブジェクトがない場合、CloudFront は対応するオリジンリクエストに正規化されたヘッダー (Accept-Encoding: br,gzip) を含めます。オリジンリクエストには、ビューワーによって送信された Accept-Encoding ヘッダーに含まれる他の値は含まれません。

例えば、ビューワーが一方の圧縮形式をサポートし、他方の圧縮形式をサポートしていない場合、ビューワーリクエストの gzip ヘッダーに値 Accept-Encoding が指定され、br が指定されていない場合、CloudFront によって以下の処理が行われます。

  • ヘッダーを Accept-Encoding: gzip の形式に正規化し、正規化されたヘッダーをキャッシュキーに含めます。キャッシュキーには、ビューワーによって送信された Accept-Encoding ヘッダーに含まれる他の値は含まれません。

  • エッジロケーションのキャッシュに、リクエストに一致し有効期限が切れていない Gzip 圧縮オブジェクトがある場合、エッジロケーションはそのオブジェクトをビューワーに返します。

  • エッジロケーションのキャッシュに、リクエストに一致し有効期限が切れていない Gzip 圧縮オブジェクトがない場合、CloudFront は対応するオリジンリクエストに正規化されたヘッダー (Accept-Encoding: gzip) を含めます。オリジンリクエストには、ビューワーによって送信された Accept-Encoding ヘッダーに含まれる他の値は含まれません。

ビューワーが Brotli をサポートし Gzip をサポートしていない場合の CloudFront の動作を理解するには、前の例で圧縮形式を他方に置き換えてください。

ビューワーが Brotli または Gzip をサポートしていない場合、つまりビューワーリクエストの Accept-Encoding ヘッダーに br または gzip の値が含まれていない場合、CloudFront の動作は以下のようになります。

  • キャッシュキーに Accept-Encoding ヘッダーを含めません。

  • 対応するオリジンリクエストに Accept-Encoding: identity を含めます。オリジンリクエストには、ビューワーによって送信された Accept-Encoding ヘッダーに含まれる他の値は含まれません。

圧縮されたオブジェクトのキャッシュが 1 つの圧縮形式に対して有効で、もう 1 つの圧縮形式に対して有効でない場合

キャッシュが対応している形式をビューワーがサポートしている場合、例えば、圧縮されたオブジェクトのキャッシュが Gzip に対応していて、ビューワーが Gzip をサポートしている (ビューワーリクエストの gzip ヘッダー内の値の 1 つが Accept-Encoding である) 場合、CloudFront によって以下の処理が行われます。

  • ヘッダーを Accept-Encoding: gzip の形式に正規化し、正規化されたヘッダーをキャッシュキーに含めます。

  • エッジロケーションのキャッシュに、リクエストに一致し有効期限が切れていない Gzip 圧縮オブジェクトがある場合、エッジロケーションはそのオブジェクトをビューワーに返します。

  • エッジロケーションのキャッシュに、リクエストに一致し有効期限が切れていない Gzip 圧縮オブジェクトがない場合、CloudFront は対応するオリジンリクエストに正規化されたヘッダー (Accept-Encoding: gzip) を含めます。オリジンリクエストには、ビューワーによって送信された Accept-Encoding ヘッダーに含まれる他の値は含まれません。

この動作は、ビューワーが Gzip と Brotli の両方をサポートしている場合と同じです (ビューワーリクエストの Accept-Encoding ヘッダーには gzip br の両方の値のが含まれます)。このシナリオでは、圧縮オブジェクトのキャッシュが Brotli に対応していないためです。

圧縮オブジェクトのキャッシュが Brotli に対応し Gzip に対応していない場合の CloudFront の動作を理解するには、前の例で圧縮形式を他方に置き換えてください。

キャッシュが対応している圧縮形式をビューワーがサポートしていない (ビューワーリクエストの Accept-Encoding ヘッダーに、その形式の値が含まれていない) 場合、CloudFront の動作は以下のようになります。

  • キャッシュキーに Accept-Encoding ヘッダーを含めません。

  • 対応するオリジンリクエストに Accept-Encoding: identity を含めます。オリジンリクエストには、ビューワーによって送信された Accept-Encoding ヘッダーに含まれる他の値は含まれません。

圧縮されたオブジェクトのキャッシュが両方の圧縮形式に対応していない場合

圧縮オブジェクトのキャッシュが両方の圧縮形式に対応していない場合、CloudFront は、Accept-Encoding ヘッダーをビューワーリクエストの他の HTTP ヘッダーと同じように扱います。デフォルトでは、キャッシュキーには含まれず、オリジンリクエストにも含まれません。他の HTTP ヘッダーと同様に、キャッシュポリシーまたはオリジンリクエストポリシーのヘッダーホワイトリストに含めることができます。

キャッシュポリシーの作成

キャッシュポリシーを使用して、キャッシュキーに含まれる値 (URL クエリ文字列、HTTP ヘッダー、Cookie) を管理することで、キャッシュヒット率を改善できます。キャッシュポリシーは、CloudFront コンソール、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または CloudFront API を使用して作成できます。

キャッシュポリシーを作成したら、CloudFront ディストリビューションの 1 つ以上のキャッシュ動作にアタッチします。

キャッシュポリシーを作成するには (コンソール)

  1. AWS Management Console にログインし、https://console.aws.amazon.com/cloudfront/v2/home?#/policies で CloudFront コンソールの [‬Policies‭] (ポリシー) ページを開きます。

  2. [キャッシュポリシーの作成] を選択します。

  3. このキャッシュポリシーに目的の設定を選択します。詳細については、「キャッシュポリシーについて」を参照してください。

  4. 終了したら、[キャッシュポリシーの作成] を選択します。

キャッシュポリシーを作成したら、それをキャッシュ動作にアタッチできます。

既存のディストリビューションにキャッシュポリシーをアタッチするには (コンソール)

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudfront/home#distributions: で CloudFront コンソールの [Distributions] (ディストリビューション) ページを開きます。

  2. 更新するディストリビューションを選択し、[動作] タブを選択します。

  3. 更新するキャッシュ動作を選択し、[編集] を選択します。

    または、新しいキャッシュ動作を作成するには、[動作を作成] を選択します。

  4. [キャッシュとオリジンリクエストの設定] で、[キャッシュポリシーとオリジンリクエストポリシーを使用] が選択されていることを確認します。

  5. [キャッシュポリシー] で、このキャッシュ動作にアタッチするキャッシュポリシーを選択します。

  6. ページの最下部で [はい、編集します] を選択します。

新しいディストリビューションにキャッシュポリシーをアタッチするには (コンソール)

  1. で CloudFront コンソールを開きますhttps://console.aws.amazon.com/cloudfront/home

  2. [ディストリビューションの作成] を選択し、[ウェブ] で [使用を開始する] を選択します。

  3. [キャッシュとオリジンリクエストの設定] で、[キャッシュポリシーとオリジンリクエストポリシーを使用] が選択されていることを確認します。

  4. [キャッシュポリシー] で、このディストリビューションのデフォルトのキャッシュ動作にアタッチするキャッシュポリシーを選択します。

  5. オリジン、デフォルトのキャッシュ動作、およびディストリビューションの設定を選択します。詳細については、「ディストリビューションを作成または更新する場合に指定する値」を参照してください。

  6. 終了したら、[ディストリビューションを作成] を選択します。

AWS Command Line Interface (AWS CLI) でキャッシュポリシーを作成するには、aws cloudfront create-cache-policy コマンドを使用します。各パラメータをコマンドライン入力として指定するのではなく、入力ファイルを使用してコマンドの入力パラメータを指定できます。

キャッシュポリシーを作成するには (入力ファイルを含む CLI)

  1. 次のコマンドを使用して、cache-policy.yaml コマンドのすべての入力パラメータを含む create-cache-policy という名前のファイルを作成します。

    aws cloudfront create-cache-policy --generate-cli-skeleton yaml-input > cache-policy.yaml
    注記

    yaml-input オプションは、AWS CLI のバージョン 2 でしか使用できません。AWS CLI のバージョン 1 では、JSON 形式の入力ファイルを生成できます。詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドの「JSON または YAML 入力ファイルから AWS CLI スケルトンと入力パラメータを生成」を参照してください。

  2. 先ほど作成した cache-policy.yaml という名前のファイルを開きます。ファイルを編集して、必要なキャッシュポリシー設定を指定し、ファイルを保存します。ファイルからオプションのフィールドを削除することはできますが、必須フィールドは削除しないでください。

    キャッシュポリシー設定の詳細については、「キャッシュポリシーについて」を参照してください。

  3. 次のコマンドを使用して、cache-policy.yaml ファイルの入力パラメータを使用し、キャッシュポリシーを作成します。

    aws cloudfront create-cache-policy --cli-input-yaml file://cache-policy.yaml

    コマンドの出力の Id 値を書き留めます。これはキャッシュポリシー ID であり、キャッシュポリシーを CloudFront ディストリビューションのキャッシュ動作にアタッチするために必要です。

既存のディストリビューションにキャッシュポリシーをアタッチするには (入力ファイルを含む CLI)

  1. 以下のコマンドを使用して、更新する CloudFront ディストリビューションのディストリビューション設定を保存します。distribution_ID をディストリビューションの ID に置き換えます。

    aws cloudfront get-distribution-config --id distribution_ID --output yaml > dist-config.yaml
    注記

    --output yaml オプションは、AWS CLI のバージョン 2 でしか使用できません。AWS CLI のバージョン 1 では、JSON 形式で出力を生成できます。詳細については、AWS Command Line Interfaceユーザーガイドの「AWS CLI からのコマンド出力の制御」を参照してください。

  2. 先ほど作成した dist-config.yaml という名前のファイルを開きます。ファイルを編集し、キャッシュポリシーを使用するように更新する各キャッシュ動作に次の変更を加えます。

    • キャッシュ動作で、CachePolicyId という名前のフィールドを追加します。フィールドの値には、ポリシーの作成後に書き留めたキャッシュポリシー ID を使用します。

    • キャッシュ動作から MinTTLMaxTTLDefaultTTL、および ForwardedValues フィールドを削除します。これらの設定はキャッシュポリシーで指定されるため、これらのフィールドとキャッシュポリシーを同じキャッシュ動作に含めることはできません。

    • ETag フィールドの名前を IfMatch に変更しますが、フィールドの値は変更しないでください。

    完了したら、ファイルを保存します。

  3. キャッシュポリシーを使用するようにディストリビューションを更新するには、次のコマンドを使用します。distribution_ID をディストリビューションの ID に置き換えます。

    aws cloudfront update-distribution --id distribution_ID --cli-input-yaml file://dist-config.yaml

新しいディストリビューションにキャッシュポリシーをアタッチするには (入力ファイルを含む CLI)

  1. 次のコマンドを使用して、distribution.yaml コマンドのすべての入力パラメータを含む create-distribution という名前のファイルを作成します。

    aws cloudfront create-distribution --generate-cli-skeleton yaml-input > distribution.yaml
    注記

    yaml-input オプションは、AWS CLI のバージョン 2 でしか使用できません。AWS CLI のバージョン 1 では、JSON 形式の入力ファイルを生成できます。詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドの「JSON または YAML 入力ファイルから AWS CLI スケルトンと入力パラメータを生成」を参照してください。

  2. 先ほど作成した distribution.yaml という名前のファイルを開きます。デフォルトのキャッシュ動作の [CachePolicyId] フィールドに、ポリシーの作成後に書き留めたキャッシュポリシー ID を入力します。ファイルの編集を続行して必要なディストリビューション設定を指定し、完了したらファイルを保存します。

    ディストリビューション設定の詳細については、「ディストリビューションを作成または更新する場合に指定する値」を参照してください。

  3. 次のコマンドを使用して、distribution.yaml ファイルの入力パラメータを使用し、ディストリビューションを作成します。

    aws cloudfront create-distribution --cli-input-yaml file://distribution.yaml

CloudFront API を使用してキャッシュポリシーを作成するには、CreateCachePolicy を使用します。この API コールで指定するフィールドの詳細については、「キャッシュポリシーについて」と、AWS SDK またはその他 API クライアントの API リファレンスドキュメントを参照してください。

キャッシュポリシーを作成したら、次の API コールのいずれかを使用して、それをキャッシュ動作にアタッチできます。

  • 既存のディストリビューションのキャッシュ動作にアタッチするには、UpdateDistribution を使用します。

  • 新しいディストリビューションのキャッシュ動作にアタッチするには、CreateDistribution を使用します。

これらの API コールの両方について、キャッシュ動作内で、CachePolicyId フィールドにキャッシュポリシーの ID を指定します。これらの API コールで指定するその他フィールドの詳細については、「ディストリビューションを作成または更新する場合に指定する値」と、AWS SDK またはその他 API クライアントの API リファレンスドキュメントを参照してください。