メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

SSL/TLS 証明書の制限の引き上げ

AWS Certificate Manager にインポートしたり、AWS Identity and Access Management にアップロードしたりできる SSL/TLS 証明書の数には制限があります。専用 IP アドレスを使用して HTTPS リクエストを処理するよう CloudFront を設定するときに AWS アカウントで使用できる SSL/TLS 証明書の数にも制限があります。ただし、これらの制限数を増やすようにリクエストできます。

ACM にインポートできる証明書

ACM にインポートできる証明書の数の制限については、『アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス』の「ACM の制限」を参照してください。

制限の引き上げをリクエストするには、AWS サポートセンターでサポートケースを作成してください。次の値を指定します。

  • Regarding – [Service Limit Increase] のデフォルト値を受け入れます。

  • Limit Type – [Certificate Manager] を選択します。

  • Region – 証明書をインポートする AWS リージョンを指定します。

  • Limit – [(ACM) Number of ACM Certificates] を選択します。

次にフォームの残りに入力します。

IAM にアップロードできる証明書

IAM にアップロードできる証明書の数の制限については、『アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス』の「IAM の制限」を参照してください。

制限の引き上げをリクエストするには、AWS サポートセンターでサポートケースを作成してください。次の値を指定します。

  • Regarding – [Service Limit Increase] のデフォルト値を受け入れます。

  • Limit Type – [Certificate Manager] を選択します。

  • Region – 証明書をインポートする AWS リージョンを指定します。

  • Limit – [(IAM) Server Certificate Limit] を選択します。

次にフォームの残りに入力します。

専用 IP アドレスで使用できる証明書

専用 IP アドレスを使用して HTTPS リクエストを処理するときに各 AWS アカウントに使用できる SSL 証明書の数の制限については、『アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス』の「CloudFront の制限」を参照してください。

制限の引き上げをリクエストするには、AWS サポートセンターでサポートケースを作成してください。次の値を指定します。

  • Regarding – [Service Limit Increase] のデフォルト値を受け入れます。

  • Limit Type – [CloudFront Distributions] のデフォルト値を受け入れます。

  • Limit – [Dedicated IP SSL Certificate Limit per Account] を選択します。

次にフォームの残りに入力します。