メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

Amazon CloudFront ディストリビューションのタグ付け

タグは、AWS リソースを特定し、整理するのに使用できる単語または語句です。各リソースには複数のタグを追加でき、各タグにはユーザーが定義したキーと値が含まれています。たとえば、キーが "domain" で値が "example.com" というタグを付けることができます。追加したタグに基づいて、リソースを検索したりフィルタリングしたりできます。

CloudFront ディストリビューションまたは AWS リソース (Amazon EC2 インスタンスや Amazon S3 バケットなど) にタグを適用してタグをアクティブ化すると、アクティブなタグごとに使用量とコストを集計したコスト配分レポートが CSV (カンマ区切り値) ファイルとして生成されます。自社のカテゴリ (たとえばコストセンター、アプリケーション名、所有者) を表すタグを適用すると、複数のサービスにわたってコストを分類することができます。タグを使ったコスト配分の詳細については、『AWS Billing and Cost Management ユーザーガイド』の「コスト配分タグの使用」を参照してください。

ディストリビューションに追加できるタグの数の現在の制限については、「制限」を参照してください。制限の引き上げをリクエストするには、AWS サポートセンターでサポートケースを作成してください。

次の点に注意してください。

  • タグウェブおよび RTMP ディストリビューションをタグ付けできますが、オリジンアクセスアイデンティティや無効化をタグ付けすることはできません。

  • タグエディタリソースグループは、現在のところ CloudFront でサポートされていません。

CloudFront API、AWS CLI、SDK、AWS Tools for Windows PowerShell を使用することで、リソースにタグを適用することもできます。詳細については、次のドキュメントを参照してください。

タグの制限

タグには以下のような基本制限があります。

  • リソースあたりのタグの最大数は 10 です。

  • キーの最大長は 128 文字 – (Unicode) です。

  • 値の最大長は 256 文字 – (Unicode) です。

  • キーと値の有効な値 – a~z、A~Z、0~9、スペース、特殊文字 _ . : / = + - および @

  • タグのキーと値は大文字と小文字が区別されます。

  • aws: をキーのプレフィックスとしてを使用しないでください。AWS 用に予約済みです。

ディストリビューションに対するタグの追加、編集、削除

次の手順では、CloudFront コンソールでディストリビューションにタグを追加、編集、削除する方法について説明します。

ディストリビューションにタグを追加、編集、または削除するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/cloudfront/ にある、CloudFront コンソールを開きます。

  2. 更新するディストリビューションの ID を選択します。

  3. [Tags] タブを選択します。

  4. [Add or edit tags] を選択します。

  5. タグの追加または編集ページで、次の操作を実行できます。

    タグの追加

    タグのキーと、オプションで値を入力します。

    タグの編集

    キー、値、または両方を変更します。タグの値を削除することもできますが、キーが必要です。

    タグの削除

    値フィールドの右側で [X] を選択します。

  6. [Save] を選択します。