CloudFront HTTP ヘッダーの使用 - Amazon CloudFront

CloudFront HTTP ヘッダーの使用

ビューワーリクエストの特性に基づいて特定の HTTP ヘッダーを追加するように CloudFront を設定できます。これらのヘッダーを使用すると、オリジンはビューワーのデバイスタイプ、地理的位置などの情報を受け取ることができます。この情報を特定するためのカスタムコードは必要ありません。オリジンが、これらのヘッダーの情報に基づいて異なるレスポンスを返す場合は、CloudFront が別のレスポンスを別々にキャッシュするように、それらをキャッシュキーに含めることができます。

オリジンでこれらのヘッダーを受信するには、オリジンリクエストポリシーを使用します。詳細については、「オリジンリクエストの制御」を参照してください。

キャッシュキーにこれらのヘッダーを含めるには、キャッシュポリシーを使用します。詳細については、「キャッシュキーの管理」および「キャッシュキーについて」を参照してください。

ビューワーのデバイスタイプを特定するためのヘッダー

ビューワーのデバイスタイプを特定するには、次のヘッダーを使用します。User-Agent ヘッダーの値に基づいて、CloudFront はこれらのヘッダーの値を true または false に設定します。デバイスが複数のカテゴリに属する場合は、複数の値が true になることがあります。例えば、一部のタブレットデバイスに対して、CloudFront が CloudFront-Is-Mobile-ViewerCloudFront-Is-Tablet-Viewer の両方を true に設定する場合があります。

  • CloudFront-Is-Android-Viewer - ビューワーが Android オペレーティングシステム搭載のデバイスであると CloudFront が判断すると、true に設定します。

  • CloudFront-Is-Desktop-Viewer - ビューワーがデスクトップデバイスであると CloudFront が判断すると、true に設定します。

  • CloudFront-Is-IOS-Viewer - ビューワーが Apple オペレーティングシステム搭載のデバイスであると CloudFront が判断すると、true に設定します。

  • CloudFront-Is-Mobile-Viewer - ビューワーがモバイルデバイスであると CloudFront が判断すると、true に設定します。

  • CloudFront-Is-SmartTV-Viewer - ビューワーがスマートテレビであると CloudFront が判断すると、true に設定します。

  • CloudFront-Is-Tablet-Viewer - ビューワーがタブレットであると CloudFront が判断すると、true に設定します。

ビューワーの場所を特定するためのヘッダー

ビューワーの場所を特定するには、以下のヘッダーを使用します。CloudFront は、ビューワーの IP アドレスに基づいてこれらのヘッダーの値を決定します。

注記

これらのヘッダーの値が ASCII 以外の文字の場合、CloudFront パーセントは RFC 3986 のセクション 1.2 に従って文字をエンコードします。

  • CloudFront-Viewer-City - ビューワーの市区町村名が含まれています。

  • CloudFront-Viewer-Country - ビューワーの国の 2 文字の国コードが含まれています。国コードの一覧については、「ISO 3166-1 alpha-2」を参照してください。

  • CloudFront-Viewer-Country-Name - ビューワーの国名が含まれています。

  • CloudFront-Viewer-Country-Region - ビューワーのリージョンを表すコード (最大 3 文字) が含まれています。リージョンは、ISO 3166-2 コードの最も具体的なサブディビジョンです。

  • CloudFront-Viewer-Country-Region-Name - ビューワーのリージョン名が含まれています。リージョンは、ISO 3166-2 コードの最も具体的なサブディビジョンです。

  • CloudFront-Viewer-Latitude - ビューワーのおよその緯度が含まれています。

  • CloudFront-Viewer-Longitude - ビューワーのおよその経度が含まれています。

  • CloudFront-Viewer-Metro-Code - ビューワーのメトロコードが含まれています。これは、ビューワーが米国にいる場合にのみ表示されます。

  • CloudFront-Viewer-Postal-Code - ビューワーの郵便番号が含まれています。

  • CloudFront-Viewer-Time-Zone IANA タイムゾーンデータベース形式 (例: America/Los_Angeles) で、ビューワーのタイムゾーンが含まれています。

その他の CloudFront ヘッダー

ビューワーのリクエストのプロトコルと HTTP バージョンを確認するには、次のヘッダーを使用します。

  • CloudFront-Forwarded-Proto - ビューワーのリクエストのプロトコル (HTTP または HTTPS) が含まれています。

  • CloudFront-Viewer-Http-Version - ビューワーのリクエストの HTTP バージョンが含まれています。