グループ - Amazon CloudWatch

グループ

クロスリージョンの canary を含む、相互に canary を関連付けるグループを作成することができます。グループを使用することで、canary の管理と自動化に役立ちます。また、グループ内のすべての canary の集計された実行結果と統計を表示することもできます。

グループはグローバルリソースです。グループを作成すると、グループをサポートするすべての AWS リージョンに渡って複製されます。これらのリージョンのいずれかから canary を追加することができ、これらのリージョンのすべてで表示できるようになります。グループ ARN 形式には作成されたリージョン名が反映されますが、グループはリージョンに制約されません。これは、複数のリージョンからの canary を同じグループに配置し、そのグループを使用して、それらすべての canary を単一のビューで表示および管理できることを意味します。

グループは、デフォルトで無効になっているリージョンを除くすべてのリージョンでサポートされています。これらのリージョンの詳細については、「Enabling a Region」 (リージョンを有効にする) を参照してください。

各グループには最大 10 個の canary を含めることができます。アカウントには最大 20 個のグループを含めることができます。単一の canary はすべて、最大 10 個のグループのメンバーになることができます。

グループを作成するには
  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Application monitoring] (アプリケーションのモニタリング)、[Synthetics Canaries] (canary の合成) の順にクリックします。

  3. Create Group を選択します。

  4. [Group Name] (グループ名) で、グループ名を入力します。

  5. このグループに関連付いた canary を選択します。canary を選択するには、その完全な名前を[Exact canary name] (完全な canary 名) に入力し、[Search] (検索) を選択します。その後、canary 名の横にあるチェックボックスを選択します。異なるリージョンに同じ名前の canary が複数ある場合は、必要な canary を必ず選択してください。

    この手順を繰り返して、最大 10 個の canary をグループに関連付けることができます。

  6. (オプション) [Tags] (タグ) で、このグループのタグとする 1 つ以上のキーと値のペアを追加します。タグを使用すると、AWS リソースを識別して整理したり、AWS コストを追跡したりしやすくなります。詳細については、Amazon CloudWatch リソースにタグを付ける を参照してください。

  7. Create Group を選択します。