CloudWatch ダッシュボードにカスタムウィジェットを追加する - Amazon CloudWatch

CloudWatch ダッシュボードにカスタムウィジェットを追加する

カスタムウィジェットは、カスタムパラメータを使用して任意の AWS Lambda 関数を呼び出すことができる CloudWatch ダッシュボードウィジェットです。次に、返された HTML または JSON を表示します。カスタムウィジェットは、ダッシュボードにデータのカスタムビューを構築する簡単な方法です。Lambda コードを書けて HTML を作成できれば、便利なカスタムウィジェットを作成できます。さらに、Amazon では、コードなしで作成できる、ビルド済みのカスタムウィジェットをいくつかご用意しています。

カスタムウィジェットとして使用する Lambda 関数を作成するときは、関数名にプレフィックス customWidget を含めることを強くお勧めします。これにより、ダッシュボードにカスタムウィジェットを追加するときに安全に使用できる Lambda 関数がわかります。

カスタムウィジェットは、ダッシュボード上の他のウィジェットと同様に動作します。これらのオブジェクトは、再表示、自動更新、サイズ変更、および移動することができます。これらは、ダッシュボードの時間範囲に応答します。

CloudWatch コンソールのクロスアカウント機能を設定している場合は、1 つのアカウントで作成されたカスタムウィジェットを他のアカウントのダッシュボードに追加できます。詳細については、「クロスアカウントクロスリージョン CloudWatch コンソール」を参照してください。

CloudWatch ダッシュボードの共有機能を使用して、独自のウェブサイトでカスタムウィジェットを使用することもできます。詳細については、「CloudWatch ダッシュボードの共有」を参照してください。