Amazon CloudWatch
ユーザーガイド

CloudWatch とインターフェイス VPC エンドポイントの使用

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用して AWS リソースをホストする場合は、VPC と CloudWatch の間にプライベート接続を確立できます。この接続を使用すると、CloudWatch はパブリックインターネットを経由せずに、VPC のリソースと通信できます。

Amazon VPC は、お客様の定義する仮想ネットワークで リソースを起動するために使用できる サービスです。VPC を使用すると、IP アドレス範囲、サブネット、ルートテーブル、ネットワークゲートウェイなどのネットワーク設定を制御できます。VPC を CloudWatch に接続するには、CloudWatch の インターフェイス VPC エンドポイントを定義します。このタイプのエンドポイントにより、VPC を AWS サービスに接続できるようになります。このエンドポイントは、インターネットゲートウェイ、ネットワークアドレス変換 (NAT) インスタンス、または VPN 接続を必要とせず、信頼性が高くスケーラブルな CloudWatch への接続を提供します。詳細については、の「 とは」を参照してください。

インターフェイス VPC エンドポイントは AWS PrivateLink を利用しています。これは、Elastic Network Interface とプライベート IP アドレスを使用して のサービス間のプライベート通信を可能にする のテクノロジーです。詳細については、「AWS サービスの新しい AWS PrivateLink」を参照してください。

次のステップは Amazon VPC のユーザー向けです。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイド の Getting Started を参照してください。

現在利用できるリージョン

現在、CloudWatch は、次のリージョンで VPC エンドポイントをサポートしています。

  • 米国東部 (オハイオ)

  • 米国東部(バージニア北部)

  • 米国西部 (北カリフォルニア)

  • 米国西部 (オレゴン)

  • アジアパシフィック (ムンバイ)

  • アジアパシフィック (ソウル)

  • アジアパシフィック (シンガポール)

  • アジアパシフィック (シドニー)

  • アジアパシフィック (東京)

  • カナダ (中部)

  • 欧州 (フランクフルト)

  • 欧州 (アイルランド)

  • 欧州 (ロンドン)

  • EU (パリ)

  • 南米 (サンパウロ)

CloudWatch の VPC エンドポイントの作成

VPC で CloudWatch の使用を開始するには、CloudWatch のインターフェイス VPC エンドポイントを作成します。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「インターフェイスエンドポイントの作成」を参照してください。

CloudWatch の設定を変更する必要はありません。CloudWatch は、パブリックエンドポイントまたはプライベートインターフェイス VPC エンドポイントのうち使用中のいずれかを使用して、他の AWS サービスを呼び出します。たとえば、CloudWatch のインターフェイス VPC エンドポイントを作成し、VPC にあるリソースから CloudWatch に流れているメトリクスが既にある場合、それらのメトリクスはデフォルトでインターフェイス VPC エンドポイントを通じて流れ始めます。