AWS の予想請求額をモニターリングする請求アラームの作成 - Amazon CloudWatch

AWS の予想請求額をモニターリングする請求アラームの作成

Amazon CloudWatch を使用して、 予想 AWS 請求額をモニターリングすることができます。ご使用の AWS アカウントに対する予想請求額のモニターリングを有効にすると、予想請求額が計算されて、メトリクスデータとして CloudWatch に 1 日複数回送信されます。

請求メトリクスデータは米国東部 (バージニア北部) リージョンに保存され、世界全体の請求額として表されます。このデータには、使用した AWS のサービス別の予想請求額と AWS 全体の予想請求額が含まれています。

アカウントへの請求が指定したしきい値を超えると、アラームがトリガーされます。トリガーされるのは、現在の請求がしきい値を超えた場合のみです。当月のそれまでの使用状況に基づく予測は使用されません。

請求がすでにしきい値を超えているときに請求アラームを作成した場合、アラームは直ちに ALARM 状態になります。

注記

既に請求されている CloudWatch の料金の分析について詳しくは、「CloudWatch の請求とコスト」を参照してください。

請求アラートの有効化

予想請求額のアラームを作成する前に、請求アラートを有効にする必要があります。有効にすると、AWS の予想請求額をモニターリングし、請求メトリクスデータを使用してアラームを作成できます。請求アラートを有効にすると、データの収集を無効にできなくなりますが、作成した請求アラームはいつでも削除できます。

初めて予想請求額のモニターリングを有効にした場合、請求データの表示と請求アラートの設定ができるようになるまで約 15 分かかります。

要件
  • アカウントのルートユーザー認証情報を使用するか、請求情報を表示するアクセス許可が付与されている IAM ユーザーとしてサインインする必要があります。

  • 一括請求 (コンソリデーティッドビリング) のアカウントの場合、支払いアカウントでログインすると、リンクされている各アカウントの請求データを見ることができます。リンクされているそれぞれのアカウントと一括請求アカウントのどちらに対しても、予想請求合計額とサービスごとの予想請求額のデータを見ることができます。

  • 一括請求 (コンソリデーティッドビリング) アカウントでは、メンバー連結アカウントのメトリクスは、支払者アカウントが [請求アラートを受け取る] 設定を有効にしている場合にのみキャプチャされます。管理/支払者アカウントのアカウントを変更する場合は、新しい管理/支払者アカウントの請求アラートを有効にする必要があります。

  • Amazon パートナーネットワーク (APN) アカウントの請求メトリクスは CloudWatch に対して公開されないため、このアカウントを APN の一部にすることはできません。詳細については、「AWS パートナーネットワーク」を参照してください。

予想請求額のモニターリングを有効にするには
  1. AWS Billing コンソール https://console.aws.amazon.com/billing/ を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[請求設定] を選択します。

  3. [請求アラートを受け取る] を選択します。

  4. [詳細設定を保存] を選択します。

請求アラームの作成

重要

請求アラームを作成する前に、リージョンを米国東部 (バージニア北部) に設定する必要があります。請求メトリクスデータは、このリージョンに保存され、世界全体の請求額を示します。また、自分のアカウントまたは管理/支払者アカウント (一括請求を使用している場合) で、請求アラートを有効にする必要があります。詳細については、「請求アラートの有効化」を参照してください。

この手順では、AWS の予想請求額が、定義されたしきい値を超えた場合に通知を送信するアラームを作成します。

CloudWatch コンソールを用いて請求アラームを作成するには
  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Alarms] (アラーム) を選択し、[All alarms] (アラームの作成) を選択します。

  3. [アラームの作成] を選択します。

  4. [Select metric] (メトリクスの選択) を選択します。[Browse] (参照) で、[Billing] (請求) を選択してから、[Total Estimated Charge] (概算合計請求額) を選択します。

    注記

    [Billing] (請求)/[Total Estimated Charge] (概算合計請求額) メトリクスが表示されない場合は、請求アラートを有効にして、リージョンを米国東部 (バージニア北部) に変更します。詳細については、「請求アラートの有効化」を参照してください。

  5. [EstimatedCharges] メトリクスの横にあるチェックボックスをオンにして、[Select metric] (メトリクスの選択) を選択します。

  6. [統計] で、[Maximum] を選択します。

  7. [Period] (期間) で、[6 hours] (6 時間) を選択します。

  8. [Threshold type] で [静的] を選択します。

  9. [Whenever EstimatedCharges is . . .] (EstimatedCharges が次の場合) で、[Greater] (より大きい) を選択します。

  10. [than . . .] (次と比較) で、アラームをトリガーするしきい値を定義します (例: 200 USD)。

    注記

    しきい値を定義すると、プレビューグラフに当月の予想請求額が表示されます。

  11. [Additional Configuration] (追加設定) で、次の操作を行います。

    • [Datapoints to alarm] (アラームを実行するデータポイント) で、1 個中 1 個 を指定します。

    • [Missing data treatment] (欠落データの処理) で、[Treat missing data as missing] (欠落データを欠落として処理) を選択します。

  12. [Next] (次へ) をクリックします。

  13. [Notification] (通知) で、アラームが ALARM 状態の時に通知される Amazon SNS トピックを選択します。既存の Amazon SNS トピックを選択するか、新しい Amazon SNS トピックを作成するか、またはトピック ARN を使用して他のアカウントに通知することができます。同じアラーム状態または異なるアラーム状態について複数の通知を送信する場合は、[Add notification] (通知の追加)を選択します。

  14. [Next] (次へ) をクリックします。

  15. [Name and description] (名前と説明) で、アラームの名前と説明を入力します。

    1. (オプション) アラームの説明を入力します。

  16. [Preview and create] (プレビューと作成) で、設定が正しいことを確認してから、[Create alarm] (アラームの作成) を選択します。

請求アラームの削除

不要になった請求アラームは削除できます。

請求アラームを削除するには
  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. 必要に応じて、リージョンを米国東部 (バージニア) に変更します。請求メトリクスデータは、このリージョンに保存され、世界全体の請求額を反映します。

  3. ナビゲーションペインで、[アラーム]、[すべてのアラーム] の順に選択します。

  4. アラームの横にあるチェックボックスをオンにして、[アクション]、[削除] の順に選択します。

  5. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Yes、Delete] を選択します。