イメージのプッシュ - Amazon ECR

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

イメージのプッシュ

Dockerイメージを Amazon ECR リポジトリを docker push コマンド。

重要

Amazon ECR では、ユーザーがレジストリに対して認証したり、Amazon ECR レポジトリとの間でイメージをプッシュまたはプルしたりできるためには、事前に IAM ポリシーを通じて ecr:GetAuthorizationToken API へのアクセス権限を許可されている必要があります。Amazon ECR は、さまざまなレベルに応じて複数の IAM 管理ポリシーを提供しています。詳細については、「Amazon Elastic Container Registry アイデンティティベースのポリシーの例」を参照してください。

Amazon ECR は、マルチアーキテクチャイメージに使用される Docker マニフェストリストの作成とプッシュもサポートしています。マニフェストリストで参照される各イメージは、すでにリポジトリにプッシュされている必要があります。詳細については、マルチアーキテクチャイメージのプッシュ を参照してください。

Docker イメージを Amazon ECR リポジトリにプッシュするには

  1. イメージのプッシュ先となる Amazon ECR レジストリに対して Docker クライアントを認証します。認証トークンは、使用するレジストリごとに取得する必要があり、トークンは 12 時間有効です。詳細については、レジストリ認証 を参照してください。

  2. プッシュ先となるリポジトリにイメージリポジトリが存在しない場合は、作成します。詳細については、リポジトリの作成 を参照してください。

  3. プッシュするイメージを識別します。docker images コマンドを実行し、システム上のイメージを一覧表示します。

    docker images

    イメージは、repository:tag 値または結果のコマンド出力の画像ID。

  4. 使用する Amazon ECR レジストリ、リポジトリ、オプションのイメージタグ名の組み合わせによってイメージをタグ付けします。レジストリ形式は aws_account_id.dkr.ecr.region.amazonaws.com です。リポジトリ名は、イメージ用に作成したリポジトリと一致する必要があります。イメージタグを省略した場合、タグは latest と見なされます。

    次の例では、イメージをIDでタグ付けします。e9ae3c220b23 として aws_account_id.dkr.ecr.region.amazonaws.com/my-web-app

    docker tag e9ae3c220b23 aws_account_id.dkr.ecr.region.amazonaws.com/my-web-app
  5. docker push コマンドを使用してイメージをプッシュします。

    docker push aws_account_id.dkr.ecr.region.amazonaws.com/my-web-app
  6. (オプション) 任意の追加のタグをイメージに適用し、「ステップ 4」および「ステップ 5」を繰り返して、それらのタグを Amazon ECR にプッシュします。Amazon ECR では、イメージあたり最大 100 個のタグを適用できます。