Amazon ECS クラスター - Amazon Elastic Container Service

Amazon ECS クラスター

Amazon ECS クラスターは、タスクまたはサービスの論理グループです。 EC2 を使用してタスクまたはサービスを実行している場合、クラスターはコンテナインスタンスのグループ化でもあります。 キャパシティープロバイダーを使用している場合、クラスターはキャパシティープロバイダーの論理的なグループでもあります。Amazon ECS の初回使用時には、デフォルトのクラスターが作成されますが、アカウントに複数のクラスターを作成して、クラスター別にリソースを分けることができます。

クラスターの概念

Amazon ECS クラスターに関する全般的な概念を以下に示します。

  • クラスターはリージョンに固有のものです。

  • クラスターの考えられる状態を以下に示します。

    ACTIVE

    クラスターはタスクを受け入れる準備ができており、該当する場合はコンテナインスタンスをクラスターに登録できます。

    PROVISIONING

    クラスターには、キャパティープロバイダーが関連付けられており、キャパシティープロバイダーに必要なリソースが作成されています。

    DEPROVISIONING

    クラスターには、キャパティープロバイダーが関連付けられており、キャパシティープロバイダーに必要なリソースが削除されています。

    FAILED

    クラスターには、キャパティープロバイダーが関連付けられており、キャパシティープロバイダーに必要なリソースを作成できませんでした。

    INACTIVE

    クラスターが削除されています。INACTIVE ステータスのクラスターは、一定期間アカウント内で検出可能なままになる場合があります。ただし、この動作は将来変更される可能性があるため、INACTIVE クラスターの永続化に頼るべきではありません。

  • クラスターには、Fargate 起動タイプまたは EC2 の起動タイプを使用するタスクが混在する場合があります。起動タイプの詳細については、「Amazon ECS 起動タイプ」を参照してください。

  • クラスターには、Auto Scaling グループキャパシティープロバイダーと Fargate キャパシティープロバイダーの両方が混在している場合がありますが、キャパシティープロバイダー戦略を指定する場合は、どちらか一方のみを含めることができ、両方を含めることはできません。詳細については、「Amazon ECS キャパシティープロバイダー」を参照してください。

  • EC2 起動タイプを使用するタスクの場合、クラスターには複数の異なるコンテナインスタンスタイプを含めることができますが、各コンテナインスタンスは一度に 1 つのクラスターにのみ登録できます。

  • カスタム IAM ポリシーを作成して、特定のクラスターへのユーザーアクセスを許可または制限できます。詳細については、「クラスターの例」の「Amazon Elastic Container Service アイデンティティベースのポリシーの例」セクションを参照してください。