Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

サービスの Auto Scaling

オプションで、サービスの Auto Scaling を使用して CloudWatch アラームに応じて必要数を調整するように Amazon ECS サービスを設定できます。サービスの Auto Scaling は アプリケーションの Auto Scaling サービスを利用してこの機能を提供します。サービスの Auto Scaling は Amazon ECS がサポートされているすべてのリージョンで使用できます。詳細については、アプリケーションの Auto Scaling ユーザーガイドを参照してください。

Amazon ECS はご使用のサービスの CPU とメモリの平均使用量を含む CloudWatch メトリクスを発行します。これらのサービス使用率メトリクスを使用して、ピーク時はサービスをスケールアウトして高需要に対応し、使用量が低い期間はサービスをスケールインしてコストを削減することができます。詳細については、「サービス使用率」を参照してください。

Amazon ECS サービスの Auto Scaling は、以下のタイプのスケーリングポリシーをサポートします。

  • ターゲット追跡スケーリングポリシー— 特定のメトリクスのターゲット値に基づいて、サービスが実行するタスク数を増減させます。これはサーモスタットが家の温度を維持する方法に似ています。温度を選択すれば、後はサーモスタットがすべてを実行します。

  • ステップスケーリングポリシー— アラーム超過のサイズに応じて変動する一連のスケーリング調整値 (ステップ調整値) に基づいて、サービスが実行するタスク数を増減させます。