Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

チュートリアル: Blue/Green デプロイを使用するサービスの作成

Amazon ECS では、Blue/Green デプロイが Amazon ECS コンソールのサービスの作成ウィザードに統合されています。詳細については、「サービスの作成」を参照してください。

以下のチュートリアルでは、AWS CLI で Blue/Green デプロイタイプを使用する Fargate タスクを含む、Amazon ECS サービスを作成する方法を示します。

前提条件

このチュートリアルでは、以下の前提条件をすでに満たしているものとします。

ステップ 1: Application Load Balancer を作成する

Blue/Green デプロイタイプを使用する Amazon ECS サービスには、Application Load Balancer または Network Load Balancer のいずれかを使用する必要があります。このチュートリアルでは Application Load Balancer を使用しています。

Application Load Balancer を作成するには

  1. Application Load Balancer を作成するには、create-load-balancer コマンドを使用します。異なるアベイラビリティーゾーンにある 2 つのサブネット、およびセキュリティグループを指定します。

    aws elbv2 create-load-balancer --name bluegreen-alb \ --subnets subnet-abcd1234 subnet-abcd5678 --security-groups sg-abcd1234 --region us-east-1

    出力には、次の形式でロードバランサーの Amazon リソースネーム (ARN) が含まれます。

    arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:loadbalancer/app/bluegreen-alb/e5ba62739c16e642
  2. ターゲットグループを作成するには、create-target-group コマンドを使用します。このターゲットグループは、サービスで設定されている元のタスクにトラフィックをルーティングします。

    aws elbv2 create-target-group --name bluegreentarget1 --protocol HTTP --port 80 \ --target-type ip --vpc-id vpc-abcd1234 --region us-east-1

    出力には、以下の形式でターゲットグループの ARN が含まれます。

    arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:targetgroup/bluegreentarget1/209a844cd01825a4
  3. ターゲットグループにリクエストを転送するデフォルトルールが関連付けられた、ロードバランサーのリスナーを作成するには、create-listener コマンドを使用します。

    aws elbv2 create-listener --load-balancer-arn arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:loadbalancer/app/bluegreen-alb/e5ba62739c16e642 \ --protocol HTTP --port 80 \ --default-actions Type=forward,TargetGroupArn=arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:targetgroup/bluegreentarget1/209a844cd01825a4 --region us-east-1

    出力には、以下の形式でリスナーの ARN が含まれます。

    arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:listener/app/bluegreen-alb/e5ba62739c16e642/665750bec1b03bd4

ステップ 2: Amazon ECS クラスターを作成する

使用する tutorial-bluegreen というクラスターを作成するには、create-cluster コマンドを使用します。

aws ecs create-cluster --cluster-name tutorial-bluegreen --region us-east-1

出力には、以下の形式でクラスターの ARN が含まれます。

arn:aws:ecs:region:aws_account_id:cluster/tutorial-bluegreen

ステップ 3: タスク定義を登録する

Fargate と互換性のあるタスク定義を登録するには、register-task-definition コマンドを使用します。これには、awsvpc ネットワークモードを使用する必要があります。このチュートリアルで使用するタスク定義の例を以下に示します。

まず、以下の内容で fargate-task.json というファイルを作成します。タスク実行ロールの ARN を使用していることを確認します。詳細については、「Amazon ECS タスク実行 IAM ロール」を参照してください。

{ "family": "tutorial-task-def", "networkMode": "awsvpc", "containerDefinitions": [ { "name": "sample-app", "image": "httpd:2.4", "portMappings": [ { "containerPort": 80, "hostPort": 80, "protocol": "tcp" } ], "essential": true, "entryPoint": [ "sh", "-c" ], "command": [ "/bin/sh -c \"echo '<html> <head> <title>Amazon ECS Sample App</title> <style>body {margin-top: 40px; background-color: #333;} </style> </head><body> <div style=color:white;text-align:center> <h1>Amazon ECS Sample App</h1> <h2>Congratulations!</h2> <p>Your application is now running on a container in Amazon ECS.</p> </div></body></html>' > /usr/local/apache2/htdocs/index.html && httpd-foreground\"" ] } ], "requiresCompatibilities": [ "FARGATE" ], "cpu": "256", "memory": "512", "executionRoleArn": "arn:aws:iam::aws_account_id:role/ecsTaskExecutionRole" }

次に、作成した fargate-task.json ファイルを使用して、タスク定義を登録します。

aws ecs register-task-definition --cli-input-json file://fargate-task.json --region us-east-1

ステップ 4: Amazon ECS サービスを作成する

サービスを作成するには、create-service コマンドを使用します。

まず、以下の内容で service-bluegreen.json というファイルを作成します。

{ "cluster": "tutorial-bluegreen", "serviceName": "service-bluegreen", "taskDefinition": "tutorial-task-def", "loadBalancers": [ { "targetGroupArn": "arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:targetgroup/bluegreentarget1/209a844cd01825a4", "containerName": "sample-app", "containerPort": 80 } ], "launchType": "FARGATE", "schedulingStrategy": "REPLICA", "deploymentController": { "type": "CODE_DEPLOY" }, "platformVersion": "LATEST", "networkConfiguration": { "awsvpcConfiguration": { "assignPublicIp": "ENABLED", "securityGroups": [ "sg-abcd1234" ], "subnets": [ "subnet-abcd1234", "subnet-abcd5678" ] } }, "desiredCount": 1 }

次に、作成した service-bluegreen.json ファイルを使用してサービスを作成します。

aws ecs create-service --cli-input-json file://service-bluegreen.json --region us-east-1

出力には、以下の形式でサービスの ARN が含まれます。

arn:aws:ecs:region:aws_account_id:service/service-bluegreen

ステップ 5: AWS CodeDeploy リソースを作成する

以下の手順を使用して、CodeDeploy アプリケーション、CodeDeploy デプロイグループ、CodeDeploy デプロイグループの Application Load Balancer ターゲットグループを作成します。

CodeDeploy リソースを作成するには

  1. CodeDeploy アプリケーションを作成するには、create-application コマンドを使用します。ECS コンピューティングプラットフォームを指定します。

    aws deploy create-application --application-name tutorial-bluegreen \ --compute-platform ECS --region us-east-1

    出力には、以下の形式でアプリケーションの ID が含まれます。

    {
        "applicationId": "b8e9c1ef-3048-424e-9174-885d7dc9dc11"
    }
  2. 2 番目の Application Load Balancer ターゲットグループを作成するには、create-target-group コマンドを使用します。このグループは、CodeDeploy デプロイグループの作成時に使用します。

    aws elbv2 create-target-group --name bluegreentarget2 --protocol HTTP --port 80 \ --target-type ip --vpc-id "vpc-0b6dd82c67d8012a1" --region us-east-1

    出力には、以下の形式でターゲットグループの ARN が含まれます。

    arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:targetgroup/bluegreentarget2/708d384187a3cfdc
  3. CodeDeploy デプロイグループを作成するには、create-deployment-group コマンドを使用します。

    まず、以下の内容で tutorial-deployment-group.json というファイルを作成します。この例では、作成したリソースを使用します。

    { "applicationName": "tutorial-bluegreen", "autoRollbackConfiguration": { "enabled": true, "events": [ "DEPLOYMENT_FAILURE" ] }, "blueGreenDeploymentConfiguration": { "deploymentReadyOption": { "actionOnTimeout": "CONTINUE_DEPLOYMENT", "waitTimeInMinutes": 0 }, "terminateBlueInstancesOnDeploymentSuccess": { "action": "TERMINATE", "terminationWaitTimeInMinutes": 5 } }, "deploymentGroupName": "tutorial-bluegreen-dg", "deploymentStyle": { "deploymentOption": "WITH_TRAFFIC_CONTROL", "deploymentType": "BLUE_GREEN" }, "loadBalancerInfo": { "targetGroupPairInfoList": [ { "targetGroups": [ { "name": "bluegreentarget1" }, { "name": "bluegreentarget2" } ], "prodTrafficRoute": { "listenerArns": [ "arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:listener/app/bluegreen-alb/e5ba62739c16e642/665750bec1b03bd4" ] } } ] }, "serviceRoleArn": "arn:aws:iam::aws_account_id:role/ecsCodeDeployRole", "ecsServices": [ { "serviceName": "service-bluegreen", "clusterName": "tutorial-bluegreen" } ] }

    次に、CodeDeploy デプロイグループを作成します。

    aws deploy create-deployment-group --cli-input-json file://tutorial-deployment-group.json --region us-east-1

    出力には、以下の形式でデプロイグループの ID が含まれます。

    {
        "deploymentGroupId": "6fd9bdc6-dc51-4af5-ba5a-0a4a72431c88"
    }

ステップ 5: CodeDeploy デプロイを作成およびモニタリングする

以下の手順を使用して、アプリケーション仕様ファイル (AppSpec ファイル) と CodeDeploy デプロイを作成してアップロードします。

CodeDeploy デプロイを作成してモニタリングするには

  1. 以下の手順を使用して、AppSpec ファイルを作成してアップロードします。

    1. CodeDeploy デプロイグループの内容で appspec.yaml というファイルを作成します。この例では、チュートリアルの前半で作成したリソースを使用します。

      version: 0.0 Resources: - TargetService: Type: AWS::ECS::Service Properties: TaskDefinition: "arn:aws:ecs:region:aws_account_id:task-definition/first-run-task-definition:7" LoadBalancerInfo: ContainerName: "sample-app" ContainerPort: 80 PlatformVersion: "LATEST"
    2. AppSpec ファイルの Amazon S3 バケットを作成するには、s3 mb コマンドを使用します。

      aws s3 mb s3://tutorial-bluegreen
    3. AppSpec ファイルを Amazon S3 バケットにアップロードするには、s3 cp コマンドを使用します。

      aws s3 cp ./AppSpec.yaml s3://tutorial-bluegreen/appspec.yaml
  2. 以下の手順を使用して、CodeDeploy デプロイを作成します。

    1. CodeDeploy デプロイグループの内容で create-deployment.json というファイルを作成します。この例では、チュートリアルの前半で作成したリソースを使用します。

      { "applicationName": "tutorial-bluegreen", "deploymentGroupName": "tutorial-bluegreen-dg", "revision": { "revisionType": "S3", "s3Location": { "bucket": "tutorial-bluegreen", "key": "appspec.yaml", "bundleType": "YAML" } } }
    2. デプロイを作成するには、create-deployment コマンドを使用します。

      aws deploy create-deployment --cli-input-json file://create-deployment.json --region us-east-1

      出力には、以下の形式でデプロイの ID が含まれます。

      {
          "deploymentId": "d-RPCR1U3TW"
      }
    3. デプロイの詳細を取得するには、get-deployment-target コマンドで、前の出力からの deploymentId を指定します。

      aws deploy get-deployment-target --deployment-id "d-IMJU3A8TW" --target-id tutorial-bluegreen:service-bluegreen --region us-east-1

      以下の出力に示しているように、ステータスが Succeeded になるまで、デプロイの詳細が取得され続けます。

      {
          "deploymentTarget": {
              "deploymentTargetType": "ECSTarget",
              "ecsTarget": {
                  "deploymentId": "d-RPCR1U3TW",
                  "targetId": "tutorial-bluegreen:service-bluegreen",
                  "targetArn": "arn:aws:ecs:region:aws_account_id:service/service-bluegreen",
                  "lastUpdatedAt": 1543431490.226,
                  "lifecycleEvents": [
                      {
                          "lifecycleEventName": "BeforeInstall",
                          "startTime": 1543431361.022,
                          "endTime": 1543431361.433,
                          "status": "Succeeded"
                      },
                      {
                          "lifecycleEventName": "Install",
                          "startTime": 1543431361.678,
                          "endTime": 1543431485.275,
                          "status": "Succeeded"
                      },
                      {
                          "lifecycleEventName": "AfterInstall",
                          "startTime": 1543431485.52,
                          "endTime": 1543431486.033,
                          "status": "Succeeded"
                      },
                      {
                          "lifecycleEventName": "BeforeAllowTraffic",
                          "startTime": 1543431486.838,
                          "endTime": 1543431487.483,
                          "status": "Succeeded"
                      },
                      {
                          "lifecycleEventName": "AllowTraffic",
                          "startTime": 1543431487.748,
                          "endTime": 1543431488.488,
                          "status": "Succeeded"
                      },
                      {
                          "lifecycleEventName": "AfterAllowTraffic",
                          "startTime": 1543431489.152,
                          "endTime": 1543431489.885,
                          "status": "Succeeded"
                      }
                  ],
                  "status": "Succeeded",
                  "taskSetsInfo": [
                      {
                          "identifer": "ecs-svc/9223370493425779968",
                          "desiredCount": 1,
                          "pendingCount": 0,
                          "runningCount": 1,
                          "status": "ACTIVE",
                          "trafficWeight": 0.0,
                          "targetGroup": {
                              "name": "bluegreentarget1"
                          }
                      },
                      {
                          "identifer": "ecs-svc/9223370493423413672",
                          "desiredCount": 1,
                          "pendingCount": 0,
                          "runningCount": 1,
                          "status": "PRIMARY",
                          "trafficWeight": 100.0,
                          "targetGroup": {
                              "name": "bluegreentarget2"
                          }
                      }
                  ]
              }
          }
      }

ステップ 6: クリーンアップ

このチュートリアルが終了したら、使用していないリソースに対する料金が発生しないように、チュートリアルに関連付けられたリソースをクリーンアップします。

チュートリアルに関連付けられたリソースのクリーンアップ

  1. CodeDeploy デプロイグループを削除するには、delete-deployment-group コマンドを使用します。

    aws deploy delete-deployment-group --application-name tutorial-bluegreen --deployment-group-name tutorial-bluegreen-dg --region us-east-1
  2. CodeDeploy アプリケーションを削除するには、delete-application コマンドを使用します。

    aws deploy delete-application --application-name tutorial-bluegreen --region us-east-1
  3. Amazon ECS サービスを削除するには、delete-service コマンドを使用します。--force フラグを使用すると、タスクがゼロになっていなくてもサービスを削除できます。

    aws ecs delete-service --service arn:aws:ecs:region:aws_account_id:service/service-bluegreen --force --region us-east-1
  4. Amazon ECS クラスターを削除するには、delete-cluster コマンドを使用します。

    aws ecs delete-cluster --cluster tutorial-bluegreen --region us-east-1
  5. AppSpec ファイルを Amazon S3 バケットから削除するには、s3 rm コマンドを使用します。

    aws s3 rm s3://tutorial-bluegreen/appspec.yaml
  6. Amazon S3 バケットを削除するには、s3 rb コマンドを使用します。

    aws s3 rb s3://tutorial-bluegreen
  7. Application Load Balancer を削除するには、delete-load-balancer コマンドを使用します。

    aws elbv2 delete-load-balancer --load-balancer-arn arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:loadbalancer/app/bluegreen-alb/e5ba62739c16e642 --region us-east-1
  8. 2 つの Application Load Balancer ターゲットグループを削除するには、delete-target-group コマンドを使用します。

    aws elbv2 delete-target-group --target-group-arn arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:targetgroup/bluegreentarget1/209a844cd01825a4 --region us-east-1
    aws elbv2 delete-target-group --target-group-arn arn:aws:elasticloadbalancing:region:aws_account_id:targetgroup/bluegreentarget2/708d384187a3cfdc --region us-east-1