Amazon ECS に最適化された AMI - Amazon Elastic Container Service

Amazon ECS に最適化された AMI

Amazon ECS に最適化された AMI には、Amazon ECS ワークロードの実行に必要なコンポーネントがあらかじめ設定されています。Amazon ECSで一元化されたワークロードを実行するために必要な基本的な仕様を満たす独自のコンテナインスタンス AMI を作成することはできますが、Amazon ECS に最適化された AMI は事前設定され、AWS エンジニアにより Amazon ECS でテストされています。これは最も簡単に開始できる方法であり、AWS でコンピューティングリソースをすばやく実行できます。

Amazon ECS に最適化された AMI メタデータ (各バリアントの AMI 名、Amazon ECS コンテナエージェントバージョン、Docker バージョンを含む Amazon ECS ランタイムバージョンなど) は、プログラムで取得できます。詳細については、「Amazon ECS に最適化された AMI メタデータを取得する」を参照してください。

Amazon ECS に最適化された AMI バリアント

Amazon EC2 インスタンスでは、Amazon ECS に最適化された AMI の次の Windows Server バリアントを使用できます。詳細については、「Amazon EC2 Windows コンテナ」を参照してください。

  • Amazon ECS に最適化された Windows Server 2022 Full AMI

  • Amazon ECS に最適化された Windows Server 2022 Core AMI

  • Amazon ECS に最適化された Windows Server 2019 Full AMI

  • Amazon ECS に最適化された Windows Server 2019 Core AMI

  • Amazon ECS に最適化された Windows Server 2004 Core AMI

    重要

    2021 年 12 月 14 日、Amazon ECS に最適化された Windows Server 2004 Core AMI はサポートを終了しました。この AMI の新しいバージョンはリリースされません。詳細については、「Windows Server のリリース情報」を参照してください。

  • Amazon ECS に最適化された Windows Server 20H2 Core AMI

  • Amazon ECS に最適化された Windows Server 2016 Full AMI

Windows Server 2022、Windows Server 2019 および Windows Server 2016 は、長期サービスチャネル (LTSC) リリースです。Windows Server 20H2 は、半期チャネル (SAC) リリースです。詳細については、「Windows Server のリリース情報」を参照してください。

以下に、Amazon ECS に最適化された AMI の Windows の各バリアントの AMI ID を取得する方法の詳細を示します。Windows AMI Amazon SNS トピックをサブスクライブして、新しい AMI がリリースされたとき、または AMI バージョンがプライベートとしてマークされたときに通知を受け取ることができます。詳細については、「Amazon ECS に最適化された AMI の更新の通知をサブスクライブする」を参照してください。

重要

お客様がデフォルトで最新のセキュリティ更新を受けられるように、Amazon ECS は Windows ECS に最適化された AMI を 3 つ以上維持しています。Amazon ECS は、新しい Windows Amazon ECS に最適化された AMI をリリースした後、古いプライベートである Windows Amazon ECS に最適化された AMI を作成します。アクセスが必要なプライベート AMI がある場合は、クラウドSupport のチケットを提出してください。

現在の Amazon ECS に最適化された Windows サーバー 2022 Full AMI は、AWS CLI の次のコマンドで取得できます。

aws ssm get-parameters --names /aws/service/ami-windows-latest/Windows_Server-2022-English-Full-ECS_Optimized

次の表は、現在の Amazon ECS に最適化された Windows Server 2022 Full AMI ID をリージョン別に取得するためのリンクです。

リージョン名

リージョン

AMI ID

米国東部 (オハイオ)

us-east-2

AMI ID を表示

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1

AMI ID を表示

米国西部 (北カリフォルニア)

us-west-1

AMI ID を表示

米国西部 (オレゴン)

us-west-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (香港)

ap-east-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (東京)

ap-northeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ソウル)

ap-northeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ムンバイ)

ap-south-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シンガポール)

ap-southeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シドニー)

ap-southeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ジャカルタ)

ap-southeast-3

AMI ID を表示

カナダ (中部)

ca-central-1

AMI ID を表示

欧州 (フランクフルト)

eu-central-1

AMI ID を表示

ヨーロッパ (ストックホルム)

eu-north-1

AMI ID を表示

欧州 (アイルランド)

eu-west-1

AMI ID を表示

欧州 (ロンドン)

eu-west-2

AMI ID を表示

欧州 (パリ)

eu-west-3

AMI ID を表示

中東 (バーレーン)

me-south-1

AMI ID を表示

南米 (サンパウロ)

sa-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国東部)

us-gov-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国西部)

us-gov-west-1

AMI ID を表示

中国 (北京)

cn-north-1

AMI ID を表示

中国 (寧夏)

cn-northwest-1

AMI ID を表示

Windows Server 2022 Full の現在のバージョンと以前のバージョン、およびそれらに対応するバージョンの Amazon ECS コンテナエージェントと Docker の完全なリストについては、「Amazon ECS に最適化された Windows AMI バージョン」を参照してください。

現在の Amazon ECS に最適化された Windows Server 2022 Core AMI は、AWS CLI の次のコマンドで取得できます。

aws ssm get-parameters --names /aws/service/ami-windows-latest/Windows_Server-2022-English-Core-ECS_Optimized

次の表は、現在の Amazon ECS に最適化された Windows Server 2022 Core AMI ID をリージョン別に取得するためのリンクです。

リージョン名

リージョン

AMI ID

米国東部 (オハイオ)

us-east-2

AMI ID を表示

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1

AMI ID を表示

米国西部 (北カリフォルニア)

us-west-1

AMI ID を表示

米国西部 (オレゴン)

us-west-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (香港)

ap-east-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (東京)

ap-northeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ソウル)

ap-northeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ムンバイ)

ap-south-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シンガポール)

ap-southeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シドニー)

ap-southeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ジャカルタ)

ap-southeast-3

AMI ID を表示

カナダ (中部)

ca-central-1

AMI ID を表示

欧州 (フランクフルト)

eu-central-1

AMI ID を表示

ヨーロッパ (ストックホルム)

eu-north-1

AMI ID を表示

欧州 (アイルランド)

eu-west-1

AMI ID を表示

欧州 (ロンドン)

eu-west-2

AMI ID を表示

欧州 (パリ)

eu-west-3

AMI ID を表示

中東 (バーレーン)

me-south-1

AMI ID を表示

南米 (サンパウロ)

sa-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国東部)

us-gov-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国西部)

us-gov-west-1

AMI ID を表示

中国 (北京)

cn-north-1

AMI ID を表示

中国 (寧夏)

cn-northwest-1

AMI ID を表示

Windows Server 2022 Core の現在のバージョンと以前のバージョン、およびそれらに対応するバージョンの Amazon ECS コンテナエージェントと Docker の完全なリストについては、「Amazon ECS に最適化された Windows AMI バージョン」を参照してください。

現在の Amazon ECS に最適化された Windows サーバー 2019 Full AMI は、AWS CLI の次のコマンドで取得できます。

aws ssm get-parameters --names /aws/service/ami-windows-latest/Windows_Server-2019-English-Full-ECS_Optimized

次の表は、現在の Amazon ECS に最適化された Windows Server 2019 Full AMI ID をリージョン別に取得するためのリンクです。

リージョン名

リージョン

AMI ID

米国東部 (オハイオ)

us-east-2

AMI ID を表示

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1

AMI ID を表示

米国西部 (北カリフォルニア)

us-west-1

AMI ID を表示

米国西部 (オレゴン)

us-west-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (香港)

ap-east-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (東京)

ap-northeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ソウル)

ap-northeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ムンバイ)

ap-south-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シンガポール)

ap-southeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シドニー)

ap-southeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ジャカルタ)

ap-southeast-3

AMI ID を表示

カナダ (中部)

ca-central-1

AMI ID を表示

欧州 (フランクフルト)

eu-central-1

AMI ID を表示

ヨーロッパ (ストックホルム)

eu-north-1

AMI ID を表示

欧州 (アイルランド)

eu-west-1

AMI ID を表示

欧州 (ロンドン)

eu-west-2

AMI ID を表示

欧州 (パリ)

eu-west-3

AMI ID を表示

中東 (バーレーン)

me-south-1

AMI ID を表示

南米 (サンパウロ)

sa-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国東部)

us-gov-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国西部)

us-gov-west-1

AMI ID を表示

中国 (北京)

cn-north-1

AMI ID を表示

中国 (寧夏)

cn-northwest-1

AMI ID を表示

Windows Server 2019 Full の現在のバージョンと以前のバージョン、およびそれらに対応するバージョンの Amazon ECS コンテナエージェントと Docker の完全なリストについては、「Amazon ECS に最適化された Windows AMI バージョン」を参照してください。

現在の Amazon ECS に最適化された Windows Server 2019 Core AMI は、AWS CLI の次のコマンドで取得できます。

aws ssm get-parameters --names /aws/service/ami-windows-latest/Windows_Server-2019-English-Core-ECS_Optimized

次の表は、現在の Amazon ECS に最適化された Windows Server 2019 Core AMI ID をリージョン別に取得するためのリンクです。

リージョン名

リージョン

AMI ID

米国東部 (オハイオ)

us-east-2

AMI ID を表示

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1

AMI ID を表示

米国西部 (北カリフォルニア)

us-west-1

AMI ID を表示

米国西部 (オレゴン)

us-west-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (香港)

ap-east-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (東京)

ap-northeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ソウル)

ap-northeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ムンバイ)

ap-south-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シンガポール)

ap-southeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シドニー)

ap-southeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ジャカルタ)

ap-southeast-3

AMI ID を表示

カナダ (中部)

ca-central-1

AMI ID を表示

欧州 (フランクフルト)

eu-central-1

AMI ID を表示

ヨーロッパ (ストックホルム)

eu-north-1

AMI ID を表示

欧州 (アイルランド)

eu-west-1

AMI ID を表示

欧州 (ロンドン)

eu-west-2

AMI ID を表示

欧州 (パリ)

eu-west-3

AMI ID を表示

中東 (バーレーン)

me-south-1

AMI ID を表示

南米 (サンパウロ)

sa-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国東部)

us-gov-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国西部)

us-gov-west-1

AMI ID を表示

中国 (北京)

cn-north-1

AMI ID を表示

中国 (寧夏)

cn-northwest-1

AMI ID を表示

Windows Server 2019 Core の現在のバージョンと以前のバージョン、およびそれらに対応するバージョンの Amazon ECS コンテナエージェントと Docker の完全なリストについては、「Amazon ECS に最適化された Windows AMI バージョン」を参照してください。

現在の Amazon ECS に最適化された Windows Server 20H2 Core AMI は、AWS CLI の次のコマンドで取得できます。

aws ssm get-parameters --names /aws/service/ami-windows-latest/Windows_Server-20H2-English-Core-ECS_Optimized

次の表は、現在の Amazon ECS に最適化された Windows Server 20H2 Core AMI ID をリージョン別に取得するためのリンクです。

リージョン名

リージョン

AMI ID

米国東部 (オハイオ)

us-east-2

AMI ID を表示

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1

AMI ID を表示

米国西部 (北カリフォルニア)

us-west-1

AMI ID を表示

米国西部 (オレゴン)

us-west-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (香港)

ap-east-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (東京)

ap-northeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ソウル)

ap-northeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ムンバイ)

ap-south-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シンガポール)

ap-southeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シドニー)

ap-southeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ジャカルタ)

ap-southeast-3

AMI ID を表示

カナダ (中部)

ca-central-1

AMI ID を表示

欧州 (フランクフルト)

eu-central-1

AMI ID を表示

ヨーロッパ (ストックホルム)

eu-north-1

AMI ID を表示

欧州 (アイルランド)

eu-west-1

AMI ID を表示

欧州 (ロンドン)

eu-west-2

AMI ID を表示

欧州 (パリ)

eu-west-3

AMI ID を表示

中東 (バーレーン)

me-south-1

AMI ID を表示

南米 (サンパウロ)

sa-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国東部)

us-gov-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国西部)

us-gov-west-1

AMI ID を表示

中国 (北京)

cn-north-1

AMI ID を表示

中国 (寧夏)

cn-northwest-1

AMI ID を表示

Windows Server 20H2 Core の現在のバージョンと以前のバージョン、およびそれらに対応するバージョンの Amazon ECS コンテナエージェントと Docker の完全なリストについては、「Amazon ECS に最適化された Windows AMI バージョン」を参照してください。

現在の Amazon ECS に最適化された Windows Server 2016 Full AMI は、AWS CLI の次のコマンドで取得できます。

aws ssm get-parameters --names /aws/service/ami-windows-latest/Windows_Server-2016-English-Full-ECS_Optimized

次の表は、現在の Amazon ECS に最適化された Windows Server 2016 Full AMI ID をリージョン別に取得するためのリンクです。

リージョン名

リージョン

AMI ID

米国東部 (オハイオ)

us-east-2

AMI ID を表示

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1

AMI ID を表示

米国西部 (北カリフォルニア)

us-west-1

AMI ID を表示

米国西部 (オレゴン)

us-west-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (香港)

ap-east-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (東京)

ap-northeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ソウル)

ap-northeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ムンバイ)

ap-south-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シンガポール)

ap-southeast-1

AMI ID を表示

アジアパシフィック (シドニー)

ap-southeast-2

AMI ID を表示

アジアパシフィック (ジャカルタ)

ap-southeast-3

AMI ID を表示

カナダ (中部)

ca-central-1

AMI ID を表示

欧州 (フランクフルト)

eu-central-1

AMI ID を表示

ヨーロッパ (ストックホルム)

eu-north-1

AMI ID を表示

欧州 (アイルランド)

eu-west-1

AMI ID を表示

欧州 (ロンドン)

eu-west-2

AMI ID を表示

欧州 (パリ)

eu-west-3

AMI ID を表示

中東 (バーレーン)

me-south-1

AMI ID を表示

南米 (サンパウロ)

sa-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国東部)

us-gov-east-1

AMI ID を表示

AWS GovCloud (米国西部)

us-gov-west-1

AMI ID を表示

中国 (北京)

cn-north-1

AMI ID を表示

中国 (寧夏)

cn-northwest-1

AMI ID を表示

Amazon ECS に最適化された Windows Server 2016 Full AMI の現在のバージョンと以前のバージョン、およびそれらに対応するバージョンの Amazon ECS コンテナエージェントと Docker の完全なリストについては、「Amazon ECS に最適化された Windows AMI バージョン」を参照してください。