Amazon ECS タスクロール - Amazon Elastic Container Service

Amazon ECS タスクロール

Amazon ECS タスクには IAM ロールを関連付けることができます。IAM ロールで付与される許可は、タスクで実行されているコンテナによって引き受けられます。このロールにより、(コンテナ上の) アプリケーションコードが他の AWS サービスを使用できるようになります。タスクロールは、アプリケーションが Amazon S3 などの他の AWS サービスにアクセスするときに必要です。Amazon ECS がコンテナイメージをプルしてタスクを実行するために必要な IAM 許可については、「Amazon ECS タスク実行IAM ロール」を参照してください。

タスクロールを使用する利点は次のとおりです。

  • 認証情報の分離: コンテナは、コンテナが属するタスク定義で定義された IAM ロールの認証情報のみを取得できます。コンテナは、別のタスクに属する別のコンテナを対象にした認証情報にアクセスすることはありません。

  • 許可: 許可のないコンテナは別のタスク用に定義されている IAM ロール認証情報にアクセスできません。

  • 監査: CloudTrail にアクセスしイベントのログ記録を利用することで、遡及的な監査を確実に行えます。タスクの認証情報には、セッションにアタッチされている taskArn のコンテキストがあるため、CloudTrail ログではどのタスクがどのロールを使用しているかを表示できます。

注記

タスク用の IAM ロールを指定すると、そのタスクのコンテナ内の AWS CLI または他の SDK は、タスクロールによって提供された AWS 認証情報を排他的に使用し、Amazon EC2 または外部インスタンスで実行されていて、それらから IAM 許可を継承しなくなります。

IAM ポリシーとロールを作成する

タスクで使用する IAM ポリシーを作成するときは、そのポリシーはタスクのコンテナが引き受けるタスクの許可を含める必要があります。既存の AWS マネージドポリシーを使用することも、特定のニーズを満たすカスタムポリシーを最初から作成することもできます。詳細については、『IAM ユーザーガイド』の「IAM ポリシーの作成」を参照してください。

重要

Amazon ECS タスク (すべての起動タイプ) では、タスクに IAM ポリシーとロールを使用することをお勧めします。これらの認証情報により、タスクは sts:AssumeRole を呼び出してタスクに既に関連付けられているのと同じロールを引き受けることなく、AWS API リクエストを行うことができます。タスクでロールがそれ自体を引き受けることが必要な場合、そのロールがそれ自体を引き受けることを明示的に許可する信頼ポリシーを作成する必要があります。詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「Modifying a role trust policy」(ロールの信頼ポリシーの変更) を参照してください。

IAM ポリシーを作成した後、Amazon ECS タスク定義で参照するポリシーを含む IAM ロールを作成できます。IAM コンソールで [Elastic Container Service Task] (Elastic Container Service タスク) ユースケースを使用してロールを作成できます。その後、タスクのコンテナに必要なアクセス許可を付与するロールに特定の IAM ポリシーをアタッチできます。次の手順では、これを行う方法について説明します。

IAM のアクセス許可を必要とする複数のタスク定義またはサービスがある場合は、各タスクに提供するアクセスを最小限に抑えるために、タスクを操作するために必要な最小限のアクセス許可で特定のタスク定義またはサービスごとにロールを作成することを検討してください。

リージョンのサービスエンドポイントの詳細については、Amazon Web Services 全般のリファレンス ガイドの「サービスエンドポイント」を参照してください。

IAM タスクロールは、ecs-tasks.amazonaws.com サービスを特定する信頼ポリシーが必要です。sts:AssumeRole 許可は、Amazon EC2 インスタンスが使用するロールとは異なる IAM ロールをタスクに引き受けられるようにします。これにより、タスクは Amazon EC2 インスタンスに関連付けられたロールを継承しません。以下に示しているのは、信頼ポリシーの例です。リージョン識別子を置き換えて、タスク起動時に使用する AWS アカウント番号を特定します。

{ "Version":"2012-10-17", "Statement":[ { "Effect":"Allow", "Principal":{ "Service":[ "ecs-tasks.amazonaws.com" ] }, "Action":"sts:AssumeRole", "Condition":{ "ArnLike":{ "aws:SourceArn":"arn:aws:ecs:us-west-2:111122223333:*" }, "StringEquals":{ "aws:SourceAccount":"111122223333" } } } ] }
重要

タスク IAM ロールを作成するときは、信頼関係またはロールに関連付けられた IAM ポリシーで aws:SourceAccount または aws:SourceArn のいずれかの条件キーを使用してアクセス許可のスコープを詳細にし、複雑な副セキュリティ問題を防止します。特定のクラスターを指定する aws:SourceArn 条件キーの使用は現在サポートされていません。ワイルドカードを使用してすべてのクラスターを指定する必要があります。混乱した代理の問題と、お客様の AWS アカウントの保護方法の詳細について学ぶためには、[The confused deputy problem] (IAM ユーザーガイド) の[IAM User Guide] (混乱した代理の問題) を参照してください。

以下の手順では、Amazon S3 からオブジェクトを取得するポリシーを作成する方法を、ポリシー例とともに説明します。すべてのユーザー入力を自分の値に置き換えてください。

AWS Management Console
JSON ポリシーエディタでポリシーを作成するには
  1. AWS Management Console にサインインして、IAM コンソール (https://console.aws.amazon.com/iam/) を開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[ポリシー] を選択します。

    初めて [ポリシー] を選択する場合には、[管理ポリシーにようこそ] ページが表示されます。[今すぐ始める] を選択します。

  3. ページの上部で、[ポリシーを作成] を選択します。

  4. [ポリシーエディタ] セクションで、[JSON] オプションを選択します。

  5. 次の JSON ポリシードキュメントを入力します。

    { "Version":"2012-10-17", "Statement":[ { "Effect":"Allow", "Action":[ "s3:GetObject" ], "Resource":[ "arn:aws:s3:::my-task-secrets-bucket/*" ], "Condition":{ "ArnLike":{ "aws:SourceArn":"arn:aws:ecs:region:123456789012:*" }, "StringEquals":{ "aws:SourceAccount":"123456789012" } } } ] }
  6. [次へ] をクリックします。

    注記

    いつでも [Visual] と [JSON] エディタオプションを切り替えることができます。ただし、[Visual] エディタで [] に変更または選択した場合、IAM はポリシーを再構成して visual エディタに合わせて最適化することがあります。詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「ポリシーの再構成」を参照してください。

  7. [確認と作成] ページで、作成するポリシーの [ポリシー名][説明] (オプション) を入力します。[このポリシーで定義されているアクセス許可] を確認して、ポリシーによって付与されたアクセス許可を確認します。

  8. [ポリシーの作成] をクリックして、新しいポリシーを保存します。

AWS CLI

すべてのユーザー入力を自分の値に置き換えてください。

  1. s3-policy.json というファイルを次の内容で作成します。

    { "Version":"2012-10-17", "Statement":[ { "Effect":"Allow", "Action":[ "s3:GetObject" ], "Resource":[ "arn:aws:s3:::my-task-secrets-bucket/*" ], "Condition":{ "ArnLike":{ "aws:SourceArn":"arn:aws:ecs:region:123456789012:*" }, "StringEquals":{ "aws:SourceAccount":"123456789012" } } } ] }
  2. JSON ポリシードキュメントファイルを使用して IAM ポリシーを作成するには、次のコマンドを使用します。

    aws iam create-policy \ --policy-name taskRolePolicy \ --policy-document file://s3-policy.json

以下の手順では、作成した IAM ポリシーをアタッチすることでタスクの IAM ロール を作成する方法を示しています。

AWS Management Console
Elastic Container Service のサービスロールを作成するには (IAM コンソール)
  1. AWS Management Console にサインインして、IAM コンソール (https://console.aws.amazon.com/iam/) を開きます。

  2. IAM コンソールのナビゲーションペインで、[ロール]、[ロールを作成] を選択します。

  3. 信頼できるエンティティタイプ で、AWS のサービス を選択します。

  4. [サービスまたはユースケース][エラスティックコンテナサービス] を選択し、次に [エラスティックコンテナのサービスタスク] を選択します。

  5. [Next] を選択します。

  6. [アクセス許可の追加] で、作成したポリシーを検索し、選択します。

  7. [Next] を選択します。

  8. ロール名 に、ロールの名前を入力します。この例では、AmazonECSTaskS3BucketRole と入力してロールに名前を付けます。

  9. ロールを確認したら、[Create role] (ロールを作成) を選択します。

AWS CLI

すべてのユーザー入力を自分の値に置き換えてください。

  1. タスク IAM ロールに使用する信頼ポリシーが含まれている ecs-tasks-trust-policy.json という名前のファイルを作成します。ファイルには次の内容が含まれます。リージョン識別子を置き換えて、タスク起動時に使用する AWS アカウント番号を特定します。

    { "Version":"2012-10-17", "Statement":[ { "Effect":"Allow", "Principal":{ "Service":[ "ecs-tasks.amazonaws.com" ] }, "Action":"sts:AssumeRole", "Condition":{ "ArnLike":{ "aws:SourceArn":"arn:aws:ecs:us-west-2:111122223333:*" }, "StringEquals":{ "aws:SourceAccount":"111122223333" } } } ] }
  2. 前のステップで作成した信頼ポリシーを使用した ecsTaskRole という名前の IAM ロールを作成します。

    aws iam create-role \ --role-name ecsTaskRole \ --assume-role-policy-document file://ecs-tasks-trust-policy.json
  3. 次のコマンドを使用して、作成した IAM ポリシーの ARN を取得します。taskRolePolicy は、作成したポリシーの名前に置き換えます。

    aws iam list-policies --scope Local --query 'Policies[?PolicyName==`taskRolePolicy`].Arn'
  4. 作成した IAM ポリシーを、ecsTaskRole ロールにアタッチします。policy-arn を、作成したポリシーの ARN に置き換えます。

    aws iam attach-role-policy \ --role-name ecsTaskRole \ --policy-arn arn:aws:iam:111122223333:aws:policy/taskRolePolicy

ECS Exec に必要なアクセス許可

ECS Exec 機能には、マネージド型 SSM エージェント (execute-command エージェント) と SSM サービス間の通信に必要なアクセス許可をコンテナに付与するためのタスク IAM ロールが必要です。次のアクセス許可をタスク IAM ロールに追加し、タスク定義にタスク IAM ロールを含める必要があります。詳細については、IAM ユーザーガイドIAM ポリシーの追加と削除を参照してください。

タスク IAM ロールに次のポリシーを使用して、必要な SSM アクセス許可を追加します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "ssmmessages:CreateControlChannel", "ssmmessages:CreateDataChannel", "ssmmessages:OpenControlChannel", "ssmmessages:OpenDataChannel" ], "Resource": "*" } ] }

Amazon EC2 インスタンスの追加設定

コンテナインスタンスのロールの許可は、以下に提供されるマネージド型 AmazonEC2ContainerServiceforEC2Role IAM ポリシーの許可のミニマリストに制限することをお勧めします。

Amazon EC2 インスタンスは、タスクのロールを使用するために、コンテナエージェントのバージョン 1.11.0 以上が必要です。ただし、最新のコンテナエージェントのバージョンを使用することをお勧めします。エージェントのバージョンの確認と最新バージョンへの更新については、「Amazon ECS コンテナエージェントをアップデートする」を参照してください。Amazon ECS に最適化された AMI を使用している場合、インスタンスには、ecs-init パッケージの 1.11.0-1 以降が必要です。インスタンスが最新 Amazon ECS に最適化された AMI を使用している場合、コンテナエージェントおよび ecs-init の必要なバージョンが含まれます。詳細については、「Amazon ECS に最適化された AMI」を参照してください。

コンテナインスタンスで Amazon ECS に最適化された AMI を使用していない場合、エージェントを開始する --net=host コマンドと、目的の設定に次のエージェント設定変数に docker run オプションを追加してください (詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントの設定」を参照してください)。

ECS_ENABLE_TASK_IAM_ROLE=true

bridge および default のネットワークモードに設定されたコンテナのタスク用の、IAM ロールを使用します。

ECS_ENABLE_TASK_IAM_ROLE_NETWORK_HOST=true

host ネットワークモードに設定されたコンテナのタスク用の、IAM ロールを使用します。この変数はエージェントバージョン 1.12.0 以降でのみサポートされています。

実行コマンドの例の詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントの手動更新(Amazon ECS 最適化以外の AMI の場合)」を参照してください。また、タスクのコンテナが AWS 認証情報を取得できるよう、次のネットワーキングコマンドをコンテナインスタンスで設定する必要があります。

sudo sysctl -w net.ipv4.conf.all.route_localnet=1 sudo iptables -t nat -A PREROUTING -p tcp -d 169.254.170.2 --dport 80 -j DNAT --to-destination 127.0.0.1:51679 sudo iptables -t nat -A OUTPUT -d 169.254.170.2 -p tcp -m tcp --dport 80 -j REDIRECT --to-ports 51679

再起動後も有効にするには、コンテナインスタンスにこれらの iptables ルールを保存する必要があります。iptables-save および iptables-restore コマンドを使用して、iptables ルールを保存し、起動時にそのルールを復元します。詳細については、特定のオペレーティングシステムのドキュメントを参照してください。

awsvpc ネットワークモードを使用するタスクで実行されたコンテナが、Amazon EC2 のインスタンスプロファイルに入力されている認証情報にアクセスを防止するためには (タスクロールで指定されている許可は有効)、エージェントの設定 ファイルで ECS_AWSVPC_BLOCK_IMDS エージェント 設定変数を true に設定し、そのエージェントを再起動します。詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントの設定」を参照してください。

bridge ネットワークモードを使用するタスクで実行されたコンテナが、Amazon EC2 のインスタンスプロファイルに入力されている認証情報にアクセスを防止するためには (タスクロールで指定されている許可は有効)、Amazon EC2 インスタンスで次の iptables コマンドを実行します。このコマンドは、host または awsvpc ネットワークモードを使用するタスク内のコンテナに影響を与えることはありません。詳細については、「ネットワークモード」を参照してください。

  • sudo yum install -y iptables-services; sudo iptables --insert DOCKER-USER 1 --in-interface docker+ --destination 169.254.169.254/32 --jump DROP

    再起動後も有効にするには、Amazon EC2 インスタンスでこの iptables ルールを保存する必要があります。Amazon ECS に最適化された AMI を使用する場合は、次のコマンドを使用します。他のオペレーティングシステムの場合、そのオペレーティングシステムのドキュメントを参照してください。

    sudo iptables-save | sudo tee /etc/sysconfig/iptables && sudo systemctl enable --now iptables

外部インスタンスの追加設定

外部インスタンスは、タスクの IAM ロールを使用にするために、コンテナエージェントのバージョン 1.11.0 以上が必要ですが、最新のコンテナエージェントのバージョンを使用することをお勧めします。エージェントのバージョンの確認と最新バージョンへの更新については、「Amazon ECS コンテナエージェントをアップデートする」を参照してください。Amazon ECS に最適化された AMI を使用している場合、インスタンスは、1.11.0-1 パッケージの ecs-init バージョン以降が必要です。インスタンスが最新 Amazon ECS に最適化された AMI を使用している場合、コンテナエージェントおよび ecs-init の必要なバージョンが含まれます。詳細については、「Amazon ECS に最適化された AMI」を参照してください。

コンテナインスタンスで Amazon ECS に最適化された AMI を使用していない場合、エージェントを開始する --net=host コマンドと、目的の設定に次のエージェント設定変数に docker run オプションを追加してください (詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントの設定」を参照してください)。

ECS_ENABLE_TASK_IAM_ROLE=true

bridge および default のネットワークモードに設定されたコンテナのタスク用の、IAM ロールを使用します。

ECS_ENABLE_TASK_IAM_ROLE_NETWORK_HOST=true

host ネットワークモードに設定されたコンテナのタスク用の、IAM ロールを使用します。この変数はエージェントバージョン 1.12.0 以降でのみサポートされています。

実行コマンドの例の詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントの手動更新(Amazon ECS 最適化以外の AMI の場合)」を参照してください。また、タスクのコンテナが AWS 認証情報を取得できるよう、次のネットワーキングコマンドをコンテナインスタンスで設定する必要があります。

sudo sysctl -w net.ipv4.conf.all.route_localnet=1 sudo iptables -t nat -A PREROUTING -p tcp -d 169.254.170.2 --dport 80 -j DNAT --to-destination 127.0.0.1:51679 sudo iptables -t nat -A OUTPUT -d 169.254.170.2 -p tcp -m tcp --dport 80 -j REDIRECT --to-ports 51679

再起動後も有効にするには、コンテナインスタンスにこれらの iptables ルールを保存する必要があります。iptables-save および iptables-restore コマンドを使用して、iptables ルールを保存し、起動時にそのルールを復元します。詳細については、特定のオペレーティングシステムのドキュメントを参照してください。