Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

ノードの管理

ノードとは、Amazon ElastiCache のデプロイにおける最小の構成要素です。これは、安全なネットワークに接続された RAM の固定サイズの断片です。各ノードは、クラスターまたはレプリケーショングループの作成時または最終変更時に選択されたエンジンを実行します。各ノードはそれぞれ Domain Name Service (DNS) 名とポートを持っています。複数のタイプの ElastiCache ノードがサポートされており、関連付けられたメモリ量と計算能力がそれぞれ異なります。

一般に、シャーディングがサポートされているため、Redis (クラスターモードが有効) のデプロイでは、クラスター内に多数の小さいノードが含まれます。対照的に、Redis (クラスターモードが無効) のデプロイでは、クラスター内に少数の大きいノードが含まれます。使用するノードサイズの詳細な説明については、「ノードサイズの選択」を参照してください。

ノードに関係するいくつかの重要なオペレーションは以下のとおりです。