Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループのプライマリへのリードレプリカの昇格

以下のトピックの情報は、Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループにのみ適用されます。

AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用して、Redis (クラスターモードが無効) リードレプリカをプライマリに昇格させることができます。Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループでマルチ AZ と自動フェイルオーバーを有効にしている場合は、リードレプリカをプライマリに昇格させることはできません。マルチ AZ を有効にしているレプリケーショングループのプライマリに Redis (クラスターモードが無効) レプリカを昇格させる場合は、以下が必要です。

  1. レプリケーショングループを変更してマルチ AZ を無効にします (これを行うためにすべてのクラスターが同じアベイラビリティーゾーンに存在する必要はありません)。詳細については、「レプリケーショングループの変更」を参照してください。

  2. リードレプリカをプライマリに昇格させます。

  3. マルチ AZ を再び有効にするためにレプリケーショングループを変更します。

マルチ AZ と自動フェイルオーバーは、Redis 2.6.13 以前を実行するレプリケーショングループでは使用できません。

AWS マネジメントコンソール の使用

次の手順では、コンソールを使用してレプリカノードをプライマリに昇格させます。

リードレプリカをプライマリに昇格させるには (console)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. 昇格させるレプリカが、マルチ AZ が有効な Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループのメンバーである場合は、先に進む前に、レプリケーショングループを変更してマルチ AZ を無効にします。詳細については、「レプリケーショングループの変更」を参照してください。

  3. [Redis] を選択して、クラスターのリストから、変更するレプリケーショングループを選択します。このレプリケーショングループは、「Clustered Redis」エンジンではなく、「Redis」エンジンを実行していること、また 2 つ以上のノードを持っていることが必要です。

  4. ノードのリストからプライマリに昇格させるレプリカノードを選択して、[Actions (アクション)] で、[Promote (昇格)] を選択します。

  5. [Promote Read Replica (リードレプリカの昇格)] ダイアログボックスで、次の操作を行います。

    1. [Apply Immediately (すぐに適用)] で、リードレプリカをすぐに昇格させる場合は [Yes (はい)] を選択し、クラスターの次回のメンテナンス期間に昇格させる場合は [No (いいえ)] を選択します。

    2. リードレプリカを昇格させる場合は [Promote] を選択し、オペレーションをキャンセルする場合は [No] を選択します。

  6. 昇格プロセスを開始する前にクラスターでマルチ AZ を有効にしている場合は、レプリケーショングループのステータスが [available (利用可能)] になるまで待機して、マルチ AZ を再度有効に変更します。詳細については、「レプリケーショングループの変更」を参照してください。

AWS CLI の使用

現在、レプリケーショングループでマルチ AZ を有効にしている場合はリードレプリカをプライマリに昇格させることはできません。場合によっては、昇格させるレプリカが、マルチ AZ が有効なレプリケーショングループのメンバーとなっていることがあります。この場合、続行する前に、レプリケーショングループを変更して、マルチ AZ を無効にする必要があります。これを行うためにすべてのクラスターが同じアベイラビリティーゾーンに存在する必要はありません。レプリケーショングループの変更の詳細については、「レプリケーショングループの変更」を参照してください。

次の AWS CLI コマンドは、レプリケーショングループ sample-repl-group を変更して、リードレプリカ my-replica-1 をレプリケーショングループのプライマリにします。

Linux, macOS, or Unix 用:

aws elasticache modify-replication-group \ --replication-group-id sample-repl-group \ --primary-cluster-id my-replica-1

Windows の場合:

aws elasticache modify-replication-group ^ --replication-group-id sample-repl-group ^ --primary-cluster-id my-replica-1

レプリケーショングループの変更の詳細については、Amazon ElastiCache コマンドラインリファレンス の「modify-replication-group」を参照してください。

ElastiCache API の使用

現在、レプリケーショングループでマルチ AZ を有効にしている場合はリードレプリカをプライマリに昇格させることはできません。場合によっては、昇格させるレプリカが、マルチ AZ が有効なレプリケーショングループのメンバーとなっていることがあります。この場合、続行する前に、レプリケーショングループを変更して、マルチ AZ を無効にする必要があります。これを行うためにすべてのクラスターが同じアベイラビリティーゾーンに存在する必要はありません。レプリケーショングループの変更の詳細については、「レプリケーショングループの変更」を参照してください。

次の ElastiCache API アクションは、レプリケーショングループ myReplGroup を変更して、リードレプリカ myReplica-1 をそのレプリケーショングループのプライマリにします。

https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ModifyReplicationGroup &ReplicationGroupId=myReplGroup &PrimaryClusterId=myReplica-1 &Version=2014-12-01 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20141201T220302Z &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Date=20141201T220302Z &X-Amz-SignedHeaders=Host &X-Amz-Expires=20141201T220302Z &X-Amz-Credential=<credential> &X-Amz-Signature=<signature>

レプリケーショングループの変更の詳細については、Amazon ElastiCache API Reference の「ModifyReplicationGroup」を参照してください。