Amazon VPC で実行されるキャッシュへの接続 - Amazon ElastiCache フォー・レディス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon VPC で実行されるキャッシュへの接続

この例では、Amazon VPC で Amazon EC2 インスタンスを起動する方法を示します。次に、このインスタンスにログインし、その Amazon VPC で実行中の ElastiCache キャッシュにアクセスできます。

Amazon VPC で実行されるキャッシュへの接続 (コンソール)

この例では、Amazon VPC で Amazon EC2 インスタンスを作成します。この Amazon EC2 インスタンスを使用して、Amazon VPC で実行中のキャッシュノードに接続できます。

注記

Amazon EC2 の使用に関する詳細は、Amazon EC2 ドキュメントの「Amazon EC2 入門ガイド」を参照してください。

Amazon EC2 コンソールを使用して Amazon VPC で Amazon EC2 インスタンスを作成するには
  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. コンソールで、[Launch Instance (インスタンスの起動)] を選択し、以下の手順を実行します。

  3. [Choose an Amazon Machine Image (AMI) (Amazon マシンイメージ (AMI) の選択)] ページで、64 ビット Amazon Linux AMI を選択し、[選択] を選択します。

  4. [インスタンスタイプの選択] ページで、[3.] を選択します。[インスタンスの設定]。

  5. [インスタンスの詳細の設定] ページで以下の項目を選択します。

    1. [ネットワーク] リストで、Amazon VPC を選択します。

    2. [サブネット] リストで、パブリックサブネットを選択します。

    すべての設定が正しいことを確認したら、[4.] を選択します。[Add Storage] (ストレージの追加)。

  6. [ストレージの追加] ページで、[5. ] を選択します。[Tag Instance] (インスタンスのタグ付け)。

  7. [インスタンスのタグ付け] ページで、Amazon EC2 インスタンスの名前を入力し、[6. ] を選択します。[Configure Security Group] (セキュリティグループの設定)。

  8. [セキュリティグループの設定] ページで [Select an existing security group (既存のセキュリティグループの選択)] を選択します。セキュリティグループの詳細については、「Linux インスタンス用の Amazon EC2 セキュリティグループ」を参照してください。

    Amazon VPC セキュリティグループの名前を選択し、[Review and Launch (確認および起動)] を選択します。

  9. [Review Instance and Launch (インスタンスの確認および起動)] ページで、[起動] を選択します。

  10. [Select an existing key pair or create a new key pair (既存のキーペアを選択するか新しいキーペアを作成する)] ウィンドウで、このインスタンスで使用するキーペアを指定します。

    注記

    キーペアの管理の詳細については、「Amazon EC2 入門ガイド」を参照してください。

  11. Amazon EC2 インスタンスを起動する準備ができたら、[起動] を選択します。

これで、先ほど作成した Amazon EC2 インスタンスにElastic IP アドレスを割り当てることができます。この IP アドレスは、Amazon EC2 インスタンスに接続するときに使用する必要があります。

Elastic IP アドレスを割り当てるには (コンソール)
  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションリストで [Elastic IP] を選択します。

  3. [Elastic IP アドレスの割り当て] を選択します。

  4. [Allocate Elastic IP address (Elastic IP アドレスを割り当てる)] ダイアログボックスで、デフォルトの [ネットワークボーダーグループ] を受け入れ、[割り当て] を選択します。

  5. リストから割り当てた Elastic IP アドレスを選択し、[アドレスの関連付け] を選択します。

  6. [アドレスの関連付け] ダイアログボックスの [インスタンス] ボックスで、起動した Amazon EC2 インスタンスの ID を選択します。

    [プライベート IP アドレス] ボックスで、プライベート IP アドレスを取得するボックスを選択し、[関連付け] を選択します。

    これで、SSH を使用して、作成した Elastic IP アドレスを使用して Amazon EC2 インスタンスに接続できるようになりました。

Amazon EC2 インスタンスに接続するには
  • コマンドウィンドウを開きます。コマンドプロンプトで、次のコマンドを実行します。mykeypair.pem をご使用のキーペアファイルの名前に、54.207.55.251 をご使用の Elastic IP アドレスに置き換えます。

    ssh -i mykeypair.pem ec2-user@54.207.55.251
    重要

    まだ Amazon EC2 インスタンスからログアウトしないでください。

これで、ElastiCache クラスターを操作する準備ができました。まだ telnet ユーティリティをインストールしていない場合、これを行うには、このユーティリティをインストールする必要があります。

telnet をインストールし、キャッシュクラスター (AWS CLI) を操作するには
  1. コマンドウィンドウを開きます。コマンドプロンプトで、次のコマンドを発行します。確認のプロンプトが表示されたら、「y」を入力します。

    sudo yum install telnet Loaded plugins: priorities, security, update-motd, upgrade-helper Setting up Install Process Resolving Dependencies --> Running transaction check ...(output omitted)... Total download size: 63 k Installed size: 109 k Is this ok [y/N]: y Downloading Packages: telnet-0.17-47.7.amzn1.x86_64.rpm | 63 kB 00:00 ...(output omitted)... Complete!
  2. telnet を使用して、ポート 6379 でキャッシュノードのエンドポイントに接続します。以下に示すホスト名をキャッシュノードのホスト名に置き換えます。

    telnet my-cache-cluster.7wufxa.0001.use1.cache.amazonaws.com 6379

    これで、キャッシュエンジンに接続され、コマンドを実行できます。この例では、キャッシュにデータ項目を追加し、その後すぐにそれを取得します。最後に、キャッシュノードから切断します。

    キーと値を保存するには、次の 2 行を入力します。

    set mykey myvalue

    キャッシュエンジンは以下のように応答します。

    OK

    [mykey] の値を取得するには、次のように入力します。

    get mykey

    キャッシュエンジンから切断するには、次のように入力します。

    quit
  3. ElastiCache コンソール (https://console.aws.amazon.com/elasticache/) に移動して、キャッシュクラスターのいずれかのノードのエンドポイントを取得します。詳細については、Redis の「接続エンドポイントの検索」を参照してください。

  4. telnet を使用して、ポート 6379 でキャッシュノードのエンドポイントに接続します。以下に示すホスト名をキャッシュノードのホスト名に置き換えます。

    telnet my-cache-cluster.7wufxa.0001.use1.cache.amazonaws.com 6379

    これで、キャッシュエンジンに接続され、コマンドを実行できます。この例では、キャッシュにデータ項目を追加し、その後すぐにそれを取得します。最後に、キャッシュノードから切断します。

    キーと値を保存するには、次のように入力します。

    set mykey myvalue

    キャッシュエンジンは以下のように応答します。

    OK

    [mykey] の値を取得するには、次のように入力します。

    get mykey

    キャッシュエンジンは以下のように応答します。

    get mykey myvalue

    キャッシュエンジンから切断するには、次のように入力します。

    quit
重要

AWS アカウントの追加料金が発生しないように、これらの例を試した後で、今後使用しない AWS リソースはすべて削除してください。