メニュー
Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

オフラインリシャーディングおよび Redis (クラスターモードが有効) のシャードの再分散

オフラインのシャード再構成の主な利点は、レプリケーショングループからシャードを追加または削除する以上のことが行えることです。オフラインでリシャーディングすると、レプリケーショングループのシャード数の変更に加えて、次のことを実行できます。

  • レプリケーショングループのノードタイプを変更します。

  • レプリケーショングループ内の各ノードに、アベイラビリティーゾーンを指定します。

  • 新しいエンジンバージョンに更新します。

  • 各シャード内のレプリカノードの数を個別に指定します。

  • 各シャードにキースペースを指定します。

オフラインのシャード再構成の主な欠点は、クラスターが復元処理の開始からオフラインになり、アプリケーションのエンドポイントを更新するまで継続することです。クラスターがオフラインになる時間の長さは、クラスターのデータ量によって変わります。

オフラインでシャード Redis (クラスターモードが有効) クラスターを再構成するには

  1. 既存 Redis クラスターの手動バックアップを作成します。詳細については、「手動バックアップの作成」を参照してください。

  2. バックアップから復元して新しいクラスターを作成します。詳細については、「クラスターのサイズ変更 (オプション) によるバックアップからの復元」を参照してください。

  3. アプリケーション内のエンドポイントを、新しいクラスターのエンドポイントに更新します。詳細については、「接続エンドポイントの検索」を参照してください。