クラスターのサイズ変更 (オプション) によるバックアップからの復元 - Amazon ElastiCache for Redis

クラスターのサイズ変更 (オプション) によるバックアップからの復元

Redis の .rdb バックアップファイルから新しいクラスターにいつでもデータを復元できます。

Amazon ElastiCache for Redis の復元プロセスは以下をサポートします。

  • Redis (クラスターモードが無効) クラスターから、Redis バージョン 3.2.4 を実行している Redis (クラスターモードが有効) クラスターへのアップグレード。

  • 作成した 1 つ以上の .rdb バックアップファイルの、自己管理型 Redis クラスターから 1 つの ElastiCache for Redis (クラスターモードが有効) クラスターへの移行。

    復元を実行するには、.rdb ファイルは S3 に置かれている必要があります。

  • バックアップファイルの作成に使用されたクラスターのシャード数とは異なる、新しいクラスターのシャード数 (API/CLI: ノードグループ) の指定。

  • 新しいクラスターに異なるノードタイプ (大きいまたは小さい) を指定します。より小さいノードタイプにスケールダウンする場合は、新しいノードタイプに、データと Redis のオーバーヘッドに対する十分なメモリがあることを確認してください。詳細については、「ノードサイズの選択」を参照してください。

  • バックアップファイルの作成に使用されたクラスターとは異なる、新しい Redis (クラスターモードが有効) クラスターのスロットの設定。

重要
  • Redis (クラスターモードが有効) クラスターを使用して作成したバックアップから Redis (クラスターモードが無効) クラスターに復元することはできません。

  • Redis (クラスターモードが有効) クラスターは複数データベースをサポートしません。そのため、Redis (クラスターモードが有効) に復元すると、.rdb ファイルが複数のデータベースを参照している場合は復元に失敗します。

バックアップからクラスターを復元するときに変更を加えるかどうかは、行う選択によって決まります。これらの選択は、ElastiCache コンソールを使用して復元する場合は、[クラスターの復元] ダイアログボックスで行います。AWS CLI または ElastiCache API を使用して復元する場合は、パラメータ値を設定することで、これらの選択を行います。

復元オペレーション時に、ElastiCache は新しいクラスターを作成し、バックアップファイルからのデータを使用して入力します。このプロセスが完了すると、Redis クラスターはウォームアップ状態になり、リクエストを受け付けることができます。

重要

先に進む前に、復元元のクラスターのバックアップを作成したことを確認してください。詳細については、「手動バックアップの作成」を参照してください。

外部で作成したバックアップから復元する場合は、「外部で作成されたバックアップによる新しいクラスターのシード」を参照してください。

次の手順は、ElastiCache コンソール、AWS CLI、またはElastiCache API を使用して新しいクラスターへバックアップを復元する手順を示しています。

Redis バックアップは 2 つの方法で復元できます。単一ノード Redis (クラスターモードが無効) クラスターに復元できます。または、Redis (クラスターモードが無効) または Redis (クラスターモードが有効) のいずれかのリードレプリカ (レプリケーショングループ) がある Redis クラスターに復元できます。

新規クラスターへバックアップを復元するには (コンソール)

  1. AWS Management Console にサインインして、ElastiCache コンソール (https://console.aws.amazon.com/elasticache/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Backups] を選択します。

  3. バックアップのリストで、復元元のバックアップ名の左にあるチェックボックスをオンにします。

  4. [復元] を選択します。

  5. [Restore Cluster] ダイアログボックスに入力します。すべての [Required] フィールドと、デフォルト値から変更するその他のフィールドに入力します。

    Redis (クラスターモードが無効)

    1. [クラスター ID] – 必須。新しいクラスターの名前。

    2. [Engine version compatibility] – 実行する ElastiCache for Redis エンジンバージョン。

    3. [クラスターモードが有効 (スケールアウト)] — Redis (クラスターモードが無効) クラスターを Redis (クラスターモードが有効) に変換するには、これを選択します。エンジンのバージョンは 3.2.4 になります。

      [Cluster mode enabled (scale out)] を選択した場合は、以下の操作を行います。

      1. 新しいクラスター (API/CLI: ノードグループ) で必要なシャード数を選択します。

      2. 各シャードで必要なリードレプリカの数を選択します。

      3. スロット間で任意のキーを分散します。

    4. [Node Type] – 新しいクラスターに必要なノードタイプを指定します。

    5. [Availability zone(s)] – クラスターのアベイラビリティーゾーンの選択方法を指定します。

    6. [Port] – 新しいクラスターで別のポートを使用する場合のみ、これを選択します。

    7. [Choose a VPC] – このクラスターを作成する VPC を選択します。

    8. [Parameter Group] – 選択したノードタイプの Redis オーバーヘッドに十分なメモリを予約するパラメータグループを選択します。

     

    Redis (クラスターモードが有効)

    1. [クラスター ID] – 必須。新しいクラスターの名前。

    2. [Cluster mode enabled (scale out)] – クラスターの場合はこれを選択します。Redis (クラスターモードが無効) クラスターの場合は、これをクリアします。

    3. [Node Type] – 新しいクラスターに必要なノードタイプを指定します。

    4. [シャード数] – 新しいクラスター (API/CLI: ノードグループ) に必要なシャード数を選択します。

    5. [Replicas per Shard] – 各シャードに必要なリードレプリカのノード数を選択します。

    6. [Slots and keyspaces] – シャード間でキーを分散する方法を選択します。キーの分散を指定する場合は、各シャードのキー範囲を指定するテーブルを作成します。

    7. [Availability zone(s)] – クラスターのアベイラビリティーゾーンの選択方法を指定します。

    8. [Port] – 新しいクラスターで別のポートを使用する場合のみ、これを選択します。

    9. [Choose a VPC] – このクラスターを作成する VPC を選択します。

    10. [Parameter Group] – 選択したノードタイプの Redis オーバーヘッドに十分なメモリを予約するパラメータグループを選択します。

  6. すべての設定が正しいことを確認したら、[作成] を選択します。

Redis (クラスターモードが無効) バックアップは 2 つの方法で復元できます。単一ノード Redis (クラスターモードが無効) クラスターに復元するには、AWS CLI オペレーション create-cache-cluster を使用します。または、リードレプリカ (レプリケーショングループ) のある Redis クラスターに復元できます。後者を行うには、AWS CLI オペレーション create-replication-group を用いて、Redis (クラスターモードが無効) または Redis (クラスターモードが有効) を使用できます。この場合、Redis .rdb ファイルを使用して復元をシードします。

create-cache-cluster または create-replication-group オペレーションを使用する場合、必ずパラメータ --snapshot-name または --snapshot-arns を含めて、新しいクラスターまたはレプリケーショングループにバックアップからのデータをシードします。

詳細については、以下を参照してください。

ElastiCache API オペレーション CreateCacheCluster を使用して、単一ノードの Redis (クラスターモードが無効) クラスターに、またはリードレプリカがある Redis クラスター (レプリケーショングループ) に Redis バックアップを復元できます。それは、ElastiCache API オペレーション CreateReplicationGroup を使用し、Redis .rdb ファイルでそれをシードして Redis (クラスターモード無効) または Redis (クラスターモード有効) に復元できます。

CreateCacheCluster または CreateReplicationGroup オペレーションを使用する場合、必ずパラメータ SnapshotName または SnapshotArns を含めて、新しいクラスターまたはレプリケーショングループにバックアップからのデータをシードします。

詳細については、以下を参照してください。