Amazon Aurora
Aurora のユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

Amazon Aurora の更新

Amazon Aurora は定期的に更新をリリースします。更新はシステムメンテナンスの時間中に Amazon Aurora DB クラスターに適用されます。更新が適用されるタイミングは、DB クラスターのリージョンやメンテナンスウィンドウの設定、および更新のタイプによって異なります。更新にはデータベースの再起動が必要になるため、20〜30 秒のダウンタイムが発生します。このダウンタイム後に、DB クラスターの使用を再開できます。AWS マネジメントコンソール でメンテナンスウィンドウの設定を表示または変更できます。

Amazon Aurora の一般的な更新に関する情報を以下に示します。Amazon Aurora に適用される更新の一部は、Aurora でサポートされるデータベースエンジンに固有です。Aurora のデータベースエンジンに関する更新の詳細については、次の表を参照してください。

データベースエンジン 更新

Amazon Aurora MySQL

Amazon Aurora MySQL データベースエンジンの更新」を参照してください。

Amazon Aurora PostgreSQL

Amazon Aurora PostgreSQL データベースエンジンの更新」を参照してください。

Amazon Aurora バージョン

Amazon Aurora は、Aurora にとって一般的ですべての Aurora DB クラスターで利用可能な特定の機能が含まれています。Aurora には、Aurora がサポートする特定のデータベースエンジン固有のその他の機能が含まれています。これらの機能は、各データベースエンジン (Aurora PostgreSQL など) を使用する Aurora DB クラスターでのみ使用できます。

Aurora DB インスタンスには、Aurora バージョン番号と Aurora データベースエンジンバージョン番号の 2 つのバージョン番号があります。Aurora バージョン番号では以下の形式を使用します。

<major version>.<minor version>.<patch version>

特定のデータベースエンジンを使用する Aurora DB インスタンスの Aurora バージョン番号を取得するには、以下のクエリのいずれかを使用します。

データベースエンジン クエリ

Amazon Aurora MySQL

SELECT AURORA_VERSION();
SHOW @@aurora_version;

Amazon Aurora PostgreSQL

SELECT AURORA_VERSION();

関連トピック

このページの内容: