Amazon Aurora
Aurora のユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

Amazon Aurora MySQL のパフォーマンスとスケーリングの管理

Aurora MySQL DB インスタンスのスケーリング

Aurora MySQL DB インスタンスは、インスタンススケーリングと読み取りスケーリングの 2 つの方法でスケールできます。読み取りスケーリングの詳細については、「読み込みのスケーリング」を参照してください。

DB クラスター内の各 DB インスタンスの DB インスタンスクラスを変更することで、Aurora MySQL DB クラスターをスケールできます。Aurora MySQL は、Aurora 用に最適化されたさまざまな DB インスタンスクラスをサポートします。次の表は、Aurora MySQL でサポートされている DB インスタンスクラスの仕様の一覧です。

インスタンスクラス vCPU ECU メモリ (GiB)

db.t2.small

1

1 2

db.t2.medium

2

2 4

db.r3.large

2

6.5 15.25

db.r3.xlarge

4

13 30.5

db.r3.2xlarge

8

26 61

db.r3.4xlarge

16

52 122

db.r3.8xlarge

32

104 244

db.r4.large

2

7 15.25

db.r4.xlarge

4

13.5 30.5

db.r4.2xlarge

8

27 61

db.r4.4xlarge

16

53 122

db.r4.8xlarge

32

99 244

db.r4.16xlarge

64

195 488

Aurora MySQL DB インスタンスへの最大接続数

Aurora MySQL DB インスタンスへの許可されている接続の最大数は、DB インスタンスのインスタンスレベルパラメータグループの max_connections パラメータによって決まります。

次の表は、Aurora MySQL で使用できる DB インスタンスクラスごとの max_connections のデフォルト値です。Aurora MySQL DB インスタンスへの接続の最大数を増やすには、このインスタンスをメモリ量のより多い DB インスタンスクラスに変更するか、または max_connections パラメータの設定値を最大 16,000 まで大きくすることによって可能です。

インスタンスクラス max_connections デフォルト値

db.t2.small

45

db.t2.medium

90

db.r3.large

1,000

db.r3.xlarge

2000

db.r3.2xlarge

3000

db.r3.4xlarge

4000

db.r3.8xlarge

5000

db.r4.large

1,000

db.r4.xlarge

2000

db.r4.2xlarge

3000

db.r4.4xlarge

4000

db.r4.8xlarge

5000

db.r4.16xlarge

6000

接続制限のデフォルトをカスタマイズする新しいパラメータグループを作成すると、DBInstanceClassMemory 値に基づく式を使用してデフォルトの接続制限が取得されます。前の表で示されているように、式は、メモリが段階的に R3 から R4 インスタンスへと倍増すると 1000 ごとに増える接続最大数を、また T2 インスタンスの異なるメモリサイズでは 45 ごとに増える接続最大数を生成します。T2 インスタンスの接続最大数がかなり低いのは、T2 インスタンスが本番環境のワークロードのためではなく、開発や運用シナリオのみを目的としているためです。デフォルトの接続制限は、バッファープールやクエリのキャッシュといった多くのメモリを消費する他の処理のデフォルト値を使用するシステムに合わせて調整されています。クラスターのこれらの他の設定を変更する場合は、DB インスタンスで使用可能なメモリの増減に応じて接続制限を調整することを検討してください。