Aurora 向けリザーブド DB インスタンス - Amazon Aurora

Aurora 向けリザーブド DB インスタンス

リザーブド DB インスタンスを使用することで、DB インスタンスを 1 年間または 3 年間予約できます。オンデマンド DB インスタンスの料金と比べて、リザーブド DB インスタンスには大幅な割引が適用されます。リザーブド DB インスタンスは物理インスタンスと言うよりも、アカウントで特定のオンデマンド DB インスタンスを使用した場合に適用される請求の割引と言えます。リザーブド DB インスタンスの割引は、インスタンスタイプと AWS リージョンに関連付けられています。

リザーブド DB インスタンスの一般的な使用プロセスとしては、まず使用可能なリザーブド DB インスタンスのタイプに関する情報を取得します。次に、該当するタイプのリザーブド DB インスタンスを購入します。最後に、既存のリザーブド DB インスタンスに関する情報を取得します。

リザーブド DB インスタンスの概要

Amazon RDS のリザーブド DB インスタンスを購入すると、このリザーブド DB インスタンスの該当期間中、特定の DB インスタンスタイプに対して割引料金が適用されます。Amazon RDS のリザーブド DB インスタンスを使用するには、オンデマンドインスタンスの場合と同様に、新しい DB インスタンスを作成します。新しく作成する DB インスタンスは、リザーブド DB インスタンスの仕様に一致する必要があります。新しい DB インスタンスの仕様がアカウント内の既存のリザーブド DB インスタンスと一致する場合は、リザーブド DB インスタンスに適用される割引料金で請求されます。一致しない場合、DB インスタンスはオンデマンド料金で請求されます。

リザーブド DB インスタンスを変更できます。変更がリザーブド DB インスタンスの仕様の範囲内である場合、割引の一部またはすべてが、変更された DB インスタンスに適用されます。インスタンスクラスの変更など、変更が仕様の範囲外である場合、割引は適用されません。詳細については、「サイズ柔軟なリザーブド DB インスタンス」を参照してください。

リザーブド DB インスタンスの料金などの詳細については、Amazon RDS リザーブドインスタンスを参照してください。

提供タイプ

リザーブド DB インスタンスには、予想される使用量に基づいて Amazon RDS のコストを最適化するための 3 種類のオプション — 前払いなし、一部前払い、全前払い — があります。

前払いなし

このオプションは前払い料金なしでリザーブド DB インスタンスへのアクセスを提供します。前払いなしのリザーブド DB インスタンスでは、使用量にかかわらず、期間内の時間はすべて、割引された時間料金で請求されます。前払い料金は必要ありません。このオプションは、1 年間の予約でのみ利用できます。

一部前払い

このオプションでは、リザーブド DB インスタンスの一部を前払いする必要があります。期間内の残りの時間は、使用量にかかわらず、割引された時間料金で請求されます。このオプションは、以前の "重度使用" オプションに代わるオプションです。

全前払い

期間のスタート時に全額を支払います。使用時間数に関係なく、残りの期間にそれ以外のコストは生じません。

一括請求を使用している場合、組織内のすべてのアカウントが 1 つのアカウントとして扱われます。これは、組織内のすべてのアカウントが、他のアカウントで購入したリザーブド DB インスタンスの時間単位のコスト利点を受けることができるということを意味しています。一括請求 (コンソリデーティッドビリング) の詳細については、AWS 請求情報とコスト管理ユーザーガイドの「Amazon RDS リザーブド DB インスタンス」を参照してください。

サイズ柔軟なリザーブド DB インスタンス

リザーブド DB インスタンスを購入する際、指定する項目の 1 つはインスタンスクラス (db.m4.large など) です。インスタンスクラスの詳細については、「Aurora DB インスタンスクラス」を参照してください。

既存の DB インスタンスがあり、これをスケールして容量を増やす必要がある場合、リザーブド DB インスタンスはスケールした DB インスタンスに自動的に適用されます。つまり、リザーブド DB インスタンスは DB インスタンスクラスのすべてのサイズに自動的に適用されます。サイズ柔軟なリザーブド DB インスタンスは、同じ AWS リージョンおよびデータベースエンジンの DB インスタンスで利用できます。サイズ柔軟なリザーブド DB インスタンスは、そのインスタンスクラスタイプでしかスケールできません。例えば、db.m4.large のリザーブド DB インスタンスは db.m4.xlarge には適用できますが、db.m5.large には適用できません。db.m4 と db.m5 は異なるインスタンスクラスタイプであるためです。

また、リザーブド DB インスタンスの利点はマルチ AZ およびシングル AZ の両設定に適用されます。柔軟性とは、同じ DB インスタンスクラスタイプ内の設定間を自由に移動できることを意味します。例えば、1 つのラージ DB インスタンス (4 正規化された単位) で実行されているシングル AZ 配置から、2 つのスモール DB インスタンス (2*2=4 正規化された単位) で実行されているマルチ AZ 配置に移行できます。

サイズ柔軟なリザーブド DB インスタンスは、以下の Aurora データベースエンジンで使用できます。

  • Aurora MySQL

  • Aurora PostgreSQL

リザーブド DB インスタンスのサイズ別の使用は、正規化された単位を使用して比較できます。例えば、2 つの db.m3.large DB インスタンスでの 1 単位の使用は、1 つの db.m3.small での 8 つの正規化された単位の使用に相当します。次の表は、DB インスタンスのサイズ別の正規化された単位の数を示しています。

インスタンスサイズ シングル AZ の正規化された単位 マルチ AZ の正規化された単位

micro

0.5

1

small

1

2

medium

2

4

large

4

8

xlarge

8

16

2xlarge

16

32

4xlarge

32

64

8xlarge

64

128

10xlarge

80

160

12xlarge

96

192

16xlarge

128

256

24xlarge

192

384

例えば、db.t2.medium リザーブド DB インスタンスを購入し、同じ db.t2.small リージョンのアカウントで 2 つの AWS DB インスタンスを実行しているとします。この場合、料金上の利点は両方のインスタンスに全面的に適用されます。


                    リザーブド DB インスタンスのより小さい DB インスタンスへの全面的な適用

または、同じ db.t2.large リージョンのアカウントで実行している 1 つの AWS インスタンスがある場合、料金上の利点はこの DB インスタンスの使用の 50 パーセント に適用されます。


                    リザーブド DB インスタンスのより大きい DB インスタンスへの部分的な適用

リザーブド DB インスタンスの請求の例

リザーブド DB インスタンスの価格に、ストレージ、バックアップ、および I/O に関連する通常のコストは含まれません。次の例は、リザーブド DB インスタンスの月あたりのコスト合計を示しています。

  • Aurora MySQL リザーブド Single-AZ db.r4.large DB インスタンスクラスのコストは、米国東部 (バージニア北部) の場合、1 時間当たり 0.19 USD、または 1 か月当たり 138.70 USD

  • Aurora ストレージのコストは、1 か月 1 GiB あたり 0.10 USD (この例では 1 か月当たり 45.60 USD を想定)

  • Aurora I/O のコストは、100 万 リクエスト当たり 0.20 USD (この例では 1 か月当たり 20 USD を想定)

  • Aurora バックアップストレージのコストは、1 か月 1 GiB あたり 0.021 USD (この例では 1 か月当たり 30 USD を想定)

リザーブド DB インスタンスにこれらすべてのオプション (138.70 USD + 45.60 USD + 20 USD + 30 USD) を加えると、1 か月当たりの総コストは 234.30 USD です。

リザーブド DB インスタンスの代わりに オンデマンド DB インスタンスを使用した場合、Aurora MySQL Single-AZ db.r4.large DB インスタンスクラスのコストは米国東部 (バージニア北部) では、1 時間当たり 0.29 USD、または 1 か月当たり 217.50 USD です。つまり、オンデマンド DB インスタンスの場合、これらすべてのオプション (217.50 USD + 45.60 USD + 20 USD + 30 USD) が加わり、1 か月当たりの総コストは 313.10 USD となります。リザーブド DB インスタンスを使用すると、月々約 79 ドルの節約になります。

注記

この例で説明しているのはサンプルの価格であり、実際の価格とは一致しない場合があります。

Aurora の料金情報については、Aurora の料金表ページを参照してください。

リザーブド DB インスタンスの削除

リザーブド DB インスタンスには 1 年契約と 3 年契約があります。リザーブド DB インスタンスをキャンセルすることはできません。ただし、リザーブド DB インスタンスの割引対象である DB インスタンスは削除できます。リザーブド DB インスタンスの割引対象である DB インスタンスの削除プロセスは、他の DB インスタンスの削除プロセスと同じです。

リソースを使用するかどうかにかかわらず、前払いコストが請求されます。

リザーブド DB インスタンスの割引対象である DB インスタンスを削除した場合、互換性がある仕様の別の DB インスタンスを起動できます。この場合、予約期間 (1 年または 3 年) 中、割引料金を利用できます。

リザーブド DB インスタンスを使用する

AWS Management Console、AWS CLI、および RDS API を使用して、リザーブド DB インスタンスを使用できます。

リザーブド DB インスタンスを AWS Management Console で使用するには、次の手順に従います。

リザーブド DB インスタンス提供タイプの料金表と情報を取得するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[リザーブドインスタンス] を選択します。

  3. [Purchase Reserved DB Instance] を選択します。

  4. [製品の説明] で、DB エンジンとライセンスタイプを選択します。

  5. [DB インスタンスクラス] で、DB インスタンスのクラスを選択します。

  6. [Multi-AZ deployment (マルチ AZ 配置)] で、マルチ AZ 配置が必要かどうかを選択します。

    注記

    リザーブド Amazon Aurora インスタンスのマルチ AZ 配置オプションは [No] に設定されます。リザーブド DB インスタンスから Amazon Aurora DB クラスターを作成すると、DB クラスターは自動的にマルチ AZ として作成されます。Aurora レプリカを含む、使用する予定の各 DB インスタンスについて、リザーブド DB インスタンスを購入する必要があります。

  7. [Term] で、DB インスタンスを予約する期間を選択します。

  8. [提供タイプ] で、提供タイプを選択します。

    提供タイプを選択すると、料金情報が表示されます。

    重要

    リザーブド DB インスタンスの購入と料金の発生を防ぐには、[キャンセル] を選択します。

リザーブド DB インスタンス提供タイプに関する情報を取得したら、次の手順に従い、この情報を使用して提供タイプを購入できます。

リザーブド DB インスタンスを購入するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[リザーブドインスタンス] を選択します。

  3. [Purchase Reserved DB Instance] を選択します。

  4. [製品の説明] で、DB エンジンとライセンスタイプを選択します。

  5. [DB インスタンスクラス] で、DB インスタンスのクラスを選択します。

  6. [Multi-AZ deployment (マルチ AZ 配置)] で、マルチ AZ 配置が必要かどうかを選択します。

    注記

    リザーブド Amazon Aurora インスタンスのマルチ AZ 配置オプションは [No] に設定されます。リザーブド DB インスタンスから Amazon Aurora DB クラスターを作成すると、DB クラスターは自動的にマルチ AZ として作成されます。Aurora レプリカを含む、使用する予定の各 DB インスタンスについて、リザーブド DB インスタンスを購入する必要があります。

  7. [Term] で、DB インスタンスを予約する期間を選択します。

  8. [提供タイプ] で、提供タイプを選択します。

    提供タイプを選択すると、料金情報が表示されます。

    
                        [Purchase reserved DB instance] コンソールのステップ 1
  9. (オプション) 購入したリザーブド DB インスタンスに独自の識別子を割り当てると、インスタンスを追跡しやすくなります。[Reserved Id] に、リザーブド DB インスタンスの識別子を入力します。

  10. [Continue (続行)] を選択します。

    [Purchase Reserved DB Instance] ダイアログボックスに、選択したリザーブド DB インスタンスの属性の要約と支払い額が表示されます。

    
                        [Purchase reserved DB instance] コンソールのステップ 2
  11. 確認ページで、リザーブド DB インスタンスを確認します。情報が正しければ、[Order] を選択してリザーブド DB インスタンスを購入します。

    情報が正しくない場合は、[Back] を選択してリザーブド DB インスタンスを編集します。

リザーブド DB インスタンスを購入したら、次の手順に従ってリザーブド DB インスタンスに関する情報を取得できます。

AWS アカウントのリザーブド DB インスタンスの情報を入手するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. [ナビゲーション] ペインで [リザーブドインスタンス] を選択します。

    アカウントのリザーブド DB インスタンスが表示されます。特定のリザーブド DB インスタンスに関する詳細な情報を確認するには、リストにあるそのインスタンスを選択します。これによって、コンソールの下部にある詳細ペインにそのインスタンスの詳細情報を表示できます。

リザーブド DB インスタンスを AWS CLI で使用するには、以下の例に従います。

例 使用可能なリザーブド DB インスタンスの提供タイプに関する情報を入手する

使用可能なリザーブド DB インスタンス提供タイプに関する情報を取得するには、AWS CLI コマンド describe-reserved-db-instances-offerings を呼び出します。

aws rds describe-reserved-db-instances-offerings

この呼び出しにより、以下のような出力が返されます。

OFFERING OfferingId Class Multi-AZ Duration Fixed Price Usage Price Description Offering Type OFFERING 438012d3-4052-4cc7-b2e3-8d3372e0e706 db.m1.large y 1y 1820.00 USD 0.368 USD mysql Partial Upfront OFFERING 649fd0c8-cf6d-47a0-bfa6-060f8e75e95f db.m1.small n 1y 227.50 USD 0.046 USD mysql Partial Upfront OFFERING 123456cd-ab1c-47a0-bfa6-12345667232f db.m1.small n 1y 162.00 USD 0.00 USD mysql All Upfront Recurring Charges: Amount Currency Frequency Recurring Charges: 0.123 USD Hourly OFFERING 123456cd-ab1c-37a0-bfa6-12345667232d db.m1.large y 1y 700.00 USD 0.00 USD mysql All Upfront Recurring Charges: Amount Currency Frequency Recurring Charges: 1.25 USD Hourly OFFERING 123456cd-ab1c-17d0-bfa6-12345667234e db.m1.xlarge n 1y 4242.00 USD 2.42 USD mysql No Upfront

リザーブド DB インスタンス提供タイプに関する情報を取得したら、この情報を使用して提供タイプを購入できます。

リザーブド DB インスタンスを購入するには、以下のパラメータを指定して AWS CLI コマンド purchase-reserved-db-instances-offering を呼び出します。

  • --reserved-db-instances-offering-id - 購入する提供タイプの ID。提供タイプの ID を取得するには、前の例を参照してください。

  • --reserved-db-instance-id - 購入したリザーブド DB インスタンスに独自の識別子を割り当てると、インスタンスを追跡しやすくなります。

例 リザーブド DB インスタンスを購入する

次の例では、ID が 649fd0c8-cf6d-47a0-bfa6-060f8e75e95f のリザーブド DB インスタンスを購入し、識別子として MyReservation を割り当てます。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds purchase-reserved-db-instances-offering \ --reserved-db-instances-offering-id 649fd0c8-cf6d-47a0-bfa6-060f8e75e95f \ --reserved-db-instance-id MyReservation

Windows の場合:

aws rds purchase-reserved-db-instances-offering ^ --reserved-db-instances-offering-id 649fd0c8-cf6d-47a0-bfa6-060f8e75e95f ^ --reserved-db-instance-id MyReservation

このコマンドにより、以下のような出力が返されます。

RESERVATION ReservationId Class Multi-AZ Start Time Duration Fixed Price Usage Price Count State Description Offering Type RESERVATION MyReservation db.m1.small y 2011-12-19T00:30:23.247Z 1y 455.00 USD 0.092 USD 1 payment-pending mysql Partial Upfront

リザーブド DB インスタンスを購入したら、リザーブド DB インスタンスに関する情報を取得できます。

AWS アカウントのリザーブド DB インスタンスに関する情報を取得するには、以下の例に従って、AWS CLI コマンド describe-reserved-db-instances を呼び出します。

例 リザーブド DB インスタンスを取得する

aws rds describe-reserved-db-instances

このコマンドにより、以下のような出力が返されます。

RESERVATION ReservationId Class Multi-AZ Start Time Duration Fixed Price Usage Price Count State Description Offering Type RESERVATION MyReservation db.m1.small y 2011-12-09T23:37:44.720Z 1y 455.00 USD 0.092 USD 1 retired mysql Partial Upfront

RDS API を使用して、リザーブド DB インスタンスを操作できます。

  • 使用可能なリザーブド DB インスタンス提供タイプに関する情報を取得するには、Amazon RDS API オペレーション DescribeReservedDBInstancesOfferings を呼び出します。

  • リザーブド DB インスタンス提供タイプに関する情報を取得したら、この情報を使用して提供タイプを購入できます。次のパラメータを指定して、PurchaseReservedDBInstancesOffering RDS API オペレーションを実行します。

    • --reserved-db-instances-offering-id - 購入する提供タイプの ID。

    • --reserved-db-instance-id - 購入したリザーブド DB インスタンスに独自の識別子を割り当てると、インスタンスを追跡しやすくなります。

  • リザーブド DB インスタンスを購入したら、リザーブド DB インスタンスに関する情報を取得できます。DescribeReservedDBInstances RDS API オペレーション を呼び出します。

リザーブド DB インスタンスの請求を表示

リザーブド DB インスタンスの請求は、AWS Management Consoleの「請求ダッシュボード」 で表示できます。

リザーブド DB インスタンスの請求を表示する

  1. AWS Management Consoleにサインインします。

  2. 右上のアカウントメニューから請求ダッシュボードを選択します。

  3. ダッシュボード右上の請求の詳細アイコンを選択します。

  4. AWSサービス料金」で、リレーショナルデータベースサービスを展開します。

  5. AWSリザーブド DB インスタンスが置かれているリージョン、例えば米国西部 (オレゴン)を展開します。

    リザーブド DB インスタンスと当月の時間単位の料金は、Amazon Relational Database Serviceデータベースエンジンリザーブドインスタンスに表示されます。

    
                        リザーブド DB インスタンスの月額料金を表示

    この例では、リザーブド DB インスタンスは全額前払いで購入したため、時間単位の料金は発生しません。

  6. リザーブドインスタンスの見出し横にある「Cost Explorer」(棒グラフ)アイコンを選択します。

    Cost Explorer には、毎月の EC2 稼働時間のコストと使用状況グラフが表示されます。

  7. グラフ右横の使用タイプグループフィルターをクリアします。

  8. 使用コストを調べる期間と時間単位を選択します。

    次の例は、オンデマンドおよびリザーブド DB インスタンスの年間使用コストを月単位で表示しています。

    
                        オンデマンド およびリザーブド DB インスタンスの使用コストを表示

    2021 年 1 月から 6 月までのリザーブド DB インスタンスの料金は、一部前払いのインスタンスの月額料金で、2021 年 8 月の料金は全額前払いのインスタンスの 1 回限りの料金です。

    一部前払いのインスタンスのリザーブドインスタンス割引は 2021 年 6 月に有効期限が切れましたが、DB インスタンスは削除されませんでした。有効期限を過ぎてからは、オンデマンド料金で請求されました。