Amazon Aurora での機械学習 (ML) 機能の使用 - Amazon Aurora

Amazon Aurora での機械学習 (ML) 機能の使用

ここでは、Aurora データベースアプリケーションで機械学習(ML)機能を使用する方法について説明します。この機能は、Amazon SageMaker および Amazon Comprehend サービスを使用して予測を実行するデータベースアプリケーションの開発を簡素化します。ML の用語では、これらの予測は推論と呼ばれます。

この機能は、多くの種類の迅速な予測に適しています。例として、不正検出、広告ターゲティング、製品推奨など、低レイテンシーのリアルタイムユースケースがあります。クエリは、顧客プロフィール、ショッピング履歴、および製品カタログデータを SageMaker モデルに渡します。次に、アプリケーションはクエリ結果として返される製品推奨を取得します。

この機能を使用するには、組織が Amazon 機械学習サービスで適切な ML モデル、ノートブックなどを利用できるようにします。データベースナレッジと ML ナレッジを分割してチームのメンバーに割り当てることができます。データベース開発者は、アプリケーションの SQL およびデータベース側に集中できます。Aurora Machine Learning 機能により、アプリケーションは、使い慣れたストアド関数呼び出しのデータベースインターフェイスを通じて ML 処理を使用できます。