Aurora Serverless v1 とAurora データベースエンジンのバージョン - Amazon Aurora

Aurora Serverless v1 とAurora データベースエンジンのバージョン

Aurora Serverless v1 を使用できるのは、一部の AWS リージョン と、特定の Aurora MySQL および Aurora PostgreSQL のバージョンのみです。現在 Aurora Serverless v1 がサポートされている AWS リージョン のリスト、 および各リージョンで利用可能な、Aurora MySQL と Aurora PostgreSQL の特定のバージョンについては、「Aurora Serverless v1」を参照してください。

次のように、Aurora Serverless v1 では、対応する Aurora データベースエンジンを使用して、サポートされているデータベースエンジンごとにサポートされている特定のリリースを識別します。

  • Aurora MySQL Serverless

  • Aurora PostgreSQL Serverless

データベースエンジンのマイナーリリースが Aurora Serverless v1 で使用可能になると、それらのリリースは、Aurora Serverless v1 が利用可能なさまざまな AWS リージョン に対し自動的に適用されます。つまり、 クラスターの DB エンジン用として Aurora Serverless v1 で利用可能になった新しいマイナーリリースを取得するために、Aurora Serverless v1 DB クラスターをアップグレードする必要はありません。

Aurora MySQL サーバーレス

Aurora Serverless を使用できるのは、一部の AWS リージョン と、特定の Aurora MySQL および Aurora PostgreSQL のバージョンのみです。現在 Aurora Serverless がサポートされている AWS リージョン のリスト、 および各リージョンで利用可能な、Aurora MySQL と Aurora PostgreSQL の特定のバージョンについては、「Aurora Serverless v1」を参照してください。

次のように、Aurora Serverless では、対応する Aurora データベースエンジンを使用して、サポートされているデータベースエンジンごとにサポートされている特定のリリースを識別します。

  • Aurora MySQL Serverless

  • Aurora PostgreSQL Serverless

データベースエンジンのマイナーリリースが Aurora Serverless で使用可能になると、それらのリリースは、Aurora Serverless が利用可能なさまざまな AWS リージョン に対し自動的に適用されます。つまり、 クラスターの DB エンジン用として Aurora Serverless で利用可能になった新しいマイナーリリースを取得するために、Aurora Serverless DB クラスターをアップグレードする必要はありません。

Aurora MySQL サーバーレス

Aurora Serverless DB クラスターに Aurora MySQLと互換性のあるエディションを使用したい場合は、Aurora MySQL 5.6 互換バージョンと Aurora MySQL 5.7 互換バージョンのどちらかから選択できます。のこれら 2 つの Aurora MySQL エディションは大幅に異なります。Aurora Serverless DB クラスターを作成する前に、その違いを比較して、ユースケースに適した選択を行うことが推奨されます。Aurora MySQL Serverless 5.6 および 5.7 の機能強化とバグ修正については、Aurora MySQL のリリースノートの「Aurora Serverless クラスターのデータベースエンジンの更新」を参照してください。

Aurora PostgreSQL サーバーレス

Aurora Serverless DB クラスターで Aurora PostgreSQL を使用する場合は、1 つのバージョンが利用可能です。Aurora PostgreSQL 互換エディション のマイナーリリースには、下位互換性のある変更のみが含まれます。ご使用のリージョンで、Aurora PostgreSQL のマイナーリリースが Aurora Serverless 用にリリースされると、Aurora Serverless DB クラスターは透過的にアップグレードされます。

例えば、Aurora PostgreSQL 10.14 のリリース (マイナーバージョン) は、以前の Aurora PostgreSQL バージョンを実行していたすべての Aurora Serverless DB クラスターに透過的に適用されました。Aurora PostgreSQL バージョン 10.14 での更新の詳細については、Aurora PostgreSQL のリリースノートの「PostgreSQL 10.14、Aurora PostgreSQL リリース 2.7」を参照してください。

Aurora PostgreSQL サーバーレス

Aurora Serverless v1 DB クラスターで Aurora PostgreSQL を使用する場合は、1 つのバージョンが利用可能です。Aurora PostgreSQL 互換エディション のマイナーリリースには、下位互換性のある変更のみが含まれます。ご使用のリージョンで、Aurora PostgreSQL のマイナーリリースが Aurora Serverless v1 用にリリースされると、Aurora Serverless v1 DB クラスターは透過的にアップグレードされます。

例えば、Aurora PostgreSQL 10.14 のリリース (マイナーバージョン) は、以前の Aurora PostgreSQL バージョンを実行していたすべての Aurora Serverless v1 DB クラスターに透過的に適用されました。Aurora PostgreSQL バージョン 10.14 での更新の詳細については、Aurora PostgreSQL のリリースノートの「PostgreSQL 10.14、Aurora PostgreSQL リリース 2.7」を参照してください。