有効化した Babelfish での DB クラスターへの接続 - Amazon Aurora

有効化した Babelfish での DB クラスターへの接続

Babelfish に接続するには、データベースクライアント設定を変更し、Babelfish を実行している Aurora PostgreSQL クラスターのエンドポイントに接続します。クライアントは、TDS バージョン 7.1 以降に準拠した次のいずれかのクライアントドライバーを使用できます。

  • Open Database Connectivity (ODBC)

  • OLE DB ドライバー/ASOLEDBSQL

  • Java Database Connectivity (JDBC)

  • SQL Server 用マイクロソフト SqlClient データプロバイダー

  • SQL Server 用 .NET データプロバイダ

  • SQL Server ネイティブクライアント 11.0 (非推奨)

  • OLEDB プロバイダ / SQLOLEDB (非推奨)

Babelfish では、以下を実行します。

  • デフォルトではポート 1433 の、TDS ポート上の SQL Server ツール、アプリケーション、および構文。

  • デフォルトではポート 5432 の、PostgreSQL ポート上の PostgreSQL のツール、アプリケーション、および構文。

注記

Babelfish for Aurora PostgreSQL は MARS (複数のアクティブな結果セット) をサポートしていません。Babelfish への接続に使用するどのクライアントアプリケーションも MARS を使用するように設定されていないことを確認してください。

Amazon Aurora PostgreSQL データベースへの接続を初めて行う場合は、Amazon Aurora PostgreSQL DB クラスターへの接続 も参照してください。

DNS ライターエンドポイントとポート番号の検索

次の手順に従い、 データベースエンドポイントを検索します。

データベースエンドポイントを検索する方法

  1. Babelfish のコンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインから [Databases (データベース)] を選択します。

    データベースのステータスは Available (利用可能) である必要があります。そうでない場合、Available (使用可能) の表示になるまで待ちます。ステータスはページをリフレッシュしなくても自動的に更新されます。DB クラスターの作成後、このプロセスには最大 20 分程かかることがあります。

  3. Babelfish をサポートしている DB クラスターを選択して、詳細を表示します。

  4. 接続性とセキュリティタブで、使用可能なクラスターエンドポイント値を書確認します。ライターインスタンスのクラスターエンドポイントは、書き込みまたは読み取りオペレーションを実行するすべてのアプリケーションの接続文字列で使用します。

    
							Babelfish のエンドポイントとポートを検索する。

DB クラスターの詳細については、Amazon Aurora DB クラスターの作成 を参照してください。

クライアント認証を実行する

Babelfish の Aurora PostgreSQL はパスワード認証をサポートしています。パスワードは暗号化された形式でディスクに保存されます。Aurora PostgreSQL クラスターの認証の詳細については、Amazon Aurora PostgreSQL でのセキュリティ を参照してください。

Babelfish に接続するたびに認証情報を求められる場合があります。Aurora PostgreSQL に移行、または Aurora PostgreSQL で作成されたユーザーは、SQL Server ポートと PostgreSQL ポートの両方で同じ認証情報を使用できます。Babelfish はパスワードポリシーを強制しませんが、以下を実行することをお勧めします。

  • 8 文字以上の複雑なパスワードであることを必要とする。

  • パスワードの有効期限ポリシーを適用する。

データベースユーザーの完全なリストを確認するには、SELECT * FROM pg_user; コマンドを使用します。