RDS for Oracle 文字セット - Amazon Relational Database Service

RDS for Oracle 文字セット

Amazon RDS for Oracle では、DB 文字セットと各国語文字セットの 2 種類の文字セットがサポートされています。

DB 文字セット

Oracle データベースの文字セットは CHARVARCHAR2CLOB の各データ型で使用します。データベースは、テーブル名、列名、SQL 文などのメタデータにも、この文字セットを使用します。Oracle データベースの文字セットは、通常 DB 文字セットと呼ばれます。

文字セットは、DB インスタンスの作成時に設定します。データベースの作成後に DB 文字セットを変更することはできません。

サポートされている DB 文字セット

次の表は、Amazon RDS でサポートされている Oracle DB 文字セットの一覧です。このテーブルの値は、AWS CLI の create-db-instance コマンドの --character-set-name パラメータ、または Amazon RDS API の CreateDBInstance オペレーションの CharacterSetName パラメータで使用できます。

注記

CDB の文字セットは常に AL32UTF8 です。PDB のためにのみ、別の文字セットを設定できます。

説明

AL32UTF8

Unicode 5.0 UTF-8 Universal 文字セット (デフォルト)

AR8ISO8859P6

ISO 8859-6 ラテン文字/アラビア文字

AR8MSWIN1256

Microsoft Windows コードページ 1256 8-bit ラテン文字/アラビア文字

BLT8ISO8859P13

ISO 8859-13 バルト語

BLT8MSWIN1257

Microsoft Windows コードページ 1257 8-bit バルト語

CL8ISO8859P5

ISO 88559-5 ラテン文字/キリル文字

CL8MSWIN1251

Microsoft Windows コードページ 1251 8-bit ラテン文字/キリル文字

EE8ISO8859P2

ISO 8859-2 東ヨーロッパ

EL8ISO8859P7

ISO 8859-7 ラテン文字/ギリシャ文字

EE8MSWIN1250

Microsoft Windows コードページ 1250 8-bit 東ヨーロッパ

EL8MSWIN1253

Microsoft Windows コードページ 1253 8-bit ラテン文字/ギリシア文字

IW8ISO8859P8

ISO 8859-8 ラテン文字/ヘブライ文字

IW8MSWIN1255

Microsoft Windows コードページ 1255 8-bit ラテン文字/ヘブライ文字

JA16EUC

EUC 24-bit 日本語

JA16EUCTILDE

Unicode との間の波線およびチルダのマッピングを除き、JA16EUC と同じ

JA16SJIS

Shift-JIS 16-bit 日本語

JA16SJISTILDE

Unicode との間の波線およびチルダのマッピングを除き、JA16SJIS と同じ

KO16MSWIN949

Microsoft Windows コードページ 949 韓国語

NE8ISO8859P10

ISO 8859-10 北ヨーロッパ

NEE8ISO8859P4

ISO 8859-4 北および北東ヨーロッパ

TH8TISASCII

タイ語 Industrial Standard 620-2533-ASCII 8-bit

TR8MSWIN1254

Microsoft Windows コードページ 1254 8-bit トルコ語

US7ASCII

ASCII 7-bit アメリカ

UTF8

Unicode 3.0 UTF-8 Universal 文字セット、CESU-8 準拠

VN8MSWIN1258

Microsoft Windows コードページ 1258 8-bit ベトナム語

WE8ISO8859P1

西ヨーロッパ 8-bit ISO 8859 Part 1

WE8ISO8859P15

ISO 8859-15 西ヨーロッパ

WE8ISO8859P9

ISO 8859-9 西ヨーロッパおよびトルコ語

WE8MSWIN1252

Microsoft Windows コードページ 1252 8-bit 西ヨーロッパ

ZHS16GBK

GBK 16-bit 簡体字中国語

ZHT16HKSCS

香港補助文字セット HKSCS-2001 を含む Microsoft Windows コードページ 950。文字セット変換は、Unicode 3.0 に基づいています。

ZHT16MSWIN950

Microsoft Windows コードページ 950 繁体字中国語

ZHT32EUC

EUC 32-bit 繁体字中国語

NLS_LANG 環境変数

ロケールとは、特定の言語と国に対する言語上の条件と文化的条件に対処するための一連の情報です。Oracle のロケール動作を指定するには、クライアントの環境で NLS_LANG 環境変数を設定するのが最も簡単です。この変数は、クライアントアプリケーションとデータベースサーバーで使用する言語や地域を設定します。また、クライアントの文字セットを指定します。これは、クライアントアプリケーションによって入力または表示されるデータの文字セットに対応します。NLS_LANG と文字セットの詳細については、Oracle ドキュメントの「キャラクタ・セットまたはコード・ページとは何ですか」を参照してください。

NLS 初期化パラメータ

また、次の各国語サポート (NLS) の初期化パラメータを Amazon RDS の Oracle DB インスタンスのインスタンスレベルで設定することもできます。

  • NLS_DATE_FORMAT

  • NLS_LENGTH_SEMANTICS

  • NLS_NCHAR_CONV_EXCP

  • NLS_TIME_FORMAT

  • NLS_TIME_TZ_FORMAT

  • NLS_TIMESTAMP_FORMAT

  • NLS_TIMESTAMP_TZ_FORMAT

インスタンスのパラメータの変更については、「パラメータグループを使用する」を参照してください。

SQL クライアントで NLS 初期化パラメータを設定できます。例えば、次のステートメントで Oracle DB インスタンスに接続している SQL クライアントで NLS_LANGUAGE 初期化パラメータをドイツ語に設定します。

ALTER SESSION SET NLS_LANGUAGE=GERMAN;

Oracle DB インスタンスを SQL クライアントに接続する詳細については、「Oracle DB インスタンスへの接続」を参照してください。

各国語文字セット

各国語文字セットは、NCHARNVARCHAR2NCLOB の各データ型で使用します。各国語文字セットは、通常 NCHAR 文字セットと呼ばれます。DB 文字セットとは異なり、NCHAR 文字セットはデータベースのメタデータには影響しません。

NCHAR 文字セットは、次の文字セットをサポートしています。

  • AL16UTF16 (デフォルト)

  • UTF8

create-db-instance コマンド (--nchar-character-set-name バージョン 2 のみ) の AWS CLI パラメータを使用して、どちらの値も指定できます。Amazon RDS API を使用する場合は、CreateDBInstance オペレーションの NcharCharacterSetName パラメータを指定します。データベースの作成後に各国語文字セットを変更することはできません。

Oracle データベースの Unicode の詳細については、Oracle ドキュメントの「Unicode を使用した多言語データベースのサポート」を参照してください。