Amazon RDS アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) リファレンス - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) リファレンス

AWS Management Console と AWS Command Line Interface (AWS CLI) に加えて、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) にもアプリケーションプログラミングインターフェイス (API) が用意されています。API を使用して、DB インスタンスと Amazon RDS の他のオブジェクトを管理するためのタスクを自動化できます。

  • API オペレーションのアルファベット順リストについては、「アクション」を参照してください。

  • データ型のアルファベット順リストについては、「データ型」を参照してください。

  • 共通クエリパラメータのリストについては、「共通パラメータ」を参照してください。

  • エラーコードの説明については、「共通エラー」を参照してください。

AWS CLI の詳細については、「Amazon RDS の AWS Command Line Interface リファレンス」を参照してください。