Amazon RDS での Microsoft SQL Server のライセンス - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS での Microsoft SQL Server のライセンス

Microsoft SQL Server 用の Amazon RDS DB インスタンスを設定すると、ソフトウェアライセンス込みのインスタンスとなります。

つまり、SQL Server のライセンスを別途購入する必要はありません。AWS は、SQL Server データベースソフトウェアのライセンスを保持しています。Amazon RDS の料金には、ソフトウェアライセンス、基盤となるハードウェアリソース、および Amazon RDS 管理機能が含まれています。

Amazon RDS は、以下の Microsoft SQL Server エディションをサポートしています。

  • エンタープライズ版

  • Standard

  • Web

  • Express

注記

SQL Server Web Edition のライセンスは、パブリック/インターネットアクセス可能なウェブページ、ウェブサイト、ウェブアプリケーション、およびウェブサービスをサポートします。このレベルのサポートは、Microsoft の使用権限に準拠するために必要です。詳細については、「AWS のサービス条件」を参照してください。

Amazon RDS は、Microsoft SQL Server を実行する DB インスタンスで SQL Server データベースミラーリング (DBM) または Always On 可用性グループ (AG) によるマルチ AZ 配置をサポートしています。マルチ AZ 配置への追加ライセンスは必要ではありません。詳細については、「Microsoft SQL Server のマルチ AZ 配置」を参照してください。

ライセンスが終了した DB インスタンスの復元

Amazon RDS は、ライセンス終了した DB インスタンスのスナップショットを作成します。インスタンスがライセンスの問題で終了した場合は、スナップショットから新しい DB インスタンスに復元できます。新しい DB インスタンスはライセンス込みとなります。

詳細については、「ライセンス終了した DB インスタンスの復元」を参照してください。

開発とテスト

ライセンス要件のため、Amazon RDS では SQL Server Developer Edition を提供できません。開発やテストなどの本番稼動以外の多くのニーズには、Express Edition を使用できます。ただし、SQL Server のエンタープライズレベルのインストールの全機能を開発用に必要とする場合は、SQL Server Developer Edition (およびその他の MSDN 製品) をダウンロードして Amazon EC2 にインストールできます。Developer Edition には、専用のインフラストラクチャは不要です。独自のホストを使用することで、Amazon RDS ではアクセスできない他のプログラミング機能にアクセスできます。SQL Server エディション間の相違点の詳細については、Microsoft のドキュメントで「SQL Server 2017 の各エディションとサポートされている機能」を参照してください。