Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

チュートリアル: ウェブサーバーと Amazon RDS データベースの作成

このチュートリアルでは、PHP を使用する Apache ウェブサーバーのインストールと、MySQL データベースの作成を説明します。ウェブサーバーは Amazon Linux を使用して Amazon EC2 インスタンスで実行され、MySQL データベースは Amazon RDS MySQL DB インスタンスです。Amazon Virtual Private Cloud サービス (Amazon VPC) をベースにした VPC では、Amazon EC2 インスタンスと Amazon RDS DB インスタンスの両方が実行されます。

注記

このチュートリアルは Amazon Linux で機能します。Ubuntu など他の Linux のバージョンでは機能しない場合があります。

このチュートリアルを開始するには、パブリックサブネットとプライベートサブネットを持つ VPC、および対応するセキュリティグループが必要です。これらがない場合は、チュートリアル: Amazon RDS DB インスタンスで使用する Amazon VPC の作成 デ次のタスクを完了してください。

次のチュートリアルでは、DB インスタンスの作成時に VPC、サブネット、およびセキュリティグループを指定します。これらは、ウェブサーバーをホストする EC2 インスタンスの作成時にも指定します。VPC、サブネット、およびセキュリティグループは、DB インスタンスとウェブサーバーの通信に必要です。VPC をセットアップしたら、このチュートリアルに従って DB インスタンスを作成し、ウェブサーバーをインストールします。ウェブサーバーを VPC 内の RDS DB インスタンスに接続するには、DB インスタンスのエンドポイントを使用します。

このチュートリアルでは、次の手順を実行します。

次の図は、チュートリアルが完了した時点の設定を示しています。


            VPC と EC2 のセキュリティグループのシナリオ