Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

Amazon RDS データベースログファイル

Amazon RDS コンソール、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または Amazon RDS API を使用して、データベースログを表示、ダウンロード、監視できます。トランザクションログの表示、ダウンロード、監視はサポートされていません。

エンジン別の情報については、以下を参照してください。

データベースログファイルを閲覧および一覧表示する

Amazon RDS コンソールを使用して、DB エンジンのデータベースログファイルを閲覧できます。AWS CLI または Amazon RDS API を使用して、ダウンロードまたはモニタリングするログファイルを一覧表示できます。

注記

既存の Oracle DB インスタンスのログファイルを一覧表示できない場合は、インスタンスを再起動してリストを表示します。

AWS マネジメントコンソール

データベースログファイルを閲覧するには

  1. https://console.aws.amazon.com/rds/ にある Amazon RDS コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  3. 表示するログファイルのある DB インスタンスの名前を選択します。

  4. [ログとイベント] タブを選択します。

  5. [ログ] セクションまで下にスクロールします。

  6. [ログ] セクションで、表示するログを選択してから、[表示] を選択します。

AWS CLI

DB インスタンスで使用できるデータベースログファイルを一覧表示するには、AWS CLI の describe-db-log-files コマンドを使用します。

次の例では、DB インスタンス (my-db-instance) のログファイルのリストが返ります。

aws rds describe-db-log-files --db-instance-identifier my-db-instance
API

DB インスタンスの使用可能なデータベースログファイルを一覧表示するには、Amazon RDS API の DescribeDBLogFiles アクションを使用します。

データベースログファイルをダウンロードする

データベースログファイルをダウンロードするには、Amazon RDS コンソール、AWS CLI、または API を使用します。

AWS マネジメントコンソール

データベースログファイルをダウンロードするには

  1. https://console.aws.amazon.com/rds/ にある Amazon RDS コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  3. 表示するログファイルのある DB インスタンスの名前を選択します。

  4. [ログとイベント] タブを選択します。

  5. [ログ] セクションまで下にスクロールします。

  6. [ログ] セクションで、ダウンロードするログの横にあるボタンを選択し、[ダウンロード] を選択します。

  7. 表示されたリンクのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[名前を付けて保存] を選択します。ログファイルを保存する場所を入力し、[保存] を選択します。

    
								ログファイルを閲覧する
AWS CLI

データベースログファイルをダウンロードするには、AWS CLI の download-db-log-file-portion コマンドを使用します。デフォルトでは、このコマンドによってログファイルの最新部分のみがダウンロードされます。ただし、--starting-token 0 パラメータを指定して、ファイル全体をダウンロードすることもできます。

以下の例では、ログファイル (log/ERROR.4) のすべての内容をダウンロードし、ローカルファイル (errorlog.txt) に格納する方法について説明します。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds download-db-log-file-portion \ --db-instance-identifier myexampledb \ --starting-token 0 --output text \ --log-file-name log/ERROR.4 > errorlog.txt

Windows の場合:

aws rds download-db-log-file-portion ^ --db-instance-identifier myexampledb ^ --starting-token 0 --output text ^ --log-file-name log/ERROR.4 > errorlog.txt
RDS API

データベースログファイルをダウンロードするには、Amazon RDS API の DownloadDBLogFilePortion アクションを使用します。

データベースログファイルを監視する

Amazon RDS コンソールを使用して、ログファイルの内容をモニタリングできます。

AWS マネジメントコンソール

データベースログファイルを監視するには

  1. https://console.aws.amazon.com/rds/ にある Amazon RDS コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  3. 表示するログファイルのある DB インスタンスの名前を選択します。

  4. [ログとイベント] タブを選択します。

  5. [ログ] セクションでログファイルを選択し、[監視] を選択します。

Amazon CloudWatch Logs へのデータベースログの発行

DB インスタンスログの表示およびダウンロードに加え、ログを Amazon CloudWatch Logs に発行することもできます。CloudWatch Logs では、ログデータのリアルタイム分析、高い耐久性を持つストレージへのデータの保存、CloudWatch Logs エージェントを使用したデータの管理を実行できます。AWS は、CloudWatch Logs に発行されたログデータを、保持期間を指定しない限り、無期限に保持します。詳細については、「CloudWatch Logs でのログデータ保管期間の変更」を参照してください。

エンジン別の情報については、以下を参照してください。

REST を用いたログファイルの内容の読み取り

Amazon RDS では、DB インスタンスのログファイルへのアクセスを許可する REST エンドポイントを使用できます。これは、Amazon RDS ログファイルの内容を取り出すアプリケーションを作成される場合に有用です。

構文は次のとおりです。

GET /v13/downloadCompleteLogFile/DBInstanceIdentifier/LogFileName HTTP/1.1 Content-type: application/json host: rds.region.amazonaws.com

以下のパラメーターは必須です。

  • DBInstanceIdentifier— ダウンロードするログファイルを含む DB インスタンスの名前。

  • LogFileName—ダウンロードするログファイルの名前。

このレスポンスには、ストリームとしてリクエストされたログファイルの内容が含まれます。

次の例では、us-west-2 リージョンの sample-sql という名前の DB インスタンスの log/ERROR.6 という名前のログファイルをダウンロードします。

GET /v13/downloadCompleteLogFile/sample-sql/log/ERROR.6 HTTP/1.1 host: rds.us-west-2.amazonaws.com X-Amz-Security-Token: AQoDYXdzEIH//////////wEa0AIXLhngC5zp9CyB1R6abwKrXHVR5efnAVN3XvR7IwqKYalFSn6UyJuEFTft9nObglx4QJ+GXV9cpACkETq= X-Amz-Date: 20140903T233749Z X-Amz-Algorithm: AWS4-HMAC-SHA256 X-Amz-Credential: AKIADQKE4SARGYLE/20140903/us-west-2/rds/aws4_request X-Amz-SignedHeaders: host X-Amz-Content-SHA256: e3b0c44298fc1c229afbf4c8996fb92427ae41e4649b934de495991b7852b855 X-Amz-Expires: 86400 X-Amz-Signature: 353a4f14b3f250142d9afc34f9f9948154d46ce7d4ec091d0cdabbcf8b40c558

存在しない DB インスタンスを指定した場合、レスポンスは次のエラーになります。

  • DBInstanceNotFoundDBInstanceIdentifier が既存の DB インスタンスを参照していません。(HTTP ステータスコード: 404)