Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

DB インスタンスの再起動

通常はメンテナンスのために、DB インスタンスを再起動する必要がある場合があります。たとえば、特定の変更を行う場合や、DB インスタンス に関連付けられた DB パラメータグループを変更する場合は、変更を有効にするためにインスタンスを再起動する必要があります。

注記

DB インスタンスが、その関連付けられた DB パラメータグループに対する最新の変更を使用していない場合、AWS マネジメントコンソール は、DB パラメータグループのステータスを [再起動の保留中] と表示します。パラメータグループの [再起動の保留中] のステータスにより、次回のメンテナンスウィンドウで自動的に再起動されることはありません。パラメータの最新の変更を DB インスタンスに適用するには、DB インスタンスを手動で再起動します。パラメータグループの詳細については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

DB インスタンスを再起動すると、データベースエンジンサービスが再起動されます。DB インスタンスを再起動すると一時的に機能停止になります。その間、DB インスタンスのステータスは [rebooting] に設定されます。

Amazon RDS インスタンスがマルチ AZ 用に構成されている場合、再起動をフェイルオーバーで実行できます。再起動が完了すると、Amazon RDS イベントが作成されます。DB インスタンスがマルチ AZ 配置の場合は、あるアベイラビリティーゾーン (AZ) から別のアベイラビリティーゾーンへのフェイルオーバーを強制的に実行できます。DB インスタンスのフェイルオーバーを強制的に実行すると、Amazon RDS によって別のアベイラビリティーゾーン内のスタンバイレプリカに自動的に切り替わり、スタンバイ DB インスタンスを参照するように DB インスタンスの DNS レコードが更新されます。したがって、DB インスタンスへの既存の接続のクリーンアップと再確立が必要になります。フェイルオーバーによる再起動が便利なのは、テスト用の DB インスタンスで障害をシミュレートするときや、フェイルオーバーの実行後にオペレーションを元の AZ に復元するときです。詳細については、「Amazon RDS での高可用性 (マルチ AZ)」を参照してください。

注記

再起動時にあるアベイラビリティーゾーンから別にアベイラビリティーゾーンに強制的にフェイルオーバーする場合、このアベイラビリティーゾーンの変更は、AWS マネジメントコンソール や、AWS CLI および RDS API への呼び出しに反映されるまで数分かかる場合があります。

利用可能な状態でない DB インスタンスを再起動することはできません。データベースは、バックアップが進行中または、以前の要求による変更、メンテナンス時間のアクションなど、いくつかの理由で使用できない場合があります。

DB インスタンスを再起動するのに要する時間は、特定のデータベースエンジンのクラッシュ回復プロセスによって異なります。再起動時間を短くするには、再起動プロセス中のデータベースアクティビティをできる限り減らすことをお勧めします。データベースアクティビティを減らすと、未完了のトランザクションのロールバックアクティビティが減少します。

AWS マネジメントコンソール

DB インスタンスを再起動するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択し、再起動する DB インスタンスを選択します。

  3. [アクション] で、[再起動] を選択します。

    [Reboot DB Instance] ページが表示されます。

  4. (省略可能) [フェイルオーバーし再起動しますか?] を選択し、別の AZ へのフェイルオーバーを強制的に実行します。

  5. [Reboot] を選択して DB インスタンスを再起動します。

    または、[Cancel] を選択します。

CLI

AWS CLI を使用して DB インスタンスを再起動するには、reboot-db-instance コマンドを呼び出します。

例 シンプルな再起動

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds reboot-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance

Windows の場合:

aws rds reboot-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance

例 フェイルオーバーによる再起動

ある AZ から別の AZ へのフェイルオーバーを強制的に実行するには、--force-failover パラメータを使用します。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds reboot-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --force-failover

Windows の場合:

aws rds reboot-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --force-failover
API

Amazon RDS API を使用して DB インスタンスを再起動するには、RebootDBInstance アクションを呼び出します。

例 シンプルな再起動

https://rds.amazonaws.com/ ?Action=RebootDBInstance &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20131016/us-west-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20131016T233051Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=087a8eb41cb1ab5f99e81575f23e73757ffc6a1e42d7d2b30b9cc0be988cff97

例 フェイルオーバーによる再起動

ある AZ から別の AZ へのフェイルオーバーを強制的に実行するには、ForceFailover パラメータを true に設定します。

https://rds.amazonaws.com/ ?Action=RebootDBInstance &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &ForceFailover=true &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20131016/us-west-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20131016T233051Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=087a8eb41cb1ab5f99e81575f23e73757ffc6a1e42d7d2b30b9cc0be988cff97