Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

mysql.rds_reset_external_master

MySQL DB インスタンスを、Amazon RDS の外部で動作する MySQL インスタンスのリードレプリカとして使用しないように再設定します。

構文

CALL mysql.rds_reset_external_master;

使用に関する注意事項

マスターユーザーが mysql.rds_reset_external_master を実行する必要があります。このプロシージャは、Amazon RDS の外部で動作する MySQL インスタンスのリードレプリカとしての設定が解除される MySQL DB インスタンス上で実行する必要があります。

注記

可能な場合は、2 つの Amazon RDS DB インスタンス間のレプリケーションを管理するために、リードレプリカを使用することをお勧めします。その場合、このプロシージャとレプリケーション関連のストアドプロシージャだけを使用することをお勧めします。これらのプラクティスにより、Amazon RDS DB インスタンス間で、より複雑なレプリケーショントポロジが有効になります。これらのストアドプロシージャは、主に Amazon RDS 外部で実行されている MySQL インスタンスのレプリケーションの有効化のために提供されています。Amazon RDS DB インスタンス間でのレプリケーションの管理の詳細については、「MariaDB、MySQL、および PostgreSQL DB インスタンスのリードレプリカの使用」を参照してください。

レプリケーションを使用して、Amazon RDS の外部で動作する MySQL インスタンスからデータをインポートする方法の詳細については、「Amazon RDS MySQL DB インスタンスへのバックアップの復元」を参照してください。

このページの内容: