RDS for Oracle レプリカのバックアップの使用 - Amazon Relational Database Service

RDS for Oracle レプリカのバックアップの使用

RDS for Oracle レプリカのバックアップを作成および復元できます。自動バックアップと手動スナップショットの両方がサポートされています。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスのバックアップと復元」を参照してください。以下のセクションでは、プライマリと RDS for Oracle レプリカのバックアップ管理の主な違いについて説明します。

RDS for Oracle レプリカのバックアップを有効にする

Oracle レプリカでは、デフォルトで自動バックアップが有効になっていません。バックアップ保持期間を 0 以外の正の値に設定することで、自動バックアップを有効にします。

自動バックアップをすぐに有効にするには
  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択し、変更する DB インスタンスを選択します。

  3. [Modify] を選択します。[Modify DB instance] ページが表示されます。

  4. [バックアップ保持期間] で、ゼロ以外の正の値 (3 日など) を選択します。

  5. [Continue] を選択します。

  6. [Apply immediately] (すぐに適用) を選択します。

  7. 確認ページで、[DB インスタンスを変更] を選択して変更を保存し、自動バックアップを有効にします。

自動バックアップを有効にするには、AWS CLI の modify-db-instance コマンドを使用します。

以下のパラメータを含めます。

  • --db-instance-identifier

  • --backup-retention-period

  • --apply-immediately 、、または --no-apply-immediately

次の例では、バックアップ保持期間を 3 日に設定して、自動バックアップを有効にします。変更はすぐに適用されます。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds modify-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --backup-retention-period 3 \ --apply-immediately

Windows の場合:

aws rds modify-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --backup-retention-period 3 ^ --apply-immediately

自動バックアップを有効にするには、次の必須パラメータを指定して RDS API ModifyDBInstance オペレーションを使用します。

  • DBInstanceIdentifier

  • BackupRetentionPeriod

RDS for Oracle レプリカのバックアップの復元

Oracle レプリカのバックアップは、プライマリインスタンスのバックアップを復元する場合と同様に復元できます。詳細については、次を参照してください。

レプリカバックアップを復元する際の主な考慮事項は、復元する時点を決定することです。データベースの時刻では、バックアップ時にデータにトランザクションが最後に適用された時刻を参照します。レプリカのバックアップを復元するときは、バックアップが完了した時刻ではなく、データベースの時刻に復元することになります。RDS for Oracle レプリカはプライマリよりも数分または数時間遅れることがあるため、この違いは重大です。このため、レプリカのバックアップのデータベースの時刻、つまり復元する時点は、バックアップ作成時刻よりもはるかに早い場合があります。

データベースの時刻と作成時刻の差を確認するには、describe-db-snapshots コマンドを使用します。レプリカのバックアップのデータベース時間である SnapshotDatabaseTime と、プライマリデータベースで最後に適用されたトランザクションである OriginalSnapshotCreateTime を比較します。次の例では、2 つの時間の間の違い差が示されます。

aws rds describe-db-snapshots \ --db-instance-identifier my-oracle-replica --db-snapshot-identifier my-replica-snapshot { "DBSnapshots": [ { "DBSnapshotIdentifier": "my-replica-snapshot", "DBInstanceIdentifier": "my-oracle-replica", "SnapshotDatabaseTime": "2022-07-26T17:49:44Z", ... "OriginalSnapshotCreateTime": "2021-07-26T19:49:44Z" } ] }