マウントモードでの RDS for Oracle レプリカの作成 - Amazon Relational Database Service

マウントモードでの RDS for Oracle レプリカの作成

デフォルトでは、Oracle レプリカは読み取り専用です。マウントモードでレプリカを作成するには、コンソール、AWS CLI、RDS API のいずれかを使用します。

ソース Oracle DB インスタンスからマウントされたレプリカを作成するには
  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  3. マウントされたレプリカのソースとして使用する Oracle DB インスタンスを選択します。

  4. アクションレプリカの作成を選択します。

  5. レプリカモードで、マウントを選択します。

  6. 使用する設定を選択します。[DB インスタンス識別子] に、リードレプリカの名前を入力します。必要に応じて他の設定を変更します。

  7. リージョンで、マウントされたレプリカを起動するリージョンを選択します。

  8. インスタンスサイズとストレージタイプを選択します。リードレプリカでもソース DB インスタンスと同じ DB インスタンスクラスとストレージタイプを使用することをお勧めします。

  9. マルチ AZ 配置スタンバイインスタンスの作成を選択して、マウントされたレプリカのフェイルオーバーをサポートするために別のアベイラビリティーゾーンにレプリカのスタンバイを作成します。ソースのデータベースがマルチ AZ DB インスタンスであるかどうかに関係なく、マウントされたレプリカをマルチ AZ DB インスタンスとして作成できます。

  10. 使用する他の設定を選択します。

  11. レプリカの作成を選択します。

データベースページで、マウントされたレプリカにロールとして [レプリカ] が割り当てられます。

マウントモードで Oracle レプリカを作成するには、--replica-mode コマンド create-db-instance-read-replicamounted を AWS CLI に設定します。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds create-db-instance-read-replica \ --db-instance-identifier myreadreplica \ --source-db-instance-identifier mydbinstance \ --replica-mode mounted

Windows の場合:

aws rds create-db-instance-read-replica ^ --db-instance-identifier myreadreplica ^ --source-db-instance-identifier mydbinstance ^ --replica-mode mounted

読み取り専用レプリカをマウント状態に変更するには、--replica-mode コマンド modify-db-instancemounted を AWS CLI に設定します。マウントされたレプリカを読み取り専用モードにするには、--replica-modeopen-read-only に設定します。

マウントモードで Oracle レプリカを作成するには、RDS API オペレーション CreateDBInstanceReadReplicaReplicaMode=mounted を指定します。