パラメータグループの概要 - Amazon Relational Database Service

パラメータグループの概要

DB パラメータグループは、1 つ以上の DB インスタンスに適用されるエンジン設定値のコンテナとして機能します。

DB クラスターパラメータグループは、マルチ AZ DB クラスターにのみ適用されます。マルチ AZ DB クラスターでは、DB クラスターパラメータグループの設定は、クラスター内のすべての DB インスタンスに適用されます。DB エンジンおよび DB エンジンバージョンのデフォルトの DB パラメータグループが、DB クラスター内の各 DB インスタンスに使用されます。

デフォルトおよびカスタムパラメータグループ

DB パラメータグループを指定せずに DB インスタンスを作成すると、DB インスタンスはデフォルトの DB パラメータグループを使用します。同様に、DB クラスターパラメータグループを指定せずにマルチ AZ DB クラスターを作成すると、DB クラスターではデフォルトの DB クラスターパラメータグループが使用されます。デフォルトの各パラメータグループには、エンジン、コンピューティングクラス、およびインスタンスの割り当てストレージに基づいた、データベースエンジンのデフォルトと Amazon RDS システムのデフォルトが含まれています。

デフォルトのパラメータグループのパラメータ設定は変更できません。代わりに、以下を実行できます。

  1. 新しいパラメータグループを作成します。

  2. 必要なパラメータの設定を変更します。パラメータグループ内のすべての DB エンジンパラメータが変更できるわけではありません。

  3. DB インスタンスまたは DB クラスターを変更して、新しいパラメータグループを関連付けます。

    新しい DB パラメータグループを DB インスタンスに関連付けると、関連付けは直ちに有効になります。DB インスタンスの変更については、「Amazon RDS DB インスタンスを変更する」を参照してください。マルチ AZ DB クラスターの変更については、「マルチ AZ DB クラスターの変更」を参照してください。

    注記

    カスタムパラメータグループを使用するように DB インスタンスを変更して、DB インスタンスを起動すると、RDS は起動プロセスの一環として DB インスタンスを自動的に再起動します。

RDS は、DB インスタンスの再起動後にのみ、変更された静的パラメータと動的パラメータを新しく関連付けられたパラメータグループに適用します。ただし、DB インスタンスに関連付けた後に DB パラメータグループの動的パラメータを変更すると、これらの変更は再起動せずに直ちに適用されます。DB パラメータグループの変更については、「Amazon RDS DB インスタンスを変更する」を参照してください。

DB パラメータグループ内のパラメータを更新すると、このパラメータグループに関連付けられたすべての DB インスタンスに変更が適用されます。同様に、マルチ AZ DB クラスターパラメータグループ内のパラメータを更新すると、この DB クラスターパラメータグループに関連付けられたすべての Aurora DB クラスターに変更が適用されます。

パラメータグループを最初から作成したくない場合は、AWS CLI copy-db-parameter-group コマンドまたは copy-db-cluster-parameter-group コマンドを使用して、既存のパラメータグループをコピーできます。場合によっては、パラメータグループをコピーすると便利なことがあります。例えば、既存の DB パラメータグループのカスタムパラメータと値のほとんどを新しい DB パラメータグループに含めたい場合です。

静的および動的 DB インスタンスパラメータ

DB インスタンスパラメータは静的または動的に使用することができます。違いについては下記をご覧ください。

  • 静的パラメータを変更して DB パラメータグループを保存すると、パラメータの変更は関連付けられている DB インスタンスを手動で再起動した後に有効になります。静的パラメータの場合、コンソールは常に ApplyMethod として pending-reboot を使用します。

  • 動的パラメータを変更すると、デフォルトでは、パラメータの変更は直ちに有効になり、再起動は不要です。AWS Management Console を使用して DB インスタンスのパラメータ値を変更するときには、常に動的パラメータ向けの ApplyMethod として immediate を使用します。パラメータの変更を、関連付けられている DB インスタンスが再起動されるまで延期するには、AWS CLI または RDS API を使用します。パラメータを変更する場合は、ApplyMethodpending-reboot に設定します。

    注記

    AWS CLI、あるいは RDS for SQL Server DB インスタンス上の RDS API で、動的パラメータとともに pending-reboot を使用するとエラーが発生します。RDS for SQL Server で apply-immediately を使用する

AWS CLI を使用してパラメータ値を変更する方法については、「modify-db-parameter-group」を参照してください。RDS API を使用してパラメータ値を変更する方法については、「ModifyDBParameterGroup」を参照してください。

DB インスタンスが、その関連付けられた DB パラメータグループに対する最新の変更を使用していない場合、コンソールに DB パラメータグループの [pending-reboot] (再起動の保留中) のステータスが表示されます。このステータスにより、次回のメンテナンスウィンドウで自動的に再起動されることはありません。パラメータの最新の変更を DB インスタンスに適用するには、DB インスタンスを手動で再起動します。

静的および動的 DB クラスターパラメータ

DB クラスターパラメータは静的または動的に使用することができます。違いについては下記をご覧ください。

  • 静的パラメータを変更して DB クラスターのパラメータグループを保存する場合、パラメータの変更は、関連付けられている DB クラスターを手動で再起動した後に有効になります。静的パラメータの場合、コンソールは常に ApplyMethod として pending-reboot を使用します。

  • 動的パラメータを変更すると、デフォルトでは、パラメータの変更は直ちに有効になり、再起動は不要です。AWS Management Console を使用して DB クラスターのパラメータ値を変更するときには、常に動的パラメータ向けの ApplyMethod として immediate を使用します。パラメータの変更を、関連する DB クラスターが再起動されるまで延期するには、AWS CLI または RDS API を使用します。パラメータを変更する場合は、ApplyMethodpending-reboot に設定します。

AWS CLI を使用してパラメータ値を変更する方法については、「modify-db-cluster-parameter-group」を参照してください。RDS API を使用してパラメータ値を変更する方法については、「ModifyDBClusterParameterGroup」を参照してください。

文字セットパラメータ

DB インスタンスまたはマルチ AZ DB クラスターを作成する前に、パラメータグループに含まれるデータベースの文字セットまたは照合に関するパラメータを設定します。また、その中にデータベースを作成する前にも行ってください。これにより、デフォルトのデータベースと新しいデータベースで、指定した文字セットと照合順序が使用されるようになります。文字セットまたは照合パラメータを変更した場合、パラメータの変更は既存のデータベースに適用されません。

一部の DB エンジンでは、ALTER DATABASE コマンドを使用して、既存のデータベースの文字セットまたは照合値を変更できます。次に例を示します。

ALTER DATABASE database_name CHARACTER SET character_set_name COLLATE collation;

データベースの文字セットまたは照合値の変更の詳細については、DB エンジンのドキュメントを参照してください。

サポートされるパラメータとパラメータ値

DB エンジンでサポートされているパラメータを決定するには、DB インスタンスまたは DB クラスターで使用される DB パラメータグループおよび DB クラスターパラメータグループのパラメータを表示します。詳細については、DB パラメータグループのパラメータ値を表示するおよびDB クラスターパラメータグループのパラメータ値を表示するを参照してください。

多くの場合、表現、数式、関数を使用して、整数およびブール型パラメータを指定することができます。関数には、数学的なログ式を含めることができます。ただし、すべてのパラメータが、パラメータ値の表現、数式、関数をサポートしているわけではありません。詳細については、「DB パラメータの指定」を参照してください。

パラメータグループに不適切な設定のパラメータがあると、パフォーマンスが低下したりシステムが不安定になったり、予期しない悪影響が生じることがあります。データベースパラメータの変更時には常に注意が必要です。パラメータグループの変更前にはデータをバックアップしてください。テスト用 DB インスタンスまたは DB クラスターでパラメータグループの設定の変更を試してから、本番稼働用 DB インスタンスまたは DB クラスターにそれらの変更を適用してください。