Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

Amazon RDS DB インスタンスを変更し、Apply Immediately パラメータを使用する

DB インスタンスへのほとんどの変更は、すぐに適用するか、次のメンテナンスウィンドウまで遅延できます。一部の変更 (パラメータグループの変更など) を適用するには、手動による DB インスタンスの再起動が必要になる場合があります。

重要

また、一部の変更を適用するために Amazon RDS で DB インスタンスを再起動する必要があるため、機能停止が発生する場合もあります。DB インスタンスの設定を変更する前に、データベースとアプリケーションに対する影響を考慮してください。

Amazon RDS DB インスタンスを変更するには、特定のデータベースエンジンに関する手順に従います。

すぐに適用の効果

DB インスタンスを変更する際に、変更内容を即時に適用することができます。即時に変更内容を適用するには、AWS マネジメントコンソール ですぐに適用のオプションを選択し、AWS CLI を呼び出す際には --apply-immediately パラメータを使用し、Amazon RDS API を使用している際には ApplyImmediately パラメータを true に設定します。

変更の即時適用を選択しない場合、この変更は保留中の変更キューに保存されます。次のメンテナンスウィンドウ実行中に、キューのすべての保留中の変更が適用されます。変更の即時適用を選択した場合は、新しい変更と、保留中の変更キューにあるすべての変更が適用されます。

重要

ダウンタイムを必要とする保留中の変更がある場合、すぐに適用を選択すると予想外のダウンタイムが発生することがあります。

変更の延期を選択した場合でも、一部のデータベース設定に対する変更は即時に適用されます。さまざまなデータベース設定が即時適用設定からどのような影響を受けるかを確認するには、特定のデータベースエンジンの設定を参照してください。

注記

Aurora では、DB クラスターの変更時、[New DB Cluster Identifier] と [Master User Password] の設定のみが、即時適用設定から影響を受けます。他のすべての変更は、即時適用設定の値に関係なく、即時に適用されます。

関連トピック

このページの内容: