メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

オブジェクトのコピー

コピーオペレーションは、Amazon S3 内に既に格納されているオブジェクトのコピーを作成することです。1 回のアトミックオペレーションでコピーできるオブジェクトのサイズは最大 5 GB です。5 GB を超えるオブジェクトをコピーする場合は、マルチパートアップロード API を使用する必要があります。copy オペレーションを使用すると、以下のことができます。

  • オブジェクトの追加コピーを作成する

  • オブジェクトをコピーし、元のオブジェクトを削除することで、オブジェクトの名前を変更する

  • Amazon S3 のロケーション(us-west-1、EU など)間でオブジェクトを移動する

  • オブジェクトメタデータを変更する

    Amazon S3 の各オブジェクトにはメタデータがあります。メタデータは名前と値のペアのセットです。オブジェクトメタデータは、オブジェクトをアップロードするときに設定できます。オブジェクトのアップロード後にはオブジェクトメタデータは変更できません。オブジェクトメタデータを変更する唯一の方法は、オブジェクトのコピーを作成し、メタデータを設定することです。コピーオペレーションでは、コピー元と同じオブジェクトをコピー先に設定します。

各オブジェクトはメタデータを持ちます。システムメタデータの場合もあれば、ユーザー定義メタデータの場合もあります。ユーザーはオブジェクトに対して使用するストレージクラス設定など一部のシステムメタデータを制御し、サーバー側の暗号化を設定します。オブジェクトをコピーするときは、ユーザーが制御するシステムメタデータとユーザー定義メタデータもコピーされます。システムが制御するメタデータは Amazon S3 によってリセットされます。例えば、オブジェクトをコピーすると、コピーしたオブジェクトの作成日が Amazon S3 によってリセットされます。コピーリクエストの中でこのような値を設定する必要は一切ありません。

オブジェクトをコピーするときは、一部のメタデータ値を更新することができます。例えば、コピー元のオブジェクトで標準ストレージを使用するように設定してある場合、コピー先のオブジェクトでは低冗長化ストレージを使用するように選択する場合があるかもしれません。また、コピー元のオブジェクトに存在するユーザー定義メタデータの一部を変更することもできます。オブジェクトのユーザー設定可能なメタデータ(システムまたはユーザー定義)をコピー時に更新する場合、メタデータ値の 1 つだけを変更する場合であっても、コピー元オブジェクトに存在するすべてのユーザー設定可能メタデータをリクエスト内で明示的に指定する必要があることにご注意ください。

オブジェクトメタデータの詳細については、オブジェクトキーとメタデータを参照してください。

注記

ロケーション間でオブジェクトをコピーすると、帯域料金が発生します。

注記

ソースオブジェクトが Amazon Glacier にアーカイブされている場合(オブジェクトのストレージクラスは GLACIER)は、オブジェクトを他のバケットにコピーする前に、一時コピーを復元する必要があります。オブジェクトのアーカイブについては、「GLACIER ストレージクラスへの移行 (オブジェクトのアーカイブ)」を参照してください。

オブジェクトをコピーするときに、AWS Key Management Service (KMS) 暗号化キー、Amazon S3 で管理された暗号化キー、またはお客様が用意した暗号化キーを使用して暗号化したターゲットオブジェクトを保存するように、Amazon S3 にリクエストできます。そのために、リクエストで暗号化情報を指定する必要があります。コピーソースが、お客様が指定したキーで、サーバー側の暗号化キーを使用して Amazon S3 に格納されているオブジェクトである場合、Amazon S3 がオブジェクトを復号してコピーできるように、リクエスト内で暗号化情報を指定する必要があります。詳細については、「暗号化を使用したデータの保護」を参照してください。

関連リソース

このページの内容: