メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

低冗長化ストレージの使用

Amazon S3 では、オブジェクトのストレージクラスに従ってオブジェクトを格納します。オブジェクトが Amazon S3 に書き込まれるときに、オブジェクトにストレージクラスが割り当てられます。オブジェクトを Amazon S3 バケットに書き込むとき、または既に Amazon S3 に保存済みのオブジェクトをコピーするときにのみ、オブジェクトに特定のストレージクラス(standard または reduced redundancy)を割り当てることができます。デフォルトのストレージクラスは「標準」です。ストレージクラスについては、「オブジェクトキーとメタデータ」を参照してください。

それほど重要でない再生可能なデータには、Amazon S3 の標準ストレージよりも低いレベルの冗長性を提供する低冗長化ストレージを使用することで、ストレージコストを削減できます。低冗長性のため耐久性と可用性は低下しますが、コストを低く抑えることができるため、低冗長化ストレージが適切なソリューションとみなされることも少なくありません。たとえば、他の場所に耐久性を備えて保存されているメディアコンテンツを共有するには、低冗長化ストレージが費用効果の高いソリューションとなります。また、元画像から簡単に再生可能なサムネイルその他のサイズ変更された画像を格納する場合にも有用です。

低冗長化ストレージは、年間 99.99% のオブジェクト耐久性を提供するよう設計されています。この耐久性レベルは、0.01% のオブジェクト平均年間予測消失率に該当します。例えば、RRS オプションを使用して 10,000 のオブジェクトを格納する場合、平均で、1 年間に 1 つのオブジェクトを消失する可能性があります(例: 10,000 オブジェクトに対して 0.01%)。

注記

この年間消失量は予測平均値であり、特定の 1 年間のオブジェクト消失率が必ず 0.01% 以下であるということではありません。

低冗長化ストレージでは、複数施設の複数デバイス上にオブジェクトが保存され、一般的なディスクドライブと比較して 400 倍の耐久性が実現します。しかしオブジェクトの複製回数は Amazon S3 の標準ストレージほどではありません。さらに低冗長化ストレージは、単一の施設でのデータ損失を防ぐよう設計されています。

低冗長化ストレージ上のオブジェクトが消失した場合、そのオブジェクトがリクエストされると、Amazon S3 は 405 エラーを返します。Amazon S3 は、低冗長化ストレージオブジェクトの消失について通知を行うオプションも提供しています。バケット上で設定することで、Amazon S3 が RRS オブジェクトの消失を検出したときに、Amazon Simple Notification Service(Amazon SNS)を通じて通知を送信させることができます。その後、ユーザーは失われたオブジェクトを置き換えることができます。Amazon S3 コンソールで通知を有効にするには、バケットの [Properties] タブを選択し、[Events] を選択します。

低冗長化ストレージのレイテンシーとスループットは標準ストレージと同じです。コストの詳細については、Amazon S3 料金表を参照してください。