Amazon Simple Storage Service
コンソールユーザーガイド

S3 バケットを削除する方法

空のバケットは削除できます。また、AWS マネジメントコンソール を使用している場合は、オブジェクトが含まれているバケットを削除できます。オブジェクトが含まれているバケットを削除すると、バケット内のすべてのオブジェクトが完全に削除されます。

バージョニングが有効化されたバケットを削除すると、バケット内のすべてのオブジェクトのすべてのバージョンが完全に削除されます。バージョニングの詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイド の「バージョニングが有効なバケット内のオブジェクトを管理する」を参照してください。

バケットを削除する前に、以下の点を考慮します。

  • バケット名は一意です。バケットを削除すると、他の AWS ユーザーがその名前を使用できます。

  • オブジェクトが含まれているバケットを削除すると、バケット内のすべてのオブジェクトが完全に削除されます。これには、Amazon S3 の Glacier ストレージクラスに移行済みのオブジェクトも含まれます。

  • バケットがホストしているのが静的ウェブサイトであり、Amazon Route 53 ホストゾーンを「Amazon Route 53 ホストゾーンを作成し、設定する」の手順に従って作成および設定している場合は、バケットに関連する Route 53 ホストゾーンを「Route 53 ホストゾーンの削除」の手順に従ってクリーンアップする必要があります。

  • バケットに Elastic Load Balancing (ELB) からログデータを配信している場合は、バケットを削除する前に、バケットへの ELB ログの配信を停止することをお勧めします。バケットの削除後に、別のユーザーが同じ名前でバケットを作成した場合、そのバケットにログデータが配信される可能性があります。ELB アクセスログの詳細については、「アクセスログ」 (クラシックロードバランサー 用ユーザーガイド) と「アクセスログ」 (Application Load Balancer 用ユーザーガイド) を参照してください。

重要

同じバケット名を使い続ける場合は、バケットを削除しないでください。バケットを空にして、それを維持することをお勧めします。バケットを削除するとそのバケット名は再度利用できるようになりますが、さまざまな理由により、削除した本人が使用できないことがあります。たとえば、名前を再利用するまでに時間がかかる場合があり、その間に別のアカウントが同じ名前でバケットを作成する可能性があります。

S3 バケットを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. [バケット名] リストで、削除するバケットの名前の横にあるバケットアイコンを選択し、[バケットを削除する] を選択します。

    
          強調表示されたバケットの削除。
  3. [バケットを削除する] ダイアログボックスで、削除するバケットの名前を確認のために入力し、[確認] を選択します。

    注記

    ダイアログボックス内のテキストは、バケットが空であるか、静的ウェブサイトで使用されているか、ELB アクセスログで使用されているかによって変わります。

    
          強調表示されたバケットの削除。

詳細

このページの内容: